湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の隙間を治すのに治療費はどれくらいかかるの?

歯の隙間を治すのにかかる治療費は数万円かかると言われています


歯の隙間を治すための施術にはさまざまなものが挙げられますが、そのほとんどが保険適用外となります。

たとえば、「ラミネートべニア」の場合、1本10万円程度、セラミッククラウンによる施術の場合、クラウンの種類にもよりますが、1本10~20万円程度かかるといわれています。

保険適用されるコンポットレジンであれば、数千円で施術を受けることも可能です。

歯の隙間を治す治療費は施術方法によって異なります

歯の隙間が空いている、いわゆるすきっ歯を治す施術にはいろいろありますが、そのほとんどが保険適用外となります。

ここでは、歯の隙間に対応した審美歯科の施術方法とその費用をご紹介します。

ラミネートべニアは1本10万円程度が相場です

歯の表面を0.5㎜程度削り、表面にセラミックを貼り付けることで歯の隙間を埋める施術を「ラミネートべニア」と呼びます。

ラミネートべニアは耐久性・審美性ともに優れており、歯の形や色も改善することができます。

保険適用はされず、かかる費用は1本10万円程度が相場となっています。

セラミッククラウンは1本10~20万円程度が相場です

歯を削り、セラミックの歯を被せることですきっ歯を改善する施術を「セラミック矯正」と呼びます。

天然の歯に近く耐久性・審美性に優れているセラミッククラウンは、その種類によって価格に差があります。

1本10~20万円程度が相場とされています。

コンポットレジンは数千円~で施術が受けられます

プラスチックの詰め物で歯の隙間を埋める「コンポットレジン」は保険適用が可能です。

プラスチックに比べ耐久性に劣りますが、1本数千円~施術が受けられます。

セラミッククラウンは種類によって治療費が異なります


歯の隙間がどれくらい空いているかによって適切な施術方法が異なります。

ラミネートべニアやコンポットレジンで対応できない歯の隙間は、セラミッククラウンで治すことが可能です。

ここでは、セラミッククラウンの種類とその治療費をご紹介します。

オールセラミックは1本10万円前後が相場です

100%セラミックでできていることから、セラミックの中でも審美性が高いオールセラミックは費用が高くなる傾向にあります。

1本10万円前後が相場となっており、クリニックによっては15万円程度の治療費がかかることもあるでしょう。

ジルコニアセラミックは1本10~20万円が相場です

強度の高いジルコニアとセラミックで作られているジルコニアセラミックは、セラミッククラウンの中で審美性が非常に高いといわれています。

治療費は1本10~20万円が相場となっており、クリニックによって差が出るため注意が必要です。

メタルセラミックは1本8~15万円が相場です

セラミックの内側が金属になっているメタルセラミックは、セラミックの中でも比較的費用が抑えられます。

8~15万円が相場となります。

奥歯のすきっ歯に使用されることが多いですが、金属アレルギーの方には推奨されていません。

保険適用で歯の隙間を治すことも可能です

基本的に、セラミッククラウンは保険適用外となりますが、中には保険が適用される場合があります。

セラミック矯正で保険適用となるにはいくつかの条件があります。

クラウンの種類がハイブリッドセラミック(cadcam冠)であること、被せ物であること、前から4番目もしくは5番目の歯であることなどを満たしている必要があります。

ハイブリッドセラミックで保険が適用された場合、1本9000円程度で施術を受けることが可能です。

保険が適用される施術にはほかにもいくつかあります。

歯の隙間をプラスチックで埋める「ダイレクトボンディング」の場合、5万円程度~となっており、虫歯治療などで保険適用されれば数千円が自己負担となることがあります。

しかしながら、歯の隙間があまり大きい場合は対応できない場合があります。

金銀パラジウム合金でできた詰め物を使用する「メタルインレー」も比較的費用が抑えられます。

治療費は1000~2000円程度です。

プラスチックやセラミックに比べ審美性に劣ることが難点といえるでしょう。

(まとめ)歯の隙間を治すのに治療費はどれくらいかかるの?

1.歯の隙間を治すのにかかる治療費は数万円かかると言われています

歯の隙間を治す施術の一つに、ラミネートベニアがあり、その費用は1本10万程度となります。

セラミッククラウンによる施術は1本10~20万円程度です。

歯の隙間を治す施術は、ほとんどが保険適用外となります。

2.歯の隙間を治す治療費は施術方法によって異なります

歯の隙間が空いているすきっ歯を治す施術はほとんどが保険適用外となります。

ラミネートべニアは1本10万円程度、セラミッククラウンは1本10~20万円程度が相場となります。

保険適用が可能なコンポットレジンであれば数千円~施術が受けられます。

3.セラミッククラウンは種類によって治療費が異なります

セラミッククラウンはクラウンの種類によってかかる費用が異なります。

オールセラミックは1本10万円前後、ジルコニアセラミックは1本10~20万円、メタルセラミックは1本8~15万円が相場となっており、クリニックによっても差があります。

4.保険適用で歯の隙間を治すことも可能です

セラミッククラウンの中でもハイブリッドセラミックは条件を満たしていれば保険適用されることがあります。

歯の隙間を保険適用で治す方法はほかにもいくつかあります。

ダイレクトボンディングやメタルインレーも選択が可能ですが、デメリットもあります。

842
Return Top