湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

タバコは歯と歯の間に隙間ができる原因になる?

タバコが原因で歯周病になると歯と歯の間に隙間ができるようになります


喫煙によるタバコの成分が歯茎に影響を及ぼすことで喫煙者は歯周病になりやすいといわれています。

タバコを吸っていたことが原因で歯周病にかかった場合、歯茎が痩せて下がってしまうため、歯の根元には隙間ができてしまいます。

また歯周病が進行することで歯がぐらぐらと動くようになり、ひどくなると抜歯しなければならないことになります。

喫煙者はニコチンなどの影響で歯周病にかかりやすくなるといえます

タバコを吸うことで虫歯や歯周病になる可能性が高くなるといえます。

タバコを吸うとニコチンの作用で自律神経に影響が出るため、唾液が分泌されにくくなります。

唾液が少なくなった口内は自浄作用が落ちて細菌が増殖しやすくなっている状態なので、細菌が固まってできる歯垢も溜まりやすくなります。

喫煙のために細菌が増殖して不衛生になっている口内では虫歯や歯周病になりやすく、虫歯や歯周病によるさまざまな問題が生じます。

またタバコを吸ったあとには、タバコに含まれるニコチンの血管収縮作用などにより血流が悪くなり、免疫機能も低下しするため歯周病の進行が進みやすくなります。

喫煙により歯茎が硬くなって歯茎からの出血が少なくなり、自覚症状がないために歯周病になっていることに気がつきにくいため、いつのまにか進行してしまうという問題もあります。

歯周病が進行すると歯茎が下がって歯の根元に隙間が生じ、歯を支える歯槽骨が溶けて歯がぐらぐら動くようになり、進行が進むと歯が抜けてしまうような場合もあります。

歯にできた隙間の改善にはセラミックやラミネートベニアなどの施術が適しています


歯周病で歯茎が下がってできた歯と歯の間の隙間や、歯がぐらぐらと動くようになって少しずつ歯並びが悪くなって歯の間に隙間ができてしまったという場合、セラミックやラミネートベニアなどの施術で改善が期待できます。

セラミックとは、歯を削ってから丈夫で審美性の高いセラミッククラウン(陶器製の人工歯)を被せる施術です。

セラミックで歯の色や形を整えることで歯並びの矯正も可能です。

施術が終了するまでには数ヶ月かかりますが、仮歯をつけて生活できるので周囲にばれにくく、不便になることもありません。

歯と歯の間の隙間がそれほど大きくない時には、歯の表面を薄く削ってからネイルのような薄いカバーを貼り付けるラミネートベニアの施術も適しているといえます。

歯を削る量が少なく、歯の色や形を希望に近づけることができるなどのメリットがある施術です。

歯周病によって歯が抜けてしまった場合には、自分の歯と同じような装用感が得られるインプラントの施術も適しているといえます。

ただ、歯周病を先に改善してからでないと施術が受けられない場合もあるので、歯周病についてもまずは医師に相談してみましょう。

タバコが原因で歯や歯茎の着色なども生じやすくなります

タバコを吸うと、ニコチンのために歯や歯茎の健康が害される場合がありますが、歯や歯茎が変色して審美的にも問題が生じることがあります。

タバコを吸うことでヤニが歯や歯茎の表面につくため歯の色にだんだんと黄ばみが発生し、体内のビタミンCが破壊されるため、紫外線によって生成されるメラニン色素が歯茎に沈着しやすくなることが、歯茎が黒く変色する大きな原因といえます。

歯や歯茎が変色してしまうと、話す時や笑った時に口元が気になって消極的になってしまうこともあるでしょう。

健康的な美しさを損なわないように白い歯とピンク色の歯茎へ改善するためには、歯を白くするホワイトニングや歯茎のホワイトニングなどの施術が適しているといえます。

歯のホワイトニングには、病院で受けられる1時間ほどの施術で終了するオフィスホワイトニングや、専用のマウスピースを作って自宅で好きな時間に歯のホワイトニングを行うホームホワイトニングなどがあります。

そして、歯茎のホワイトニングには、歯茎の変色した部分に専用の薬剤を塗って、自然に薄い膜が剥がれるまで待つベビーピーリングの施術があります。

これらの施術を利用して美しい口元に改善してみましょう。

(まとめ)タバコは歯と歯の間に隙間ができる原因になる?

1.タバコが原因で歯周病になると歯と歯の間に隙間ができるようになります

喫煙は歯周病になりやすくなる原因の一つといえます。

タバコが原因で歯周病になると歯茎が痩せて下がるために歯の根元に隙間ができて、歯が動くようになってひどい場合には抜歯が必要になることもあります。

2.喫煙者はニコチンなどの影響で歯周病になりやすくなるといえます

タバコを吸うとニコチンの作用で唾液が減るために、口内を清潔に保つことが難しくなって虫歯や歯周病になりやすくなります。

歯周病になると進行が進みやすくなるので歯が抜けてしまうという問題も生じます。

3.歯にできた隙間の改善にはセラミックやラミネートベニアなどの施術が適しています

歯周病で歯茎が下がってできた歯の根元の隙間や歯が動くことでできた歯と歯の間の隙間には、セラミックやラミネートベニアの施術が適しています。

歯が抜けた場合にはインプラントの施術も適しているといえます。

4.タバコが原因で歯や歯茎の着色なども生じやすくなります

タバコを吸うと歯や歯茎がニコチンやヤニのためにだんだんと変色してしまうことがあります。

歯や歯茎に変色していない健康的な美しさを取り戻すためには、歯のホワイトニングや歯茎のホワイトニングなどの施術が適しているといえます。

381
Return Top