上下の前歯の間に隙間が空いてしまうのはどうして?

上下の前歯の間に隙間が空くのは開咬といわれる不正咬合のひとつです


上下の歯を噛み合せたとき、奥の歯は噛合わせができているのに前歯の間だけに隙間が空いているという状態は「開咬」といわれています。

開咬は審美面や健康面でさまざまなデメリットが生じる不正咬合のひとつです。

小さい頃からの指しゃぶりなどの癖や遺伝による歯並びなどが原因となって、だんだんと前歯の間に隙間ができてしまうことで開咬になる場合があります。

開咬では食べ物を噛みきることが難しい場合もあります

開咬とは、奥歯を噛み合わせている状態でも上下の前歯が噛み合わずに隙間ができてしまう歯並びのことをいいます。

前歯の間に隙間ができているので口を閉じにくい状態になる場合や、口元が前に出ているような横顔になる場合もあります。

また、前歯がきちんと噛み合わないために食べ物を噛み切ることが難しくなることや、口を閉じられないために発音がうまくできないこともあります。

開咬では、口を閉じにくい状態なのでいつも口を開けていたり口呼吸をしていたりすると、口の中が乾燥して細菌が増えやすい状態になるため、虫歯や歯周病になりやすいというデメリットもあります。

前歯が噛み合わないことにより前歯で食べ物を噛み切ることができないために、自然と奥歯や横の歯で噛み切るようになって奥の歯への負担が大きくなることもあります。

奥歯に負担がかかる状態が長年続いてしまうと、口を大きく開けることができなくなる顎関節症にかかってしまう可能性もあり、食べものをよく噛むことができずにいることで、胃に負担がかかり胃腸の病気にかかる心配もあるので、開咬は早めに改善するようにしたいものです。

小さい頃からの指しゃぶりなどの癖が開咬になる原因のひとつです


歯を噛み合わせたときに前歯の間に隙間ができてしまう開咬には、遺伝による先天的な原因と日常的な癖などによる後天的な原因とがあります。

遺伝で顎の骨が縦長になっている場合や、上下の顎の大きさのバランスが悪いときには先天的に開咬になってしまう場合があります。

小さいころから指しゃぶりをする癖や、前歯を内側から舌で押すような癖、頬杖をつく癖などがある場合には、少しずつ前歯の噛合わせが合わなくなってくる後天的な開咬になる可能性もあります。

また、普段口呼吸をする方は呼吸のためにずっと口を開けていることから、徐々に開咬の口元になりやすいといえます。

奥歯以外の歯は全く噛み合わないというような極端な開咬はそれほど多くないといわれていますが、開咬の傾向にある方はある程度見られるようです。

開咬になるとさまざまな問題が発生することが多いので、日常生活で悪い習慣を行わないように気をつけて開咬にならないように気をつけましょう。

上下の前歯の隙間を改善するには矯正や外科的な施術などが適しています

上下の前歯の隙間が開いている開咬のうち、後天的に歯の位置が動いてしまったことが原因で生じている開咬は、ブラケット矯正やマウスピース矯正、セラミック矯正などの歯科矯正での改善が適しています。

また、生まれつき下顎よりも上顎が大きいような、顎の骨格に原因がある先天的な開咬の場合には外科的な施術での改善が適しているといえます。

ブラケット矯正とはワイヤーの矯正装置をつける歯科矯正で、マウスピース矯正は見えにくい透明なマウスピースの矯正装置をつける歯科矯正になり、どちらも数年間装置をつける必要があります。

セラミック矯正は、歯を削って土台を作ってから、噛合わせが良くなるようにセラミック(陶器)製の人工歯を被せる施術です。

施術には数ヶ月かかりますが、装置をつける必要がなく施術中に周りから気づかれることがない施術といえます。

顎の骨格が原因の開咬に適しているのは、セットバック法などの施術です。

セットバック法は、バランスの悪い顎の余分な骨を切り取ることで顎の大きさを揃えて噛合わせを改善する施術です。

入院が必要となる施術ですが、根本的な顎の骨格のずれなどを改善することも期待できます。

(まとめ)上下の前歯の間に隙間が空いてしまうのはどうして?

1.上下の前歯の間に隙間が空くのは開咬といわれる不正咬合のひとつです

歯を噛み合わせたときに上下の前歯の間に隙間ができる状態は「開咬」といわれます。

開咬はさまざまなデメリットが生じる不正咬合で、小さい頃からの癖や遺伝による歯並びが原因でなる場合があります。

2.開咬では食べ物を噛みきることが難しい場合もあります

開咬では前歯の間に隙間ができるため、口を閉じにくく、口元が出ている横顔に見えます。

また前歯で食べ物を噛み切ることが難しく、横や奥歯に負担がかかることで顎関節症になる可能性もあります。

3.小さい頃からの指しゃぶりなどの癖が開咬になる原因のひとつです

歯を噛み合わせたときに前歯の間に隙間ができる開咬になる原因には、遺伝による顎の骨格が原因の場合と小さい頃からの指しゃぶりや頬杖などの悪い癖が原因の場合があります。

日常の悪い習慣をなくすことで開咬にならないよう気をつけることができます。

4.上下の前歯の隙間を改善するには矯正や外科的な施術などが適しています

開咬のうち、後天的に歯の位置が動いて生じた開咬は歯科矯正などの施術が適していて、先天的な顎の骨格の問題による開咬はセットバック法などの外科的施術で改善が期待できます。

2053
Return Top