湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

気になる歯の隙間を治すことはできるの?

気になる歯の隙間を治すにはラミネートべニアが効果的です


歯の隙間があいている、いわゆるすきっ歯の症状を改善するのに効果的とされているのがラミネートべニアです。

ラミネートべニアは歯の表面を削り、薄いセラミックを貼り付ける施術で、歯の隙間が3㎜程度までの症状に対応可能です。

歯の変色を改善することも可能ですが、歯の隙間が著しい場合には、セラミッククラウンでの対応になることがあります。

歯の隙間を改善するのにラミネートべニアが効果的です

歯の隙間があいていることを気にされている方は多いといいます。

特に、前歯は笑った時に目立つ箇所ですから、一刻も早く改善したいと考えている方もいるはずです。

歯の隙間を改善する方法にはさまざまなものが挙げられますが、その中でもラミネートべニアは、歯の隙間が狭い(3㎜程度まで)すきっ歯の改善に効果的とされています。

ラミネートべニアはご自身の歯を削る必要がありますが、削るのはわずか07㎜程度です。

その上から薄いセラミック製の人工歯を貼り付けるのが一般的な施術方法となります。

ラミネートべニアはセラミック製のため、歯の変色を改善するのにも役立ちます。

しかしながら、歯の隙間が広く開いている場合、ラミネートべニアでは対応できないことがあります。

その場合、セラミックを貼り付けるのではなく、セラミッククラウンを被せる施術で対応が可能となります。

ご自身の歯を大きく削る必要はありますが、虫歯があっても施術が可能で、施術後の審美性は非常に高まることが期待できます。

歯の隙間は審美的に良くない影響を与えます


欧米諸国は日本以上に歯並びを気にするという印象をお持ちの方もいることでしょう。

しかし、フランスではいわゆる「すきっ歯」は幸せを呼ぶというジンクスがあり、個性として認知されているといいます。

実際、フランスで一世を風靡している女優やモデルの中には、すきっ歯を魅力のひとつとしている方もいます。

一方、日本はフランスとは国が違えば文化も異なり、人の美的感覚にも差があると考えられます。

「すきっ歯」は日本では審美的に良くないとされており、コンプレックスになりがちです。

歯は人とコミュニケーションをとる際に必ずとってよいほど見られる場所であり、その人の印象を決定づける要素といっても過言ではありません。

デスクワークの人はもちろん、営業マンや接客業に携わる人であれば、人とのコミュニケーションは避けられません。

すきっ歯を個性として捉える日本人は少ないため、歯の隙間があいていると第一印象で良くない影響を与えてしまいかねません。

きれいな歯並びをビジネスマナーとする企業も存在するため、ビジネスの結果に直接的に繋がる可能性もあります。

歯の隙間はさまざまなリスクを発生させます

歯の隙間があいていることは、見た目以外にさまざまなリスクを発生させると考えられています。

食べ物の咀嚼が上手くできなくなる

すきっ歯を放置しておくと、歯と歯の隙間に食べ物が挟まりやすくなります。

そのため、虫歯や歯周病のリスクが高まるといいます。

また、歯の隙間があいていると、か合わせが悪いため、食べ物の咀嚼が上手くいかなくなることがあります。

細かく噛み砕けないことで消化不良を起こす可能性もあります。

発音に悪影響を及ぼす

すきっ歯の人はそうでない人に比べ、滑舌が悪くなりやすいといわれています。

その理由は、歯と歯の隙間があいていると、そこから空気が漏れてしまうからと考えられます。

発音が重視される仕事に携わる人は、ビジネスに悪影響を与える恐れがあります。

慢性的に頭痛や肩こりになる

上下の歯のか合わせが悪いと、顎や首などの筋肉に負担がかかり続け、頭痛や肩こり、首こなどの症状を引き起こす恐れがあります。

このことから、歯の隙間があいていると、気になって何事にも集中できないといったケースもあると考えられます。

(まとめ)気になる歯の隙間を治すことはできるの?

1.気になる歯の隙間を治すにはラミネートべニアが効果的です

歯の表面を削ったところに薄いセラミックを貼り付ける「ラミネートべニア」の施術は、気になる歯の隙間の改善に効果的とされています。

歯の隙間が3㎜以内であれば対応できますが、それ以上になるとセラミッククラウンの施術が適切になるでしょう。

2.歯の隙間を改善するのにラミネートべニアが効果的です

歯の隙間が気になるときは、クリニックで施術を受けることで早期に改善することが可能です。

例えば、3㎜程度の歯の隙間に対応したラミネートべニアや、歯の隙間が広い場合に行われるセラミッククラウンなどの施術が挙げられます。

3.歯の隙間は審美的に良くない影響を与えます

フランスではすきっ歯を個性として認知しているといいますが、日本では審美的に良くないとされており、印象を悪くしてしまう恐れがあります。

特に、営業や接客を仕事にしている方は、歯の隙間が空いていることがビジネスに影響を与える可能性があります。

4.歯の隙間はさまざまなリスクを発生させます

歯の隙間を放置しておくことは、さまざまなリスクが考えられます。

歯と歯の間に食べ物が挟まり、虫歯や歯周病になりやすくなること・発音に悪影響を及ぼす可能性があること・頭痛や肩こりが慢性的に起きやすくなることなどが挙げられます。

562
Return Top