湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の隙間に詰め物をすれば虫歯にならないの?

歯の隙間に詰め物をしても虫歯になることがあります


施術をした歯でも虫歯になってしまう可能性はゼロではありません。

むしろ詰め物をした歯に対しては施術をしたという安心感から油断することが多く、その後のケアがおろそかになりがちです。

施術した歯が再び虫歯になってしまうことを二次カリエスといい、成人から高齢者にかけて発症しやすい虫歯として認識されています。

クリニックに来院するお客様の虫歯の多くが二次カリエスでもあるといわれています。

詰め物をした歯が痛む時は二次カリエスの可能性があります

ある日突然、過去に虫歯の施術で歯の隙間に詰め物をしたところが痛みだすことがあります。

施術が完了したはずの歯が痛む時は二次カリエスを発症している可能性が高く、虫歯菌が神経に達したために痛みが生じていると考えられます。

たとえ詰め物をしていても虫歯はその奥で再発することがあり、強い痛みを伴う時は歯髄炎を引き起こしている恐れもあります。

銀歯などを被せる際に使用する詰め物は人工物であるため、通常虫歯にかかることはありません。

とはいえ詰め物の下あるのは天然歯ですので、この天然歯が虫歯になる恐れがあるのです。

二次カリエスは詰め物の劣化やプラークが蓄積することによって発症します。

審美歯科で使われるセラミックなど素材によっては劣化が起きくいものもありますが、一般的に詰め物は経年により徐々に劣化が進んでいきます。

劣化した詰め物を放っておくと歯との間に隙間ができやすくなり、そこにプラークが溜まっていくことで虫歯菌が入り込んでしまいます。

プラークの蓄積や虫歯菌の侵入は自覚症状を伴わないため気づきにくく、虫歯菌が歯髄に達して痛みを感じた時にようやく虫歯を発見することになります。

自分だけで虫歯を見つけることは難しいので、早期発見を心がけて日頃からクリニックで定期検診を受けることが大切です。

二次カリエスは放置すると歯を失う恐れがあります


二次カリエスを発症するということは、再び虫歯の施術を受ける必要があるということです。

つまり虫歯の発生と虫歯の施術が繰り返されることになり、施術のたびに歯を削らなければならないという状況が起こります。

いくら虫歯を根絶するためとはいえ、施術を行うたびに歯を削ってしまうことは結果的に歯を失うことに繋がります。

またすでに述べたように二次カリエスは気づきにくいという傾向があります。

発見が遅れやすいがゆえに重症化しやすく、場合によっては歯の神経を取り除くという事態になることも考えられます。

神経を完全に除去してしまうと、その歯は再度虫歯にかかっても痛みによって虫歯に気づくことがもうできません。

つまり、痛みというセンサーを失うことによって、ますます二次カリエスに気づきにくくなり、再発を繰り返すという状態に陥ってしまうのです。

虫歯の施術を繰り返し、歯を削ることで歯が失われていくことは大きな問題です。

歯が残っていれば詰め物などで対処することで歯を残せますが、それが不可能なほど歯が失われてしまうと施術のそのものができなくなり、最終的に抜歯せざるを得ないということになります。

こういった状況を回避するためには、初めから審美歯科などの専門性の高いクリニックにて施術を受けることが望ましいです。

二次カリエスを予防しましょう

二次カリエスを予防するには、最初に虫歯の施術を受ける際に二次カリエスの予防を視野に入れることです。

以下はその具体的な方法となります。

詰め物や被せ物をセラミックにする

金属とは違って、自然で審美性の高さが人気のセラミックですが、実は二次カリエスの予防策としても効果的です。

セラミックは金属と比べて歯との相性がよく、隙間を作ることなく接着できます。

またセラミックには虫歯の原因となるプラークが付着しにくいという特徴があり、とても衛生的です。

セラミックは審美歯科にて取り扱いがあります。

定期検診を受ける

クリニックでの定期検診は二次カリエスに限らず、さまざまなトラブルを防ぐのに大いに役立ちます。

歯と歯茎のクリーニングによって細菌性のプラークや歯石を除去でき、詰め物の劣化や二次カリエスの早期発見に繋がります。

(まとめ)歯の隙間に詰め物をすれば虫歯にならないの?

1.歯の隙間に詰め物をしても虫歯になることがあります

歯の隙間に詰め物をした歯でも、虫歯を発症してしまうことがあります。

このような二次カリエスは成人してから高齢者にかけてかけりやすく、虫歯の施術のためにクリニックに来院するお客様の大半が発症していると考えられています。

2.詰め物をした歯が痛む時は二次カリエスの可能性があります

過去に施術したはずの歯が突然痛み出した時は、二次カリエスを発症している可能性があります。

二次カリエスは詰め物の劣化やプラークの蓄積によって発症しますが、痛みが出るまで症状に気づきにくいという特徴があります。

3.二次カリエスは放置すると歯を失う恐れがあります

二次カリエスと虫歯の施術を繰り返すことで、歯を失う恐れがあります。

施術のたびに歯を削らなければならないという事態となり、やがて抜歯するしかなくなります。

虫歯の再発を防ぐには、早くから信頼性の高いクリニックにて施術を受けることが必要です。

4.二次カリエスを予防しましょう

二次カリエスを予防するためには定期検診をきちんと受け、早い段階から予防を見据えた施術を受けることが大切です。

セラミックの詰め物や被せ物は歯に隙間を作らず接着でき、二次カリエスの予防に効果的です。

190
Return Top