湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の隙間が上下にできてしまう原因は何?

歯の隙間が上下にできてしまうのは悪い歯並びが原因です


奥歯を噛み合わせたとき、上の歯列と下の歯列の中心が真ん中に揃っているのが理想的な歯並びだといわれています。

奥歯を噛み合わせたときに歯の隙間が上下にできてしまう原因は、何らかの要因により歯並びが悪くなっていることだと考えられます。

この症状を「開咬」と呼ぶことがあります。

歯並びが悪くなる要因には、遺伝や生活習慣、舌の癖などが挙げられます。

開咬は遺伝や習慣などで歯並びが悪いことが原因です

鏡の前で口を開け、奥歯を噛み合わせて「イー」の口をしたとき、上の歯列と下の歯列との間に隙間ができる症状を「開咬」と呼びます。

この症状は歯並びが悪いことを表しているといっても良いです。

歯の隙間が上下にできてしまう悪い歯並びはさまざまな要因によって起こると考えられます。

ここでは、歯並びを悪くする要因をいくつか挙げていきましょう。

遺伝による歯や骨の形状

本来生えてくるはずの歯が生えてこない・歯の大きさが大小不揃いというように、遺伝で歯並びが悪くなってしまうことがあります。

また、骨格は遺伝によるものが大きいとされており、これも開咬の要因だと考えられています。

口呼吸や頬杖などの生活習慣

通常、人は鼻呼吸をして生活しています。

しかし、鼻炎や鼻づまりなどで口呼吸をする習慣のある人は、口周辺の筋肉が弱くなったり舌の位置がずれやすくなったりするといいます。

頬杖をつく習慣も、骨格に影響を与えるといえます。

このことから、開咬の要因の一つと考えられています。

舌の癖

舌の位置がずれていることにより、舌で前歯を押してしまう癖を持っている方は、歯並びが悪くなりやすいと考えられます。

また、幼少の頃から指しゃぶりの癖なども同様です。

開咬は日常生活にさまざまなデメリットを与えます


開咬は別名「オープンバイト」とも呼ばれており、その名称通り、噛み合わせたときに上下に隙間ができる状態を指します。

開咬には二種類あるとされており、一つは奥歯を噛み合わせたときに前歯に隙間ができてしまう「前歯部開咬」です。

もう一つは、前歯を噛み合わせたときに奥歯に隙間ができてしまう「臼歯部開咬」です。

前歯部開咬でなくとも、臼歯部開咬に該当する可能性があるため注意が必要です。

開咬にはいくつものデメリットがあるとされています。

たとえば、食事の際の咀嚼機能に問題が生じ、消化不良を起こしやすくなることです。

上下の歯列に隙間があるため、食べ物を上手く噛むことができず、十分咀嚼できないうちに飲み込んでしまう可能性があるからです。

また、開咬と出っ歯の両者の症状を持っている方は、口を閉じることが難しく、口呼吸の習慣が付きやすい傾向にあります。

口呼吸は口内の乾燥を招き、口臭や虫歯、歯周病のリスクを高めるといわれています。

ほかにも、口元の見た目が悪くなる、発音がしづらい、顎の関節に負担がかかるなどのデメリットが考えられます。

開咬は改善した方が良いといえるでしょう。

開咬の改善は歯列矯正や外科的な施術で行われます

開咬を改善する方法にもいくつか選択肢が挙げられます。

基本的には、開咬が生活習慣や舌の癖が原因で起きている場合、それらを改善することが大切だといえます。

しなかしながら、開咬になってしまってからでは、自力で元の歯並びに治すことは難しいです。

また、開咬の原因が遺伝や骨格である場合、歯並びを治すだけでは改善ができないこともあります。

悪い歯並びが原因で開咬になっているケースでは、歯列矯正で歯並びを改善することがベターな方法となるでしょう。

歯列矯正の施術方法はセラミック矯正を代表としてさまざまなものが挙げられます。

歯列矯正で改善が難しい開咬というのは、顎の骨格に原因があるため、骨格を治すための外科的な施術を受ける必要があります。

「セットバック」と呼ばれる受け口や出っ歯の改善にも用いられている施術方法です。

セットバックは顎の骨を削り歯列を移動させる方法で、開咬の改善に高い効果が期待できます。

(まとめ)歯の隙間が上下にできてしまう原因は何?

1.歯の隙間が上下にできてしまうのは悪い歯並びが原因です

奥歯を噛み合わせたとき、上の歯列と下の歯列の間に隙間ができてしまうのは、悪い歯並びが原因と考えられます。

上下の歯列に隙間が空くことを「開咬」と呼ぶこともあり、遺伝や生活習慣などさまざまな要因によって起こります。

2.開咬は遺伝や習慣などで歯並びが悪いことが原因です

上下の歯列の間に隙間ができる症状を「開咬」と呼び、この症状は歯並びが悪いことが原因とされています。

歯並びが悪くなる要因としては、遺伝や生活習慣、舌の癖などさまざまなものが挙げられます。

3.開咬は日常生活にさまざまなデメリットを与えます

開咬には「前歯部開咬」と「臼歯部開咬」の二種類があるとされています。

開咬には消化不良や口呼吸のリスク、審美性に問題が生じる、発音がしづらい、顎の関節への負担など日常生活に支障をきたすデメリットがいくつか挙げられます。

4.開咬の改善は歯列矯正や外科的な施術で行われます

開咬を改善する方法には、悪い歯並びが原因の場合は歯列矯正が、骨格が原因の場合は外科的な施術が挙げられます。

これらの施術を受けることは開咬の改善に高い効果が期待できますが、生活習慣や舌の癖を見直すことも大切です。

755
Return Top