湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

虫歯などの穴が空いて歯に隙間ができたらどうなるの?

虫歯が進行した穴で歯に隙間ができると、かみ合わせに問題が生じることもあります


虫歯が進行すると歯にあいた穴が目立つようになります。

特に前歯にできた虫歯の場合には、虫歯が進行して歯の穴が大きくなると周りからも見えるようになるため、歯にあいた穴や歯の色が不自然に見える審美的な問題が生じます。

さらにひどくなると他の歯との間に隙間ができ、虫歯になった歯が抜けることもあります。

歯と歯の間に隙間ができると歯がずれてかみ合わせが悪くなる可能性があります。

虫歯が進行すると歯を失う可能性があります

虫歯にかかった時に病院に行く時間がとれないなどの理由からそのまま放っておくと、虫歯がどんどん進行してしまいます。

虫歯は、口の中の細菌が甘い食べ物などから酸を作ることで歯が溶けてしまった状態です。

初期の虫歯は歯の表面のエナメル質に穴があいて歯の透明感がなくなった状態になります。

歯の表面にあいた穴がだんだん大きくなって、歯の内部の象牙質に届いた時には甘い食べ物や冷たい食べ物がしみて痛みを感じるようになります。

虫歯が歯の奥まで進み、歯の神経が死んでしまった場合には歯の痛みもなくなるのですが、痛みがなくなったからと通院しないままでいると歯の根や顎にまで細菌が入って炎症を起こすことがあります。

歯の神経にまで虫歯が届いた場合には歯を抜かなければならない場合も多く、さらに炎症によって顔が腫れて、歯の根が細菌に感染したことが原因で歯茎にまで溜まった悪臭のする膿が口の中にでてくることもあります。

虫歯があるため免疫が落ちた時にその細菌に感染して敗血症になるという可能性もあります。

たかが虫歯と軽く考えずに、なるべく早めの段階で病院に行く方がいいでしょう。

進行した虫歯には人工歯を入れる施術が適しているといえます


虫歯が軽度の場合には、歯を削ってコンポジットレジンなどの詰め物をすることで施術は完了します。

虫歯の穴が大きい場合には、より丈夫な金属の詰め物やセラミックインレー(陶器製の詰め物)を被せる施術が適しているといえます。

歯の型をとって他の歯とのかみ合わせに合わせた形のインレーを作って被せます。

もし歯の根にまで虫歯が届いていた場合には、根管治療という、歯の神経を取って歯の根に入っている細菌をきれいに除菌する施術を受けることになります。

根管治療後、歯の根を補強して土台を作れる場合には、その土台にセラミッククラウン(陶器製の人工歯)などを被せる施術で新しく歯を入れることで、虫歯でほとんどなくなってしまった歯の改善が期待できます。

しかし、虫歯のために歯を抜歯しなければならない場合には土台を作ることができなくなってしまいます。

その場合は、両隣の歯に引っ掛けるブリッジや、歯茎にフィットさせて装着できるエステティックデンチャーなどの入れ歯、顎の骨に土台を埋め込んで人工歯を被せるインプラントなどの施術で歯を取り戻すことが可能になります。

歯の間の隙間をそのままにしているとさまざまな問題が生じます

歯に大きな穴があいた、歯が抜けてしまったなどさまざまな原因から歯と歯の間に隙間があいた時には、早めに隙間をなくすための施術を受けた方がいいといえます。

歯と歯の間に隙間があいたまま放っておくと、口を開けた時に隙間が見えることで周りからの見た目が気になるという問題があります。

ほかにも、食事の時によくかんで食べることが難しくなって胃に負担がかかるなどさまざまな問題が生じます。

歯に隙間があることで食べ物をかんだ時などに歯にかかる力が偏ってしまい、大きな負担がかかっているほかの歯まで抜けやすくなることもあります。

また、歯の隙間があいている期間が長くなると隙間の両側の歯が徐々に動いてしまい、さらに周りの歯まで移動して歯並びが崩れていく可能性もあります。

周りの歯が移動する時に歯が傾斜してしまうと、歯の根元にも隙間が生じることがあり、そのために虫歯や歯周病になりやすくなるという問題も生じます。

歯の間に隙間が生じると少しずつ歯並びに影響がでてしまい、顔やからだ全体に歪みが生じる原因にもなるので、いつまでもそのままにしておかずに、早めに隙間をなくすための施術を受けるようにしましょう。

(まとめ)虫歯などの穴が空いて歯に隙間ができたらどうなるの?

1.虫歯が進行した穴で歯に隙間ができると、かみ合わせに問題が生じることもあります

進行した虫歯などで歯に穴があいて歯を抜くことになると、歯と歯の間に隙間ができることがあります。

歯の間に隙間ができると歯全体に歪みが生じる可能性も出てしまいます。

2.虫歯が進行すると歯を失う可能性があります

虫歯にかけったときにすぐ病院に行かずに放っておくと、虫歯がどんどん進行してしまいます。

初期の虫歯は痛みもないのですが、虫歯の穴がだんだんと大きくなって歯の内部に広がると、歯が抜けることや歯茎に膿がたまることなどもあります。

3.進行した虫歯には人工歯を入れる施術が適しているといえます

歯の根がまだ残っている状態のときには歯根を土台にして差し歯などにする施術が可能です。

歯根がなくなったあとに義歯を入れるためにはブリッジや入れ歯、インプラントなどの施術が適しているといえます。

4.歯の間の隙間をそのままにしているとさまざまな問題が生じます

歯に大きな穴ができたとき、歯が抜けてしまった場合には、その隙間を放っておいてはいけません。

見た目が気になるだけでなく食事をよくかんで食べることができない、歯並びが崩れて顔やからだ全体が歪む原因になります。

1688
Return Top