前歯の治療で使用するファイバーコアって何?

前歯の治療で使用されるファイバーコアは、セラミックの土台の一種です


前歯の虫歯を治療する場合、セラミックインレーやレジン充填などを行いますが、虫歯の範囲が大きい場合や神経のない歯などの場合は強度に問題が生じるといいます。

ファイバーコアは、歯の強度を増すために、セラミックの土台として用いられる補強材のことを指します。

コアにはファイバーコア以外にも複数の種類があります。

ファイバーコアは歯の強度を上げるための補強材です

前歯の虫歯を治す治療法にはさまざまあります。

代表的な方法を挙げると、虫歯の部分を削りその上から被せものをするセラミックインレー、プラスチック素材を入れるレジン充填などです。

それらの方法だけで虫歯の治療が完了できることもあれば、できないこともあります。

虫歯の範囲が大きすぎたり、歯の神経がなかったりする場合、歯の強度に問題が生じると考えられています。

そこで歯の強度を上げるために、セラミックの土台として補強材が用いられることがあります。

その土台のことを「コア」と呼びます。

コアにはファイバーコア以外にも様々な種類があります。

虫歯の治療を行った後、歯の型からつくったコアを装着し、そのコアの上から被せものを行うのが主な治療法となります。

その際、セラミックや金属、陶材など複数の種類の被せものをすることがあります。

ファイバーコアはグラスファイバーとコンポジットレジンで作られています。

保険適用がされないため相場が1~3万円程度になりますが、弾力のあるしなやかな素材で、歯にやさしいといわれています。

そのため、結果的に歯が割れにくく長持ちすると考えられます。

また、ほかのコアと比べ審美性に優れているのも特長です。

コアにはさまざまな種類が挙げられます


「コア」にはファイバーコア以外にも複数の種類があるとご説明しました。

では、具体的にどのようなコアが用いられているのでしょうか?

ここでは、コアの種類と特徴、費用などをご紹介していきます。

メタルコア

メタルコアはその名称通り金属でできたコアです。

保険適用で使用されるもので、費用の相場は800円以下と安価です。

強度が高いのですが、必ずしもメリットになるとは限らず、むしろ歯根にダメージを与えてしまう可能性があります。

また、金属の色が透け、歯や歯茎が黒っぽく見えてしまうことがあります。

レジンコア

レジンは充填素材としてだけでなく、コアの素材としても用いられています。

レジンコアは金属のピンを使ったプラスチック素材であり、メタルコアに比べると歯根に与えるダメージが少ないと考えられます。

保険適用される場合、費用の相場は500円以下と非常に安価となります。

ゴールドコア

金合金やプラチナ加金を使用したコアであり、メタルコアのような金属アレルギーの心配もほとんどないと考えられます。

しかしながら保険適用外となり、費用の相場は1~3万円程度と高額になります。

前歯の治療にはオールセラミックが適しています

「差し歯にしてから、歯茎の色が黒ずんで見えるようになった」とお悩みの方は多いといいます。

歯茎の色が黒ずんで見える原因は、おそらく土台として入れたメタルコアだと考えられます。

歯茎の黒ずみは歯全体の印象を暗くしてしまいかねません。

では、審美性を高めるためにはどのような治療を行えばよいのでしょうか?

土台には、メタルコアの代わりにファイバーコアなどの白いものを用い、「オールセラミック」と呼ばれる被せものを行うのがベターだといえます。

特に、審美性が求められる前歯の治療の場合、数ある被せもののなかでもオールセラミックが適していると考えられています。

オールセラミックは透明度が高く、100%セラミックの素材でできているため、自然な歯に近い見た目をもつ特徴を持っています。

また、セラミックによる治療では、虫歯を治すだけでなく歯並びを美しくすることも可能です。

金属とは違いアレルギーの心配も少なく、汚れが付着しにくいため虫歯を予防する効果も期待できます。

(まとめ)前歯の治療で使用するファイバーコアって何?

1.前歯の治療で使用されるファイバーコアは、セラミックの土台の一種です

虫歯の範囲が大きかったり神経がなかったりする場合、セラミックインレーやレジン充填だけでは歯の強度が足りないと考えられています。

強度を増すための補強材として用いられるセラミックの土台が「ファイバーコア」です。

2.ファイバーコアは歯の強度を上げるための補強材です

虫歯の範囲が大きい、歯の神経がないなどの場合、セラミックインレーやレジン充填などでは強度が不足してしまうことがあります。

その際、セラミックの土台として用いられるのがコアであり、ファイバーコアはその一種とされています。

3.コアにはさまざまな種類が挙げられます

コアにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴や費用などが異なります。

金属でできた強度の高いコアが「メタルコア」、プラスチック素材の安価な「レジンコア」、保険適用外となる「ゴールドコア」などが使用されています。

4.前歯の治療にはオールセラミックが適しています

土台にメタルコアを入れた場合、歯茎の色が黒ずんで見えることがあります。

審美性が求められる前歯の治療では、ファイバーコアを土台にしたオールセラミックが適しているでしょう。

セラミックで歯並びを改善することも可能です。

1890
Return Top