湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の隙間を自分で矯正する方法はあるの?

歯の隙間を自分で矯正する方法はないといってもよいです


歯の隙間が開いているすきっ歯の症状を、自分の指で圧力をかけて治した・輪ゴムを歯にかけることで治したという話がネット上にあります。

しかし、実際はそのような方法で歯の隙間を矯正することは難しく、最悪の場合、歯並びが悪化したり、歯が折れてしまったりすることがあります。

そのため、すきっ歯や歯並びの矯正は専門家である歯科医に任せることが推奨されています。

歯の隙間を自分で矯正することはリスクを伴います

歯の隙間があいている「すきっ歯」の状態をご自身で改善する方法として、ネット上にさまざまな情報が流れています。

例えば、自分の指で歯に圧力をかけ、歯を移動させるという方法です。

確かに、歯は圧力がかけられることによって徐々に移動していく性質を持っていると考えられています。

舌癖が原因で歯に圧力がかかり、出っ歯や受け口などになるケースがあるというのも同じ原理だといえます。

そのため、自分の指で歯に圧力をかけて移動させることは一応可能ですが、正しい歯並びを保った状態ですきっ歯を治すことは極めて困難とされています。

歯を無理やり押すことで他の歯にも影響を及ぼし、逆に歯並びが悪化してしまう恐れがあります。

また、歯を押したことで歯が欠けるだけでなく、折れてしまう可能性もあります。

ほかにも、すきっ歯の箇所に輪ゴムや針をかけて矯正するという方法が挙げられています。

こちらも同様に、すきっ歯の箇所以外の歯が動いてしまい、歯並びが悪くなる可能性があります。

最悪の場合、歯に痛みを生じたり、顎の骨格を変形させてしまったりする恐れがあるため、確実性・安全性ともに保証されていません。

このことから、ご自身ですきっ歯の矯正を試みることは、さまざまなリスクを伴うといえます。

すきっ歯を改善する施術法は金属アレルギーでも安心です


すきっ歯の改善方法として、歯科では歯の隙間の狭い部分を埋める「ダイレクトボンディング」という施術方法が用いられています。

セラミックとレジンが混合した詰め物を歯と歯の隙間に入れるのが一般的な施術法です。

削る歯の量は少なく、その日のうちに施術を終えられることから最近よく用いられている方法です。

また、セラミッククラウンを被せることですきっ歯や歯並びを改善する方法も選択できます。

セラミッククラウンによる矯正は、歯を大きく削ることもありますが、歯の隙間が大きく開いている場合にも対応が可能です。

虫歯がある方や歯の色、形を整えたいと希望されている方にも適している施術法です。

これらの施術で用いる素材には、基本的には金属が含まれていないため金属アレルギーの方でも安心して施術を受けることができます。

虫歯の治療に被せてある銀歯などは、金属アレルギーをお持ちの方にとっては、健康被害をも及ぼす可能性があるとされています。

長期間放置しておくことで、がんのリスクを高めると考えられています。

金属アレルギーをお持ちの方は、症状がひどくなる前に、歯科医に相談しましょう。

すきっ歯の施術には保険適用されるものもあります

歯の隙間があることは審美的にもデメリットがあるとされていますが、機能的にもたくさんのデメリットがあると考えられています。

そのため、すきっ歯は歯科医の施術により改善した方がよいといわれています。

すきっ歯を治したいけれど、なるべく費用を抑えたいと考えている方は少なくないでしょう。

すきっ歯の治療にはお金がかかるというイメージがありますが、実際は保険適用される場合もありますし、そうでない場合でも費用を安く抑えることは十分可能です。

まず、ダイレクトボンディングは虫歯治療と同時に行うことで保険適用されることがあります。

セラミッククラウンは保険適用外となりますが、施術箇所が少なければ1本10~20万円程度が相場とされています。

さらに費用を抑えたい場合は、銀歯を白い詰め物に変える時に用いる「コンポットレジン」と呼ばれる施術方法が比較的安価となります。

コンポットレジンはCRFと略されることがあり、保険適用で2000円程度が相場になります。

歯科医に相談すれば、ご自身に適した施術方法を提案してもらえるでしょう。

(まとめ)歯の隙間を自分で矯正する方法はあるの?

1.歯の隙間を自分で矯正する方法はないといってもよいです

ネット上には歯の隙間を自分の指や輪ゴムを用いて圧力をかけて治したという話がありますが、実際、その方法ですきっ歯を矯正することは難しいとされています。

すきっ歯や歯並びの矯正は歯科医に任せた方が確実性・安全性ともに高いといえます。

2.歯の隙間を自分で矯正することはリスクを伴います

歯の隙間を自分で矯正する方法として、自分の指で歯に圧力をかける・輪ゴムや針を症状のある箇所にかける方法が挙げられています。

これらは歯並びを悪化させるなどさまざまなリスクがあるとされています。

確実性・安全性はないと考えてよいでしょう。

3.すきっ歯を改善する施術法は金属アレルギーでも安心です

すきっ歯の改善にはダイレクトボンディングやセラミッククラウンなどの施術方法が用いられています。

これらの施術に用いる素材には金属が含まれていないことが大半のため、金属アレルギーの方でも安心して施術を受けることができるでしょう。

4.すきっ歯の施術には保険適用されるものもあります

すきっ歯を治したいけれど費用面で不安があるという方は、保険適用が可能なダイレクトボンディングやコンポットレジンなどの選択肢があります。

保険適用外ですと、セラミッククラウンが1本10~20万円程度で行えます。

436
Return Top