湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯と歯の隙間をレジンで治すことは可能?

歯と歯の隙間をレジンで治すことは十分可能です


歯と歯の隙間があいている、すきっ歯の症状はレジンで治すことが可能です。

レジンは歯科医の保険適用治療で用いられることの多い樹脂製(プラスチック)の素材で、「コンポットレジン」と呼ばれています。

すきっ歯の改善だけでなく虫歯の治療にもよく用いられていますが、強度の関係から奥歯には使われないことが多いです。

すきっ歯の改善にはコンポットレジンが用いられます

歯と歯の隙間があいていることを気にされている方は多いといいます。

その症状は一般的に「すきっ歯」と呼ばれており、審美的なデメリットがある以外に、咀嚼機能や発音機能にも影響を与えるとされています。

そのため、すきっ歯を治したいという方は多く、その方法のひとつとして「レジン」が用いられることがあります。

レジンは樹脂製(プラスチック)の素材で、「コンポットレジン」と呼ばれています。

歯の削る量が少なく、施術にかかる時間が短いことがメリットとされており、そのほとんどが保険適用内の施術となります。

レジンは施術の際には、柔らかい状態で用いられます。

歯型をとり、それをもとにレジンが作られます。

虫歯の治療などで歯を削った箇所や歯の欠けた箇所に入れ、光をあててから放置すると、徐々に固まっていきます。

レジンを用いた施術の中でも、歯の隙間を埋める方法は「ダイレクトボンディング」と呼ばれます。

歯の隙間に直接素材を塗り込むことで軽度のすきっ歯を改善することが可能です。

ダイレクトボンディングは保険適用外となる場合があり、施術を行う歯科医師の腕にその仕上がりが大きく左右されると考えられています。

レジンのデメリットは改善されつつあります


コンポットレジンにはメリットもありますが、デメリットもいくつか挙げられています。

例えば、レジンの素材は樹脂(プラスチック)となるため、強度や耐久性の高さは期待できないとされています。

歯は食事のたびに動かすものですから、経年により削れていくことが想定されます。

万が一大きな力が加えった場合には、割れたり欠けたりしてしまうこともあります。

レジンの一般的な寿命は2~3年といわれています。

しかしながら、保険適用外の審美歯科の施術では、耐磨耗性を高めるために合成樹脂とそのほかの無機物が混合された素材を用いられることが増えてきています。

デメリットが指摘されてきた強度や耐久性も改善されつつあるといえるでしょう。

ただ、歯と歯の隙間が広く開いている場合や、かみ合わせに問題がある方、歯ぎしりが強い方などには向いていないことがあります。

また、奥歯はかみ合わせる時、大きな力が加えりがちなので、レジンを用いることができない可能性があります。

骨格が原因で歯並びが悪い出っ歯や受け口などの症状はレジン充填やダイレクトボンディングでは改善できないため、矯正治療や外科的な施術を行うことになります。

歯の隙間を治すにはさまざまな施術方法が選択できます

歯の隙間を埋める施術法としてダイレクトボンディングをご紹介いたしましたが、すきっ歯を改善する施術法にはほかにもいくつか挙げられます。

オールセラミックは審美性が非常に高いです

歯と歯の隙間が大きく開いている状態の場合、ダイレクトボンディングでは改善できないこともあります。

ダイレクトボンディング同様、歯を削る量を抑えたい方に推奨されているのがオールセラミックの施術です。

変色しにくく、劣化も少ないため審美性が非常に高いことで知られています。

ラミネートべニアはレジンよりも耐久性が高いです

歯の表面を薄く削り、セラミックのラミネートべニアを貼り付けることで歯と歯の隙間を埋める方法もあります。

ラミネートべニアはレジンよりも耐久性が高いといわれており、変色もしにくい性質をもちます。

ただ、健康な歯をある程度削らなければならないという点が欠点となるでしょう。

矯正器具は時間がかかる傾向にあります

マウスピースやワイヤーを用いて矯正を行う方法もありますが、いずれもほぼ一日中装置をていなければならないという大きなデメリットをもちます。

また、施術にかかる期間が長く、一年以上に及ぶこともあるといわれています。

(まとめ)歯と歯の隙間をレジンで治すことは可能?

1.歯と歯の隙間をレジンで治すことは十分可能です

歯と歯の隙間は樹脂製のコンポットレジンで治すことができます。

コンポットレジンはすきっ歯だけでなく虫歯の治療にも用いられており、ほとんどが保険適用内の施術となります。

ただし、強度がそこまで高くないため、奥歯には使えないことがあります。

2.すきっ歯の改善にはコンポットレジンが用いられます

歯の隙間を埋めたり、すきっ歯を治したりするのに用いられるのは、プラスチック製の「コンポットレジン」と呼ばれる素材です。

歯の隙間を埋める施術の「ダイレクトボンディング」は軽度のすきっ歯を治すことが可能ですが、保険適用外となることがあります。

3.レジンのデメリットは改善されつつあります

歯は経年により削れることもあれば、力の加わり方で割れたり欠けたりする可能性もあります。

レジンは樹脂製のため強度や耐久性が低いとされてきましたが、審美歯科では欠点をカバーするための素材も増えてきているといいます。

4.歯の隙間を治すにはさまざまな施術方法が選択できます

歯の隙間を治すにはダイレクトボンディングのほかにもさまざまな施術方法が選択可能です。

例えば、審美性の高いオールセラミック、レジンよりも耐久性に優れたラミネートべニア、装置を用いた矯正などが挙げられます。

1003
Return Top