湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

気になる2本大きい前歯を小さくすることはできる?

中央の前歯が2本大きいのは、歯を小さくしたり歯並びを整えたりすることで改善が期待できます


中央の歯が2本大きい場合には、大きい歯を小さくするための施術を受けてから歯と歯の間にできた隙間を無くすための施術を受けることで、歯を小さくしながら歯並びを整えることができます。

また、前歯を削ってから適したサイズのクラウンを被せることで、歯並びを整えながら同時に希望の大きさの前歯に近づけることが期待できます。

前歯の大きさが気になる口元は歯並びが原因の場合もあります

前歯の真ん中にある2本の歯は中切歯といわれています。

前歯が大きいことが気になる場合には、大体上顎の中切歯が他の歯よりも大きく見えるという状態になっていることが多いといえます。

中切歯だけが大きく見えている場合には、単に歯の大きさが他の歯よりも大きいという場合や、歯並びが悪いために中切歯が他の歯より前に出ていて、実際よりも歯が大きく見えているという場合などもあります。

このように歯の大きさに問題がなく、歯並びだけが原因で歯が大きく見えている場合には、歯の大きさを変えなくても見た目の大きさの改善は期待できます。

上顎の中切歯の平均的な大きさは、男性が幅8.6mm、女性が幅8.5mm程度といわれています。

中切歯が平均よりも0.5mm以上大きい場合には、きれいな歯並びをしていても前歯が目立って見えることも多いので審美的に気になる場合があるといえます。

大きい歯を小さくするには、歯を数ミリだけ削ってから歯と歯の隙間をなくす施術や、歯を削ってから希望のサイズの人工歯を被せる施術などがあります。

前歯が大きいことで噛み合わせが悪くなるなどのデメリットが生じる場合もあります


前歯が大きすぎる場合には、顎にきれいに歯が並ぶための隙間が足りないために、歯並びがでこぼこになるなど歯並びに問題が生じる場合があります。

歯並びが悪くなると周りからの見た目も気になり、口を開けて笑うことが恥ずかしい、人前で話すことに抵抗がでてしまうなど精神的につらく感じる方もいるかもしれません。

審美的な面でも前歯は大切ですが、歯の大きさのために噛み合わせが悪くなることで健康的にもさまざまな問題が生じやすくなります。

歯並びが悪くなり歯がでこぼこに生えているときには、食べ物が歯の隙間にひっかかりやすくなったり、上手に歯磨きをすることが難しくなるため虫歯や歯周病になりやすくなったりするというデメリットがあります。

また、歯の噛み合わせが悪いことで口の中の問題だけで終わらずに身体全体のバランスまでだんだんとゆがみが生じてきて、血行不良や頭痛、首、肩のこりなどの原因になる可能性もあります。

前歯が大きいことで噛み合わせに問題が生じている場合には、とくに早めに歯科医で診てもらって歯並びの改善を行うようにしたほうがいいでしょう。

大きい前歯はセラミッククラウンなどで歯の大きさの改善が期待できます

前歯の大きさ自体にそれほど問題がなく、歯並びが原因のために2本の前歯が大きく見えている場合には、歯科矯正で歯並びを整えることで前歯の大きさが気にならなくなる場合があります。

ただ、歯科矯正には施術終了まで数年という長い期間と70万円程度の費用が必要になります。

せっかく長い期間をかけて歯科矯正で歯並びを改善してもまだ前歯の大きさが目立っているということにならないように、中切歯や周りの歯の大きさとのバランスもしっかりと考えて施術方法を決めたほうがいいでしょう。

歯の大きさや歯並びを同時に改善するために適した施術には、セラミッククラウンがあります。

セラミッククラウンは歯の大きさや歯並びの気になる歯を削ってから、丈夫で自然な色合いのセラミッククラウン(陶器製の人工歯)を被せて歯の大きさや歯並びを改善するための施術です。

施術期間は数ヶ月程度で終了し費用は一般的に1本7万円程度といわれているので、気になる部分の歯を数本セラミックで矯正すると、歯科矯正よりも時間や費用がだいぶ抑えられることになります。

セラミッククラウンは施術中に仮歯をして過ごすため、周囲にもばれにくいメリットの多い施術といえます。

(まとめ)気になる2本大きい前歯を小さくすることはできる?

1.中央の前歯が2本大きいのは、歯を小さくしたり歯並びを整えることで改善が期待できます

中央の歯が2本大きい場合、歯を小さくしてから歯の隙間を無くすための施術を受けたり、大きさの気になる歯に適したサイズの人工歯を被せるなどの方法で、歯を希望の大きさに改善することが期待できます。

2.前歯の大きさが気になる口元は歯並びが原因の場合もあります

前歯の大きさが気になる場合には、上顎の真ん中の中切歯歯が大きく見えていることが多いといえます。

中切歯が平均的な大きさよりも大きい場合だけでなく、歯並びのために他の歯よりも前に出ていることで大きく見えているだけという場合もあります。

3.前歯が大きいことで噛み合わせが悪くなるなどのデメリットが生じる場合もあります

前歯が大きいことで歯が顎にきれいに並ぶ隙間が足りない場合には、歯がでこぼこに生えてしまうなど歯並びに影響がでてしまいます。

歯並びのために噛み合わせが悪いと、だんだん身体にゆがみが生じて首や肩がこるなど体調を崩す原因にもなります。

4.大きい前歯はセラミッククラウンなどで歯の大きさの改善が期待できます

歯並びのために前歯が大きく見えている場合には、歯科矯正だけで改善できる場合もあります。

しかし、歯の大きさと歯並びを同時に改善するためには、数ヶ月で終了して歯科矯正よりも費用がかからないセラミックが適している施術といえます。

21941
Return Top