湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯に隙間があると口臭の原因になる?

歯に隙間があると、口臭の原因となる歯垢がたまりやすくなります


歯の隙間には食べ物が挟まりやすく、歯磨きのときには磨き残しが多くなります。

そして磨き残しがあることで歯の隙間に歯垢が溜まり、その中の細菌が繁殖することが口臭の原因となる場合があります。

歯垢の中にいる数多くの細菌は、磨き残しの食べかすなどをエサにしてさらに繁殖し、タンパク質を分解するときに腐敗臭のような悪臭を出します。

歯の隙間はさまざまな問題から口臭の原因になるといえます

歯に隙間があると、食べかすが歯に挟まりやすくなったり歯磨きがしづらくなったりするほかにもいろいろな問題が生じます。

たとえば、磨き残しがあると歯の隙間に歯垢がつくようになるのですが、その歯垢を歯磨きなどで除去できず残したままでいると、2日間ほどで歯垢が固まって歯石になってしまいます。

歯についている歯石は細菌の住み処となって口臭の原因になるのですが、歯磨きでは除去することが難しいため歯医者に行って歯のクリーニングなどで除去してもらう必要があります。

また、前歯が前に出すぎている、いわゆる出っ歯といわれる状態などの歯並びが原因で歯と歯の間に隙間ができている場合には、歯がでているため口を閉じにくくなり口内が乾きやすくなります。

唾液は口の中の細菌などを洗い流す働きも行っているので、口を開けた状態でいると口内の唾液が減少したり口の中が乾燥しやすくなったりするため、口内の自浄作用が下がって口臭が発生しやすいといえます。

ほかにも歯周病のために歯に隙間ができて口臭が発生している場合や、詰め物が合わず歯との間に隙間が生じて虫歯ができたために口臭が発生している場合もあります。

日常の癖が原因で歯の隙間ができる場合もあります


歯の隙間は虫歯や歯の欠けが原因で発生することもあり、歯並びが原因で発生していることもあります。

虫歯が進行して歯の内部に大きな穴ができているときには、硬いものをかんだ拍子などに歯が欠けて歯の間に隙間ができることもあるので、虫歯ができたときには早めに歯科医に診てもらうほうがいいでしょう。

また、口元を強くぶつけるなどのけがが原因で、歯が欠けて歯と歯の間に隙間ができることもあります。

そのほか、歯並びが悪いなどの理由からいつのまにか歯と歯の間に隙間ができている場合には、気づかないうちに習慣になっている日常の癖が原因の場合もあるのです。

歯並びが原因で歯と歯の間に隙間ができている状態はすきっ歯と呼ばれています。

すきっ歯になる先天的な原因には、生まれつき歯が小さい場合や生えている歯の数が少ない場合などが挙げられます。

日常的な習慣が原因ですきっ歯になる場合には、幼い頃からの指しゃぶりをする癖や前歯を内側から舌で押す癖、口呼吸をしてしまう癖などが原因となっていることがあります。

そのため、なるべく歯によくない癖を行わないように気をつけた方がいいでしょう。

歯の間に隙間があるときにはラミネートベニアなどの施術で改善が期待できます

歯の間にある隙間が小さい場合には、施術期間が短く比較的手軽に行うことのできるラミネートベニアの施術が適しているといえます。

ラミネートベニアは歯の表面を0.5mm程削ってから薄いセラミックのチップを貼り付ける施術で、歯の隙間がなくなるようにチップの大きさを調節でき、もとの歯の大きさが小さい場合などにも自然な大きさの歯に改善することが期待できます。

歯と歯の隙間が大きいときには、歯科矯正やセラミック矯正で歯並びの矯正を行うことができます。

歯科矯正はワイヤーなどの矯正装置を装着して数年かけてゆっくりと歯並びを改善させていく施術で、セラミック矯正は矯正したい歯を削ってから適した大きさのセラミッククラウンを被せることで歯並びの矯正を行う施術です。

セラミックは施術期間が数ヶ月で完了して、仮歯ですごせるため周囲にバレづらいという特徴があります。

また、虫歯が進行して歯が根っこだけになってしまったときにもセラミックで隙間のない歯並びに改善することが期待できます。

(まとめ)歯に隙間があると口臭の原因になる?

1.歯に隙間があると、口臭の原因となる歯垢がたまりやすくなります

歯の隙間は歯磨き時の磨き残しなどが発生しやすくなります。

歯の隙間に磨き残しがあるために、口内に細菌が繁殖して口臭の原因となる歯垢や歯石がつきやすくなるといえます。

2.歯の隙間はさまざまな問題から口臭の原因になるといえます

歯の隙間があると歯の磨き残しが発生しやすく口臭の原因となる歯垢や歯石がつきやすいといえます。

また、前歯がでているなどの歯並びが原因で歯に隙間があるときには、口を閉じづらくなるため口内が乾き口臭が発生することもあります。

3.日常の癖が原因で歯の隙間ができる場合もあります

歯の隙間は歯が欠けて生じることもあり、歯並びが原因で生じることもあります。

歯並びが原因で歯に隙間が生じている場合には、生まれつきの歯の大きさや歯の本数が原因の場合と、幼い頃からの指しゃぶりをする癖など日常的な癖が原因となる場合があります。

4.歯の間に隙間があるときにはラミネートベニアなどの施術で改善が期待できます

歯の間にある隙間が小さい場合、歯の表面を0.5mm程削って薄いセラミックを貼り付けるラミネートベニアでの改善が期待できます。

また歯の隙間が大きい場合には歯科矯正やセラミックの施術などが適しているといえます。

191
Return Top