湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

ガタガタした歯並びが特徴の乱杭歯は治せる?

乱杭歯で乱れた歯並びには矯正が有効な手段です


乱杭歯により、歯が前後に飛び出たり、重なり合うことで乱れた歯並びは矯正で綺麗な状態にしましょう。
ただ歯の矯正というと、長期間歯に器具を装着する方法しかないと思われがちです。
しかし器具の装着不要で抜歯もできるだけ行わず、歯を少し削って人工歯を被せて歯並びを整えるセラミック矯正なら、負担も比較的軽く済みます。

乱杭歯は顎や歯の大きさ、永久歯の生え変わり時期のズレなどが原因です

乱杭歯(らんぐいば)は専門用語で叢生(そうせい)とも呼ばれ、歯同士が重なり合っていたり、前後に出ているなど歯の列が乱れた状態をいいます。

乱杭歯の原因としては、まず顎の骨格が小さすぎることが挙げられます。歯が生える際の土台となる顎が小さいと、歯が並ぶスペースが狭くなります。隣り合う歯同士が押し合い、ぶつかり合った結果、一列には並べなくなり、列よりはみ出た部分から生えてしまうからです。
また、顎の大きさが標準サイズでも歯が大きすぎると、同じように歯が並ぶスペースが狭くなるので、乱杭歯になる原因となります。

更に、永久歯の生え変わり時期も乱杭歯に関係しています。
乳歯が例えば虫歯やケガなどで一般的な時期より早く抜け、永久歯がなかなか生えてこないとその間隙間ができた状態になります。
歯はスペースができると広い場所へ向かって動こうします。すると、歯と歯の間に隙間ができて、後から生えてきた永久歯が出てくるスペースが狭くなってしまいます。その結果歯の列から飛び出して、重なり合ったり、奥に引っ込んだり前に出たりして生えてしまうため、乱杭歯になってしまうのです。

乱杭歯を放置すると見た目に悪く、虫歯や歯周病になりやすいリスクがあります


乱杭歯を放置すると、歯の健康に様々な悪影響をもたらします。
歯の列が乱れているせいで、歯と歯の間に隙間や段差ができているので、食べかすが残ります。
歯磨きをしても歯ブラシが隙間や段差にまでしっかり行き届かないため、食べかすがそのまま歯石となって溜まってしまいます。更に食べかすを栄養分とする雑菌が繁殖して、歯肉炎や虫歯になりやすいというリスクがあります。
更に、年齢と共に体の免疫力が低下するので、乱杭歯で噛み合わせが悪く、歯垢が残りやすい状態だと歯並びが良い人よりも若くして歯周病を発症し、悪化させるリスクも高まります。
そして、噛み合わせが悪いので物を食べたり、話す際に唇や頬の内側などを誤って噛んで歯で傷つけ、口内炎になる確率も高いとされています。
そして、成長してくるとどうしてもどうしても見た目が気になります。
どんなに容姿が良くても、口を開けたり、笑った時に歯並びが乱れていると印象が良くないと思われがちです。
また、口元の見栄えが悪いことがコンプレックスになって、異性に対しても消極的になったりと性格に影響を与えるケースもあります。

乱杭歯はセラミック矯正での治療がおすすめです

乱れた歯並びが特徴の乱杭歯は、矯正で治すことができます。
矯正にも色々な方法があって、ブランケットという器具を歯に装着して、ワイヤーでつなげて歯を引っ張り歯列を整えるワイヤー矯正がこれまでは一般的でした。
しかし、治療に数年必要など時間がかかり、費用も高めで、食事の際に食べかすが詰まるなどの問題があります。
しかし、最近では矯正が早くて2ヶ月、遅くても数ヶ月とかなり短期間でできて、器具を歯に取り付ける必要のないセラミック矯正が負担も少なく主流となりつつあります。

セラミック矯正では、八重歯とその周辺の歯を少しずつ削りながら歯並びを整え、八重歯を歯列に戻します。
そして小さくなった歯にセラミックでできた人工の歯を被せるという治療法になります。
自分で歯の形や色が選べるので、歯の汚れも一緒に改善することができます。歯肉ともなじんで違和感がなく、時間が経過しても歯が変色するといたリスクもないので、一度治療すれば半永久的に綺麗な歯並びや歯をキープできます。

そして、費用もワイヤー矯正に比べると少しは割安なので、経済的な負担も軽くなります。
歯を削り、場合によっては神経の処置をすることもありますが、技術力の高い歯科医にかかれば最低限の処置で済みます。

(まとめ)ガタガタした歯並びが特徴の乱杭歯は治せる?

1.乱杭歯で乱れた歯並びには矯正が有効な手段です

乱杭歯は、歯に器具を装着せずに短期間で治療が終わるセラミック矯正で治療できます。
歯列を整えるのに歯を少し削りますが、負担も他の矯正方法より比較的軽く済むとされています。

2.乱杭歯は顎や歯の大きさ、永久歯の生え変わり時期のズレなどが原因です

乱杭歯は、顎の骨格が小さすぎたり歯が大き目なことが原因で、歯が生えるスペースが十分確保できないことが原因とされています。
更に、歯の生え変わるタイミングのズレにより、生えてくる歯が空いたスペースに移動することによっても起こります。

3.乱杭歯を放置すると見た目に悪く、虫歯や歯周病になりやすいリスクがあります

乱杭歯を放置すると、磨き残しによる虫歯や歯周病の発症、噛み合わせの悪さにより、歯で口内を傷つけるといったリスクが高まります。
また、口を開けた時に歯並びが悪いと、人に与える印象も良いとは言えません。

4.乱杭歯はセラミック矯正での治療がおすすめです

乱杭歯は、数ヶ月で部分矯正できるセラミック矯正がおすすめです。
器具を装着することなく、希望に合った歯の色や形も選べるといった利点が多い注目の矯正法です。

12941
Return Top