湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の隙間を治す治療法にはどんなものがある?

歯の隙間を治す治療法は歯列矯正が一般的です


歯の隙間が生じる不正咬合には「開咬」や「すきっ歯」「交差咬合」などが挙げられます。

これらに共通して言えるのは、歯並びが悪く噛み合わせに問題があるということでしょう。

歯の隙間が生じる不正咬合を治す治療法として、セラミック矯正などの歯列矯正が一般的ですが、骨格に原因がある場合は外科的な施術を必要とします。

不正咬合の治療法にはさまざまなものが挙げられます

不正咬合は歯並びが悪い状態であり、噛み合わせにも問題が生じている状態と言って良いです。

ここでは、歯の隙間が生じる不正咬合の治療法をご紹介します。

歯列矯正の一つであるセラミック矯正が一般的です

不正咬合の多くのケースでは、このセラミック矯正で改善することが可能といわれています。

歯を削る必要がありますが、歯の変色をきれいにすることもでき、非常に審美性の高い施術として人気の治療法です。

陶材の一つであるセラミッククラウンを被せ、固定することで歯並びを改善します。

ラミネートべニアで軽度のすきっ歯を治すことが可能です

すきっ歯の症状が軽度の場合、ラミネートべニアが用いられることもあります。

ラミネートべニアは薄い人工歯を貼り付ける施術となりますので歯の表面を削る必要がありますが、歯を白くする効果も期待できます。

骨格に原因がある場合はセットバックを行います

不正咬合の原因が骨格にある場合、セットバック法と呼ばれる外科的な施術を必要とします。

セットバック法では左右の第一臼歯を抜歯し、骨をカットすることでそのスペース分前歯を後方に移動させます。

セットバック法は症状により上顎、下顎の両方もしくは片方のみ行うことが可能です。

歯に隙間ができる不正咬合の種類にはいくつかあります


歯の隙間が生じる不正咬合にはいくつか種類があります。

ここでは、その種類をいくつか挙げていきましょう。

すきっ歯

「すきっ歯」は別名「空隙歯列」とも呼ばれており、歯と歯の間に隙間がある状態のことをいいます。

見た目に問題が生じるだけでなく、発音が悪くなる、虫歯や歯周病になりやすくなるなどのデメリットがあるとされています。

開咬

「開咬」は別名「オープンバイト」とも呼ばれており、奥歯を噛み合わせたときに上下の前歯に隙間が空いている状態のことをいいます。

すきっ歯同様見た目に問題が生じる・発音が悪くなるほか、咀嚼機能が十分でないため消化不良を起こしやすくなるデメリットがあるとされています。

交差咬合

「交差咬合」は別名「クロスバイト」とも呼ばれており、上下の歯を噛み合わせたときに歯列がずれている状態のことをいいます。

顎の形状が左右で歪みがあるのが特徴的で、単なる歯並びが原因だけでなく、骨格に原因がある可能性もあります。

奥歯で物を噛むことができない、顎の関節に負担をかけるなどのデメリットが挙げられます。

正しい歯並びを確認してみましょう

歯並びや噛み合わせは、審美面に影響を与えるだけでなく、健康面にも大きく影響すると考えられています。

そのため、ご自身の歯並びや噛み合わせが正しい状態であるかどうか確認してみることをおすすめします。

正しい歯並びを確認する方法は、奥歯をしっかり噛み合わせた状態で「イー」の口を作るというものです。

このとき、ご自身の歯の状態が以下に該当していれば、正しい噛み合わせであるといえるでしょう。

  • 上下の前歯の中心を一直線で結ぶことができる
  • 下の前歯よりも上の前歯の方が2~3㎜程度被さっている
  • 上下の前歯の間に2~3㎜程度の隙間がある
  • 上下の犬歯がきれいに噛み合っている
  • 噛んだときに左右の奥歯が当たっている
  • 顎に痛みを感じない
  • 鼻先から顎までを一直線上に見たとき、唇が前に突き出ていない
  • 上顎よりも下顎の方が後ろに下がっている

1つでも該当しない項目がある場合、歯並びや噛み合わせに問題がある可能性が高いです。

まずはクリニックで診てもらうことでご自身の症状を理解しましょう。

(まとめ)歯の隙間を治す治療法にはどんなものがある?

1.歯の隙間を治す治療法は歯列矯正が一般的です

「開咬」「すきっ歯」「交差咬合」などの不正咬合の方は、歯並びが悪く噛み合わせに問題があるせいで歯の隙間が生じていると考えられます。

これらの治療法は歯列矯正が一般的ですが、外科的な施術を行うこともあります。

2.不正咬合の治療法にはさまざまなものが挙げられます

歯に隙間ができる悪い歯並びを治すのに、さまざまな治療法が用いられています。

多くのケースはセラミック矯正で改善可能ですが、軽度のすきっ歯であればラミネートべニアを用いることもあります。

骨格を変えるセットバックが必要になるケースもあります。

3.歯に隙間ができる不正咬合の種類にはいくつかあります

歯と歯の間に隙間が空いている「すきっ歯」、上下の歯の間に隙間がある「開咬」、噛み合わせが左右にずれた状態の「交差咬合」など、歯の隙間が生じる不正咬合にはさまざまな症状が挙げられます。

これらにはデメリットがあるため、改善が望ましいでしょう。

4.正しい歯並びを確認してみましょう

ご自身が正しい歯並び・噛み合わせであるかどうかは、奥歯をしっかりと噛み合わせた状態のときに確認できます。

上下の前歯の中心が一直線で結ぶことができるかどうかなど、ご自身の歯並びや噛み合わせを把握しておくことが大切です。

221
Return Top