湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の隙間を治すラミネートべニア法はどんな施術なの?

歯の隙間を治すラミネートべニア法とは人工歯を貼り付ける施術です


歯の隙間を改善することのできる「ラミネートべニア法」は、歯の表面を0.5㎜程度削り、チップとも呼ばれるラミネートべニア(人工歯)を貼り付ける施術になります。

天然の歯に近く、すきっ歯だけでなく、歯を白くする効果も期待できます。

ただし、歯ぎしりの癖がある人やかみ合わせの悪い人の場合、ラミネートべニアが割れてしまいやすいといわれています。

ラミネートべニア法では歯の隙間を改善することができます

歯の隙間が気になるという方や、すきっ歯を治したいとお悩みの方は多くいらっしゃいます。

このようなお悩みを解消する施術法に「ラミネートべニア法」と呼ばれるものがあります。

ラミネートべニア法は審美歯科で行われる施術で、歯の表面を05㎜程度削り、その上からラミネートべニアを貼り付ける方法になります。

ラミネートべニアは薄い人工歯で、ネイルチップに似ていると例えられることがあります。

歯を削るのはエナメル質の部分だけとなり、基本的に麻酔は不要となり痛みは少ないとされています。

ラミネートべニアは主にセラミックで作られています。

そのため、天然の歯に近く、歯を白くする効果があることで知られています。

歯を白くする効果に関しては、ホワイトニングよりも高いでしょう。

この施術では、歯の色や形を改善することができ、歯の隙間を目立たなくさせることが可能です。

大きく歯を削る必要もなく、治療回数も少ない傾向にあるため、精神的な負担も軽減できると考えられます。

ラミネートべニア法に適していない方もいます


ラミネートべニアの施術では歯の隙間やすきっ歯を改善できますが、施術に向いていない人もいるため注意が必要です。

まず、歯の隙間が3mm以上の場合、ラミネートべニアでは改善できない可能性があります。

同様に、歯並びの悪さが重度でかみ合わせが著しく悪い場合、ラミネートべニア法を用いると、ラミネートべニアが割れてしまうことがあります。

また、歯ぎしりや食いしばりなどの癖がある方も、ラミネートべニアが割れるリスクが高いため注意が必要です。

歯並びに大きな問題がある方は、ラミネートべニア法よりもセラミック矯正やセットバック術などの方が適していると考えられます。

特に、骨格に原因がある反対咬合(受け口や出っ歯など)の症状をお持ちの方は、セラミック矯正でも改善が難しいといわれています。

セットバック術は外科的な施術となるため、信頼できるクリニックで受けることを強くおすすめします。

ご自身の歯並びはどの施術で改善が可能なのか、まずは歯科医師に相談してみましょう。

ラミネートべニアの費用相場は1本5~15万円です

ラミネートべニアの施術を受けたいと考えているものの、費用の面で不安があるという方もいらっしゃるでしょう。

ラミネートべニア法にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

まず、ラミネートべニア法は保険適用外の施術ですので、自由診療となります。

かかる費用はクリニックによって差がありますが、相場というものが存在します。

ラミネートべニア法の相場は、1本5~15万円となります。

ラミネートべニアは基本的にオーダーメイドとなるため、費用が高額になる傾向にあります。

しかしながら、高額であればあるほど施術の腕がよいとは限らないため、クリニックの評価や症例数などを基準にクリニックを選ぶことをおすすめします。

歯並びを改善するほかの施術の相場も調べておきましょう。

セラミック矯正にかかる費用の相場は、1本10~20万円前後といわれています。

ただ、セラミックの種類によっても価格に違いがありますから、事前に確認しておく必要があるでしょう。

一方、セットバック術に関しては、症状によっては保険適用されるケースがあります。

保険適用となる場合の相場は50~60万円程度、保険適用外となる場合の相場は200~400万円程度といわれています。

(まとめ)歯の隙間を治すラミネートべニア法はどんな施術なの?

1.歯の隙間を治すラミネートべニア法とは人工歯を貼り付ける施術です

ラミネートべニア法は歯の表面を削り人工歯を貼り付けることで歯の隙間を治すことができる施術です。

すきっ歯のほかに、歯を白くする効果も期待できますが、歯ぎしりがあったりかみ合わせが悪かったりする人には向いていない場合があります。

2.ラミネートべニア法では歯の隙間を改善することができます

ラミネートべニア法は削った歯の表面に薄い人工歯を貼り付ける施術です。

歯の隙間やすきっ歯を治すのに用いられるほか、歯を白くして軽度の歯並びを改善することが可能とされています。

3.ラミネートべニア法に適していない方もいます

歯の隙間が3㎜以上の場合や、歯並びが著しく悪い場合、もしくは反対咬合をお持ちの場合などはラミネートべニア法では改善できない可能性があります。

歯並びを改善する方法はほかにもあるため、信頼できる歯科医師に相談してみましょう。

4.ラミネートべニアの費用相場は1本5~15万円です

ラミネートべニア法の施術は保険適用外となり、費用の相場は1本5~15万円程度が相場とされています。

ほかの施術では、セラミック矯正は1本10~20万円前後、セットバック術は保険適用となる場合50~60万円程度と考えられています。

330
Return Top