前歯の「ラミネートべニア」とはどんな施術なの?

ラミネートべニアとは前歯を削った部分にセラミックを貼る施術です


ラミネートべニアとは歯の表面を05mm程度削り、その上に薄い板状のセラミックを歯科用の接着剤で貼りつける治療法になります。

その性質からネイルチップに似ている、と例えられることもあります。

ラミネートべニアはネイルチップのような感覚で、前歯を白く、美しい形にすることが可能です。

そのため、歯並びの改善に用いられています。

ラミネートべニアは天然の歯と変わらない耐久性を持っています

前歯は歯の中でももっとも目立つ箇所と言っても過言ではありません。

前歯の形が悪かったり、前歯と前歯の隙間が空いていたりすると、歯並びが悪く見えてしまいがちです。

そんなときに行われている治療法が「ラミネートべニア」です。

ラミネートべニアは別名「ラミネートセラミック」とも呼ばれています。

その名称通り、歯の表面を05mm程度削り、薄い板状のセラミックを上から貼り付ける治療法となります。

セラミックを貼り付ける際に使用するのは、歯科用につくられた体に害のない接着剤です。

ラミネートべニアは、アメリカでは20年ほど前から行われている施術法で、現在でも人気が高いといいます。

セラミックは天然の歯と同等の耐久性や強度を持つといわれています。

そのため、ラミネートべニアの寿命は非常に長く、剥がれ落ちてしまうことはめったにないと考えられています。

ラミネートべニアの平均寿命は、10~20年程度とされています。

接着剤の劣化により取れてしまう可能性が高まりますが、セラミック自体は着色汚れや変色などをすることは少ないといいます。

ですから、きちんとしたクリニックで施術を受ければ、長期的に維持することができるといえるでしょう。

ラミネートべニアにはさまざまなメリットがあります


ラミネートべニアの治療法についてご説明しましたが、この施術にはさまざまなメリットが挙げられます。

ここでは、ラミネートべニアを行うメリットについてご紹介していきましょう。

変色の強い歯でも白くできる

歯を白くする方法には「ホワイトニング」も挙げられますが、変色の強い歯の場合、ホワイトニングでは白くならないことがあります。

しかし、ラミネートべニアであれば、変色の強い歯でも白い歯にすることが可能です。

短時間で痛みが少ない

ラミネートべニアは歯の表面のエナメル質だけを削るのみなので、痛みが少ないといえます。

歯を削る量が少ないため、治療にかかる時間も短時間で済むことが大半です。

そのため、忙しい方でも施術を受けることができます。

歯並びも改善できる

ホワイトニングでは歯を白くすることしかできませんが、ラミネートべニアの場合は、軽度の歯並びを改善することも可能です。

ネイルチップに例えられることもあり、おしゃれ感覚で歯並びを美しくしたい方が選択している施術法になります。

歯の色と同時に歯の形も整えられるのは大きなメリットでしょう。

ラミネートべニアとホワイトニングの費用相場は異なります

ラミネートべニアにするか、それともホワイトニングにするかで迷われている方は多いことでしょう。

施術方法を選択する上で判断基準のひとつとなるのが、かかる費用です。

実際、ラミネートべニアとホワイトニング、それぞれの施術にはどれくらいの費用が掛かるのでしょうか?

ラミネートべニアの費用相場は、1本5~15万円とされています。

クリニックによって大きく異なる場合があるため、事前に費用の確認をしておく必要があるでしょう。

一方、ホワイトニングの費用相場はホワイトニングの種類によって異なります。

ホームホワイトニングと呼ばれる、自分で歯のホワイトニングを行う施術ですと、マウスピースが2~5万円弱、ホワイトニング剤が5000円~1万円弱であることが一般的です。

また、クリニックで医師に施術をしてもらうスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)ですと、1本数千円~5万円程度になります。

プレミアムホワイトニングと呼ばれる上記二つの施術を組み合わせたホワイトニングですと、5~10万円程度になります。

ご自身に合った施術法がどれか迷ったときは、クリニックに相談してみましょう。

(まとめ)前歯の「ラミネートべニア」とはどんな施術なの?

1.ラミネートべニアとは前歯を削った部分にセラミックを貼る施術です

ラミネートべニアは前歯の表面を削り、薄いセラミックを貼りつける施術のことをいいます。

ネイルチップに例えられることがあり、おしゃれ感覚で理想通りの美しい歯並びを実現することができます。

2.ラミネートべニアは天然の歯と変わらない耐久性を持っています

前歯の歯並びを改善するときに行われるラミネートべニアは、歯の表面を削り、その上から薄いセラミックを貼り付ける治療法となります。

セラミックは天然の歯と変わらない耐久性を持ち、平均寿命は10~20年とされています。

3.ラミネートべニアにはさまざまなメリットがあります

ラミネートべニアは変色の強い歯でも白くすることができ、さらに軽度の歯並びを手軽に改善することが可能です。

また、短時間で痛みの少ない治療法として知られています。

このように、ラミネートべニアにはさまざまなメリットが挙げられます。

4.ラミネートべニアとホワイトニングの費用相場は異なります

歯を白くする施術にはラミネートべニアとホワイトニングがあります。

それぞれの費用相場は異なり、また、クリニックによっても価格に幅がある場合があります。

ラミネートべニアの相場は5~15万円程度、ホワイトニングの相場は施術内容によって異なります。

1565
Return Top