湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯に隙間があると噛み合わせが悪くなるの?

かみ合わせが悪いのは歯に隙間があることも原因のひとつです


かみ合わせが悪くなる原因はひとつではなく、さまざまな理由が考えられていますが、中でも多いのが歯に隙間があることによるものです。

歯と歯の間に不自然な隙間があいていると上下の顎の歯が正しく接しないため、かみ合わせが悪い状態となります。

歯の隙間はそのままにしておくと悪化する傾向があるため、審美歯科などの専門の機関で施術を受ける必要があります。

歯に隙間があいてしまう原因があります

歯と歯の間に隙間があいている状態には名称があり、空隙歯列(くうげきしれつ)や歯間離開歯(しかんりかいし)と呼ばれています。

隙間が生まれる原因には先天的なものと後天的なものがあり、それぞれの特徴についてまとめました。

生まれつき歯が小さい

生まれつき歯が小さい、もしくは形が悪いと歯の隙間ができやすくなり、いわゆる「すきっ歯」になりやすくなります。

平均的な大きさと比べて異様に小さい歯のことを、矮小歯(わいしょうし)といます。

生える予定の歯が生えてこない

成人の歯は永久歯の数を合わせて28本になります。

ところが人によっては遺伝や何らかの理由によって、歯の数が欠損していることがあります。

歯が顎の骨の中に埋まったままのこともあり、本来生えるべき場所に歯が生えてこないため隙間が生じます。

歯と顎の大きさのバランスが合わない

歯の大きさに対して顎が大きすぎる、または顎の大きさに対して歯が小さすぎるなど歯と顎のバランスが合わないと、歯と歯の間に隙間ができることがあります。

隙間ができる場所は人によって異なり、前歯だけの場合もあれば、全体的に隙間がみられるという場合もあるでしょう。

頬杖をつく癖がある

頬杖をつくと奥歯のかみ合わせに狂いが生じてきます。

歯並びだけの問題ではなく、姿勢も悪くなるため意識的に直していきましょう。

同じ体勢で寝る

うつ伏せや横向きで寝る習慣を続けていると、歯並びの乱れや顔の歪みに繋がります。

全身の骨格が寝る姿勢に合わせて歪みむため、いつも同じ方向を向いて寝てしまうと骨格が歪み、顎にも影響を与えます。

かみ合わせが悪くなることで頭痛を引き起こします


慢性的な頭痛が長く続けいている場合、かみ合わせの悪さから頭痛を起こしている可能性があります。

なぜ、かみ合わせに不具合があると頭痛になるのかについては、次のような理由が考えられています。

筋肉の緊張や血行障害

かみ合わせが悪いと顎の片側だけで咀嚼することが多くなり、顎の筋肉を左右均等に使わないため左右差が生じます。

不自然なかみ合わせは顎の周辺の筋肉を緊張させ、さらに緊張状態が続くと血行が悪くなり、筋緊張性頭痛を引き起こします。

頚椎の歪み

人間の頭の重さはおよそ8~10kgあり、その重さを頚椎と歯をかみ合わせる筋肉などによって支えています。

そのため、かみ合わせが悪いと重い頭を支える筋肉のバランスが悪くなり、頚椎が歪むので頭痛を起こしやすくなります。

頭痛以外にもあらゆる不調を招く恐れがあり、肩こり、耳鳴り、不眠症、消化不良、自律神経失調症などが挙げられます。

ひとつでも当てはまる症状があればかみ合わせの悪さを疑い、一度審美歯科などの専門的なクリニックを訪れてみましょう。

かみ合わせのチェックをしてみましょう

歯と歯の間に隙間がある方はかみ合わせのチェックを行うことで、かみ合わせについて知ることから始めてみましょう。

下記にかみ合わせのよい例についてまとめましたのでご自身の状態と比較した上、必要があればクリニックで施術の相談をしてみてください。

かみ合わせのよい歯には、主に3つのポイントがあります。

上の前歯が下の前歯より前に出てかみ合っている

横から見た時に上の前歯が下の前歯よりも2~3ミリ前方に出ていることが理想です。

また正面から見た時に上の前歯が下の前歯を2~3ミリ程度、覆うようになっているのがよい状態です。

前歯の中心線が揃っている

正面から見た時に上の前歯の中心と下の前歯の中心が揃う状態であることも、かみ合わせがよい証拠です。

犬歯から奥歯までの正常なかみ合わせ

犬歯から奥歯まで上下の歯が交互にかみ合っているのであれば、かみ合わせがよい状態といえます。

(まとめ)歯に隙間があるとかみ合わせが悪くなるの?

1.かみ合わせが悪いのは歯に隙間があることも原因の一つです

歯と歯の間に不自然な隙間が空いてしまうと上下の顎の歯が正しくかみ合わず、かみ合わせが悪い状態となります。

自然治癒することは難しく、また放置すると悪化する可能性もあるため、審美歯科などで施術を受けることが必要です。

2.歯に隙間が空いてしまう原因があります

歯と歯の間に隙間が空く原因は先天的なものと後天的なものを含め、いくつもあると考えられています。

先天的なものでは歯の小ささ、歯の欠損、歯と顎のバランス、後天的なものでは頬杖をつく、同じ向きで寝るなど癖によるものです。

3.かみ合わせが悪くなることで頭痛を引き起こします

慢性的な頭痛は、かみ合わせの悪さから来ていることがあります。

筋肉の緊張や血行障害、頸椎の歪みなどの不調を引き起こすほか、肩こり、耳鳴り、不眠症、消化不良、自律神経失調症などを招くこともあります。

4.かみ合わせのチェックをしてみましょう

歯の隙間がある方は、まずセルフチェックをすることでご自身のかみ合わせについて確認してみましょう。

上の前歯が下の前歯よりも2~3ミリ出ている、前歯の中心線がそろっている、犬歯から奥歯までが交互にかみ合わさるなどが、問題のない歯並びです。

615
Return Top