湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯と歯の間に隙間があると健康に影響が出る?

歯に隙間があるような歯並びの場合、全身の健康に影響がでる可能性があります


歯に隙間があるような場合には、歯をかみ合わせるたびに歯が動いて歯並びがだんだんと悪くなっていくことがあります。

歯並びのためにかみ合わせも悪くなると顔や首、肩などの筋肉にも影響がでるため、頭痛が起きたり、肩こりや腰痛などが生じたりすることがあるのです。

また、食べ物をよく噛んで食べることができないために、胃腸に負担がかかるなど、全身にさまざまな不調がでることもあります。

歯と歯の間に隙間がある状態は空隙歯列といわれます

歯と歯の間に隙間があいている状態は正式には空隙歯列といわれ、一般的にすきっ歯とも呼ばれています。

すきっ歯は、歯が抜けた分の隙間があいているという状態や虫歯などの原因で歯に隙間があるのではなく、自然と歯と歯の間に隙間が開いてしまっている歯並びのことをいいます。

すきっ歯の場合、歯と歯の間に隙間があいているために周囲からの見た目が気になるだけでなく、歯の間に食べ物が挟まりやすくなり、歯の磨き残しがあると食べかすがいつまでも口内に残ってしまって、虫歯や歯周病などにかかりやすいというデメリットが生じます。

また歯を閉じている時でも隙間があいているためにサ行やタ行の発音がしづらくなり、滑舌が悪くなってしまうこともあります。

歯と歯の間に隙間があるために歯が少しずつ動いてしまうことでかみ合わせに問題が生じると、顎に負担がかかってしまうため、口が開けにくくなることや、かむ時に痛みを感じる顎関節症になることもあります。

すきっ歯は早く改善しないとからだ全体の健康に影響がでてしまうこともあるので、早めに医師にみてもらうとよいでしょう。

歯と歯の間の隙間は遺伝や習慣から生じます


歯と歯の間に隙間ができてしまうのは、顎の大きさと歯の大きさが合っていないことが主な原因です。

顎の大きさよりも歯が小さい場合には、歯が横にきれいに並んでいても歯と歯の間に隙間が開いてしまいます。

そのため顎が大きすぎたり、逆に歯が小さすぎたりするという状態や、生まれつき歯の数が少ないなどの理由からすきっ歯になってしまうということがいえます。

遺伝のために歯や顎の大きさのバランスが悪くなっているという場合もありますが、小さい頃からの習慣が原因となってだんだんと歯と歯の間に隙間ができてしまうこともあります。

いつも頬杖をつく癖がある場合には、奥歯のかみ合わせが悪くなることがあります。

また、舌で前歯を外側に押す癖がある場合には歯が前に開いてしまうことで歯と歯の間に隙間ができる可能性があり、寝る時に必ず同じ方向を向いて寝ているという場合には、顎以外にも全身の骨格に徐々に歪みが生じてしまいます。

普段何気なくやってしまいがちな癖ですが、実は骨格や歯並びに大きな影響を与えてしまうものもあるので、健康に良くない癖に気をつけることですきっ歯になる可能性は低くなります。

歯科矯正やセラミックなどの施術で空隙歯列の改善が期待できます

健康上でさまざまな問題が生じる空隙歯列は、歯と歯の間の隙間をなくすための歯科矯正やセラミック、ラミネートベニアなどの施術が効果的でしょう。

歯科矯正は歯に装着する矯正装置をつけて歯の隙間をなくすように少しずつ歯を動かしていく施術です。

歯並びの状態により装置をつけている期間は異なりますが、矯正完了まで年単位の期間が必要になります。

セラミックは今ある歯を削ってセラミッククラウン(陶器製の被せもの)をする施術です。

比較的施術期間が短く、施術完了までの間もずっと仮歯ですごすことができるため周囲に施術がばれにくく、通常とそれほど変わらない生活ができます。

セラミックは審美性が高い素材なので、希望に近い歯の色や形、向きなどへの改善が期待できます。

歯と歯の隙間が3mmくらいまでの場合にはラミネートベニアの施術も可能になります。

ラミネートベニアは歯の表面を0.5mm程削ってからセラミックの薄い板を貼り付ける施術です。

歯の色を白くしたい時にも適している施術で、歯を削る量が少なく済み短期間で完了できるというメリットがあります。

(まとめ)歯と歯の間に隙間があると健康に影響が出る?

1.歯に隙間があるような歯並びの場合、全身の健康に影響が出る可能性があります

歯に隙間がある場合、だんだんと歯が動いて歯並びやかみ合わせが悪くなることがあります。

かみ合わせが悪くなると顔や首などの筋肉に影響が出て頭痛や肩こり、腰痛などになりやすくなるほか、食べ物をよくかないために胃腸へ負担がかけることもあります。

2.歯と歯の間に隙間がある状態は空隙歯列といわれます

歯と歯の間に隙間が空いている口元は正式には空隙歯列といい、すきっ歯と呼ばれることもあります。

すきっ歯は隙間が空くように歯が生えてきている歯並びが原因で生じます。

虫歯や歯周病になりやすく、からだ全体の健康に影響が出る場合もあります。

3.歯と歯の間の隙間は遺伝や習慣から生じます

顎の大きさと歯の大きさが合っていないことが歯の間に隙間ができる主な原因です。

生まれつきの顎や歯の大きさだけでなく、頬杖をつく癖があるとか舌で前歯を外に押す癖がある、いつも同じ向きを向いて寝ることもすきっ歯の原因となることがあります。

4.歯科矯正やセラミックなどの施術で空隙歯列の改善が期待できます

空隙歯列は、矯正装置をつけて徐々に歯を動かす歯科矯正や歯を削って審美性の高い被せものをするセラミックなどが効果的です。

また、セラミックの板を貼り付けるラミネートベニアなどの施術でも、歯と歯の間の隙間の改善が期待できるでしょう。

242
Return Top