湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

タバコを吸うと歯の隙間が黒ずむ原因になるって本当?

タバコを吸うと歯の隙間が黒ずむ原因になるのは本当です


タバコにはタールやニコチンと呼ばれる物質が含まれています。

これらの物質は、歯の表面で歯の保護を行っているペリクルというタンパク質層と結びつく性質を持っているといえいます。

タールやニコチンは、ヤニの成分でもあり、歯にメラニン色素を沈着させる原因とも考えられています。

このことから、タバコを吸うと歯の隙間が黒ずむ原因になるといえるでしょう。

タバコは歯や歯茎を変色させる原因になります

タバコはがんのリスクを高めるだけでなく、心筋梗塞や脳卒中の原因にもなる恐れがあるとされています。

タバコに含まれる有害物質は、私たちのからだ全体、もちろん歯や歯茎に健康被害を及ぼす可能性があるといわれています。

タバコにはタールやニコチンなどの物質が含まれており、これらは歯の表面にあるペリクルと呼ばれるタンパク質層と結びつく性質を持っているといいます。

ペリクルは歯の表面を保護している薄い膜で、歯の白いエナメル質の部分を覆っていると考えられています。

そのため、喫煙を行うと歯にメラニン色素を沈着させやすくなり、また、ヤニ汚れも発生させてしまうでしょう。

タバコによって沈着した色素はなかなか落ちず、禁煙を行ったとしても落ちるまでに数年かかるといわれています。

それだけでなく、タバコが原因で歯茎の変色を起こしてしまうこともあります。

喫煙は血行不良の原因になるといわれており、歯茎の血管内の血流が悪化することで紫色に変色することがあります。

タールやニコチンなどのヤニ汚れや色素沈着は歯茎にも起こり、黒ずんで見える可能性もあるでしょう。

禁煙がすすめられている背景には、さまざまな理由が存在しています。

タバコで変色した歯や歯茎は元に戻すことが可能です


タバコの影響で歯や歯茎に変色が生じた場合、歯科医の施術を受けることで元に戻すことが可能です。

ここでは、歯や歯茎の変色を改善する施術についてご紹介します。

歯のクリーニングはタバコのヤニを除去するのに適しています

ヤニ汚れで歯の隙間の黒ずみが生じてしまった場合、歯のクリーニングを行うことが黒ずみの改善に効果的です。

頑固なヤニ汚れや歯垢、歯石などは普段の歯磨きでは落とすことが難しいと考えられます。

歯のクリーニングを行えば、これらの汚れや着色を短時間で除去することが可能になります。

歯のホワイトニングは色素沈着に効果的です

歯の色素沈着は喫煙以外にも食べ物によって起こるといわれています。

ヤ二や食べ物の色素が歯に沈着してしまうと、クリーニングでは歯を白くする効果が薄い場合があります。

そのようなケースでは、歯のホワイトニングで歯の変色を元に戻すことが可能です。

ガムピーリングは歯茎のホワイトニングです

歯同様、歯茎の色もガムピーリングと呼ばれる施術によって元に戻すことが可能です。

歯科専用の薬剤を塗り、一週間程度置くことで、歯茎の黒ずみが歯茎の表面とともに剥がれるでしょう。

タバコは歯周病を進行させる原因にもなります

歯や歯茎を元に戻す施術を行うと同時に、禁煙することも視野に入れてみましょう。

禁煙したら徐々に歯の白さが戻ってきた、歯茎の色がピンク色になってきたという例もあります。

タバコは百害あって一利なしといわれているように、歯や歯茎の変色の原因となるだけでなく、さまざまな症状の原因になるとされています。

喫煙している人は、そうでない人に比べると2~8倍程度歯周病のリスクが高いといわれています。

さらに、歯周病により歯を失う数も2倍程度多いといいます。

歯周病が進行すると、歯を失うだけでなく、歯並びを悪化させることもあります。

歯並びが悪いことは審美的にも機能的にも多くのデメリットを生じさせるといわれています。

しかしながら、歯が抜け落ち、ボロボロになった歯はセラミッククラウンで修復することが可能です。

歯並びで見た目のコンプレックスを抱えている人や、日常生活で不便を感じている人は、セラミック矯正を受けることを推奨します。

(まとめ)タバコを吸うと歯の隙間が黒ずむ原因になるって本当?

1.タバコを吸うと歯の隙間が黒ずむ原因になるのは本当です

タバコに含まれるタールやニコチンなどの物質は、歯の表面のたんぱく質層と結びつく性質を持っており、歯に色素沈着を起こす原因になると考えられています。

喫煙により歯の隙間が黒ずむといわれているのはそのためです。

2.タバコは歯や歯茎を変色させる原因になります

タバコは歯や歯茎の健康を脅かす可能性があるとされています。

タールやニコチンが歯の表面のペリクル層と結びつくことが、ヤニ汚れや色素沈着を起こす原因と考えられます。

喫煙は歯の隙間の黒ずみを生じさせるほか、歯茎の変色の原因にもなります。

3.タバコで変色した歯や歯茎は元に戻すことが可能です

ヤニ汚れや歯垢、歯石などがこびりついた歯の黒ずみを除去するのに歯のクリーニングが効果的です。

また、色素沈着した場合は歯のホワイトニングを行うことで歯の変色を元に戻すことが可能です。

歯茎の変色はガムピーリングによって改善可能です。

4.タバコは歯周病を進行させる原因にもなります

歯や歯茎の健康のためには、禁煙を行うことが望ましいとされています。

喫煙している人はそうでない人よりも歯周病リスクが2~8倍程度高く、歯周病によって歯並びを悪化させる可能性があると考えられます。

235
Return Top