湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯と歯の隙間は遺伝でできることがあるって本当?

歯と歯の隙間が遺伝でできる可能性は少ないです


歯と歯の間に隙間ができる「すきっ歯」の原因は、生まれつき(先天性)のものと、生活習慣からのものとの二つに分けることができます。

歯並びは遺伝的な要素があるといわれていますが、親の歯並びが必ずしも子どもに遺伝するというわけではないため、歯と歯の隙間が遺伝でできる可能性は少ないと考えられています。

歯の本数が少ない「先天性欠如」である可能性も視野に入れましょう。

すきっ歯が遺伝で起こる可能性は低いです

親の歯並びは子どもに遺伝する可能性があるといわれていますが、その確率は100%ではありません。

むしろ、歯並びが遺伝で決まる可能性は低いと考えられています。

歯と歯の隙間があいているのも、遺伝である可能性もありますが、そうでない可能性の方が高いといえるでしょう。

歯と歯の間に隙間があいている状態のことを「すきっ歯」と呼びます。

「歯間離開歯」「空隙歯列」がすきっ歯の正式名称です。

すきっ歯の原因は生まれつき(先天性)のものもあれば、生活習慣からのものもあると考えられています。

すきっ歯の症状は軽いものから重いものまでさまざまで、数ミリ程度の隙間が一か所だけあいている場合もあれば、大きな隙間が何か所もあいている場合もあります。

すきっ歯の程度が重ければ重いほどデメリットを受ける可能性が高いといえるでしょう。

例えば、虫歯や歯周病になりやすい、発音に障害が出る、コンプレックスになりやすいなどが挙げられます。

軽度のすきっ歯であれば、歯科のラミネートべニア法で改善することが可能ですが、症状によっては歯列矯正が必要になることもあります。

すきっ歯は先天性欠如の可能性もあります


では、生まれつきすきっ歯になる原因を詳しくみていきましょう。

まず、ひとつ目の原因として考えられるのが、生まれつき生えてきた歯が小さいことです。

この症状は「矮小歯」と呼ばれています。

歯が小さい場合だけでなく、歯の形がよくないことでも歯と歯の間に隙間ができることがあります。

2つ目の原因として考えられるのが、本来生えるはずの永久歯が不足してしまっていることです。

この症状は「欠損歯」や「先天性欠如」などと呼ばれています。

本来、永久歯は28本程度あるものとされていますが、この症状の方は20~25本程度しかないのが特徴となります。

本来あるべきところに歯がないため、大きな隙間が複数箇所あいてしまう可能性もあります。

先天性欠如の原因は明確ではありませんが、遺伝のほかに母親の妊娠中の栄養不足や薬物の使用などが影響するのではないかと考えられています。

この2つの原因以外に考えられるのが、上唇小帯に異常があるケースです。

生まれつきのすきっ歯を治すには、歯列矯正のほかにインプラントや入れ歯が用いられることがあります。

すきっ歯は生活習慣が原因で起こる可能性もあります

すきっ歯は生まれつきではなく、生活習慣で起こてしまう可能性があります。

ここでは、生活習慣によるすきっ歯の原因をご紹介します。

小さい頃の指しゃぶりは歯並びに悪影響を与えます

指しゃぶりの癖が5歳を過ぎても続く場合、歯並びやかみ合わせに悪影響を与える恐れがあるといわれています。

指を口に入れることにより、前歯が前に押し出されてしまい、歯が広がってしまう可能性があるからです。

指しゃぶりと同様、舌を前に押し出す習慣もすきっ歯の原因になると考えられています。

歯周病は歯の隙間をつくる原因になります

年齢とともにすきっ歯が気になり始めたという方は、歯周病が原因である可能性があります。

歯周病になると、歯の土台となる歯槽骨が溶かされ、歯がぐらぐらしやすくなります。

歯が安定せず、結果、歯と歯に隙間ができてしまうことがあります。

深いかみ合わせで歯が開いてしまうことがあります

下の前歯が上の前歯に覆いかぶさり、隠れてしまうような深いかみ合わせの方はすきっ歯になりやすいといわれています。

これは、下の歯の力が上の歯にかかってしまい、上の歯に開きが出てしまうことが理由といえます。

(まとめ)歯と歯の隙間は遺伝でできることがあるって本当?

1.歯と歯の隙間が遺伝でできる可能性は少ないです

歯と歯の隙間ができている症状は「すきっ歯」と呼ばれることがあります。

生まれつきである場合もあれば、生活習慣が原因である場合もあります。

しかしながら、遺伝によるすきっ歯は確率的に低いとされています。

2.すきっ歯が遺伝で起こる可能性は低いです

歯と歯の間に隙間が空いている状態を「すきっ歯」と呼びます。

歯並びが遺伝である可能性は低く、すきっ歯が遺伝である可能性も低いと考えられています。

すきっ歯は生まれつきである場合と、生活習慣が原因である場合とに分けられています。

3.すきっ歯は先天性欠如の可能性もあります

原因はいくつかあり、一つ目が、生まれた時に生えてきた歯が小さい「矮小歯」の症状です。

二つ目は、本来28本程度あるべき永久歯が20~25本程度しかない「先天性欠如」の症状です。

さらに、上唇小帯に異常があるケースもあります。

4.すきっ歯は生活習慣が原因で起こる可能性もあります

すきっ歯はさまざまな生活習慣が原因で起こります。

例えば、小さいころの指しゃぶりや舌を前に押し出す習慣などは歯並びに悪影響を与える恐れがあります。

また、歯周病や深いかみ合わせの人も歯と歯の間に隙間が空きやすくなります。

599
Return Top