湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の隙間をなくすためには歯科矯正を受けるといい?

歯並びが原因の歯の隙間は歯科矯正での改善が期待できます


歯並びが悪いために歯の間に隙間ができている状態の口元は一般的にはすきっ歯といわれています。

いわゆる出っ歯の状態にあることで隙間ができたり、歯が重なっている場所があることによって、その分他の歯の間に隙間ができたりすることがあります。

その場合、歯並びを良くするための歯科矯正を行うことで、歯の隙間の改善が期待できると言えるでしょう。

歯と歯の間の隙間ができる原因には先天的なものと後天的なものがあります

歯と歯の間に隙間ができている歯並びは不正咬合の1つで、正確には空隙歯列と呼ばれます。

このようなすきっ歯は、生まれつき隙間がある先天的なものと、日常的な癖などによって隙間ができる後天的なものがあるのです。

たとえば先天的なものの場合、生まれつき歯や顎の大きさのバランスが悪く歯が小さいため、きれいな歯並びでも隙間がある状態になってしまいます。

逆に、歯が大きいため1列に並ぶことができず、前歯が外側に出てしまうなどの状態になって歯に隙間ができるという場合もあるでしょう。

後天的なすきっ歯の場合は、以下のような癖が歯並びや顎の骨などに悪影響を及ぼし、少しずつ歪みが生じさせてしまったことが考えられます。

  • 幼い頃の指しゃぶり
  • 日常的に舌で前歯を押す癖
  • 頬杖
  • 寝るときの姿勢がいつも同じ

また、歯周病にかかってしまったことで、歯茎が下がってしまったという場合も考えられるでしょう。

さらには、もともと歯と歯の間に隙間があるような噛み合わせで、長い期間が経つにつれて歯並びがよりずれていくことで、それほど大きくなかった隙間が大きく広がってしまうというケースもあるのです。

歯に隙間があると頭痛や肩こりの原因になることもあります


歯の間に隙間がある歯並びは口を開けたときに周りから見えるため、そのままにしておくと周囲からの見た目が気になる審美的な問題が生じます。

ほかにも、歯の間から空気が漏れることで滑舌が悪くなってしまったり、歯の隙間に食べ物がはさまって虫歯になりやすかったりするなど、さまざまな問題が生じることがあります。

すきっ歯のために歯の噛み合わせが悪い場合、長い年月の間に歯並びにだんだんと歪みが生じて、歯の隙間がより大きくなることがあります。

さらに、噛み合わせの悪さが原因で徐々に歯並びや顎に歪みが生じ、顔周りの筋肉に負担がかかることによって、頭痛や肩こり、腰痛などが発生することもあります。

また顎関節症になるリスクについても考えなければならないでしょう。

顎関節症は口を開けたときに痛みを感じたり、顎がカクカクとなったりする症状です。

ひどくなると顎が思うように動かせなくなり、肩こりや腕のしびれ、腰痛などといった全身の不調の原因となることもあります。

このような体調不良を起こす前に、早めに専門の医師に相談してみることが大切と言えるでしょう。

歯に隙間がある場合には自分に合った歯科矯正の施術での改善が期待できます

歯の隙間は歯並びに問題がある不正咬合の1つなので、歯並びをよくするための歯科矯正の施術で改善が期待できるといえます。

歯科矯正にはワイヤーで歯を固定するワイヤー矯正や、歯を削ってから歯並びを整える形でセラミックの人工歯を被せるセラミッククラウンの施術などで歯の隙間を改善することができます。

セラミック矯正は、矯正装置を長期間つける必要がない審美的な問題の少ない施術です。

施術期間自体も数ヶ月で完了するので、何度も病院に通うと必要もないでしょう。

歯の噛み合わせを改善しながら自然な色合いの審美性の高いセラミックを被せるため、歯の着色が気になっているときには白いきれいな歯への改善も同時に行うことが期待できます。

また小さな隙間の改善には歯を薄く削りセラミックの薄い人工歯を貼り付けるラミネートベニアという施術も適しています。

すきっ歯を放置しておくことはつらい顎関節症になる可能性もあります。

歯の隙間も徐々に大きくなるなどさまざまな問題が生じるため、できるだけ早めに医師に相談して希望に合った施術を受けるようにするといいでしょう。

(まとめ)歯の隙間をなくすためには歯科矯正を受けるといい?

1.歯並びが原因の歯の隙間は歯科矯正での改善が期待できます

歯の間に隙間ができている歯並びは一般的にはすきっ歯といわれています。

歯並びが悪いことが原因で歯と歯の間に隙間ができることなどがあり、歯並びをよくする歯科矯正を行うことによって歯の隙間の改善が期待できるでしょう。

2.歯と歯の間の隙間ができる原因には先天的なものと後天的なものがあります

歯と歯の間に隙間がある歯並びは不正咬合の1つで正確には空隙歯列といいます。

生まれつき歯の大きさと顎の大きさのバランスが悪いことで歯の間に隙間ができてしまう場合や、頬杖をつくなどの日常的な癖によって後天的に隙間ができる場合があります。

3.歯に隙間があると頭痛や肩こりの原因になることもあります

隙間がある歯並びは審美的な問題や、空気が漏れることで滑舌が悪くなるなどの問題も考えなければいけません。

また、歯並びの悪さをきっかけに顎などが徐々に歪み、顎関節症になって全身の体調不良も引き起こしてしまう場合もあるのです。

4.歯に隙間がある場合には自分に合った歯科矯正の施術での改善が期待できます

歯に隙間がある歯並びは歯科矯正の施術で改善が期待できます。

歯科矯正にはワイヤー矯正やセラミック矯正などがあり、小さな隙間の場合にはラミネートベニアの施術も適しているので、自分に合った矯正方法を選ぶことができます。

557
Return Top