湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

気になる大きな前歯を小さくすることはできる?

大きい前歯を小さくするためには矯正やセラミックなどの施術が適しています


前歯が大きいと感じる場合には、実際に前歯だけが他の歯よりも大きいときだけではなく、前歯が前に出ていたり他の歯が後ろに下がっていたりするために大きく見えているときがあります。

セラミックでサイズが大きい歯を小さくなるように改善できる場合や、他の歯より前に出ている前歯の歯並びを歯科矯正などで改善できる場合が多いといえます。

歯並びが悪いことや顎の骨格が小さいことが原因で前歯が大きく見えることもあります

大きさが気になる前歯は、ほとんどが上の真ん中に生えている2本の前歯(中切歯)だといわれています。

上の中切歯の平均的な大きさは、横幅が男性8.6mm、女性8.5mmといわれているため、中切歯がその大きさを超えている場合には歯のサイズが大きいということがいえます。

ただし中切歯の大きさが平均程度であっても、顔や顎の骨格が小さい方の場合には顔や顎に比べて歯が大きくなるため、全体のバランスから見ると通常よりも歯が大きく見えることもあります。

遺伝による顔の大きさや顎の大きさのためもありますが、小さい頃に食べ物をよくかまないで食事をするなど日常生活から顎の発達が未熟な場合には歯が大きく見える可能性があるといえます。

中切歯が他の歯よりも前に出ていたり逆に隣の歯が後ろに引っ込んでいたりするなど、歯並びによっても中切歯が他の歯と比べて大きく見えていることもあります。

原因が1つだけではなく歯並びが原因で中切歯が大きく見えている上に前歯の大きさ自体も大きい場合や、逆に中切歯の隣の歯が小さいために中切歯が大きく見えている場合もあります。

前歯が大きい場合にはその原因に応じた施術での改善が期待できます


前歯が大きい原因にはさまざまなものがあり、その原因に応じた施術を受けることで前歯の大きさが自然に見えるような改善が期待できます。

前歯の大きさがそれほど大きいわけではなく、他の歯よりも前に出ているために大きく見えている場合には、歯列矯正を行う施術が適しているといえます。

ワイヤー矯正やマウスピース矯正などの場合では、歯がきれいに並ぶための隙間がない場合に不要な歯を抜歯してから矯正装置を数年間装着するという方法が一般的です。

前歯を小さくするために歯を削るという施術もありますが、歯を削りすぎるとエナメル質の下にある象牙質が露出して痛みを感じることもあり、象牙質まで削られていなくてもエナメル質が薄くなりすぎると虫歯になりやすくなる場合もあります。

歯を小さくするために歯を削る場合には0.5mm程度までが問題なく削ることのできる厚みといわれています。

そして、歯を削って小さくしただけでは歯と歯の間に隙間が生じてしまうので、歯を削った後には歯並びの矯正が必要となる場合もあります。

前歯に施術を行うのであればセラミック矯正がおすすめです

セラミック矯正とは、歯を削ってから自然な歯の色に近く強度の高いセラミック(陶器)製のクラウンを被せる施術です。

歯の色や大きさ、形を周りの歯に合わせて作ることができるので、変色している歯を白い歯に変えたり歯の大きさを変更したりすることも可能です。

もちろん、気になる歯並びの矯正にも適しているといえます。

前歯の中切歯が大きいことが気になる場合には、周りの歯とバランスをとりながら中切歯を小さいサイズに変えることで、隙間のないようなきれいな歯並びへの改善が期待できます。

ワイヤー矯正などのような少しずつ歯を動かしていく矯正では矯正装置を数年間つけ続けなければならないというデメリットがあります。

しかし、セラミック矯正であれば、変更する歯を削ってからクラウンが完成するまでの期間が数ヶ月と短く、クラウンが完成するまでは違和感の少ない仮歯を入れておくため日常生活で不便な思いをすることが少ないといえます。

また、セラミック矯正は自然な歯の色への改善が期待できるほかに、汚れがつきにくいため着色や変色も少なく長期間美しい歯を保つことが期待できる施術です。

特に、審美性の気になる前歯の場合には、天然の歯のような透明感があるオールセラミックが効果的だといえるでしょう。

(まとめ)気になる大きな前歯を小さくすることはできる?

1.大きい前歯を小さくするためには矯正やセラミックなどの施術が適しています

前歯が大きいと感じる場合には、セラミックでサイズが大きい歯を小さくすることや、他の歯より前歯が前に出ている歯並びを矯正で整えることで歯の大きさが気にならないように改善させることが期待できます。

2.歯並びが悪いことや顎の骨格が小さいことが原因で前歯が大きく見えることもあります

前歯の真ん中に生えている中切歯の平均的な大きさは横幅が男性8.6mm、女性8.5mmといわれますが、歯が大きく見える理由には歯の大きさだけでなく歯並びや顎の大きさなども関係しています。

3.前歯が大きい場合にはその原因に応じた施術での改善が期待できます

歯並びが悪いために前歯が大きく見えている場合には、歯科矯正などで歯並びを改善することで前歯の大きさが気にならなくなることがあります。

前歯を小さくするために歯を削ってから歯の隙間を無くすために矯正を行う場合もあります。

4.前歯に施術を行うのであればセラミック矯正がおすすめです

セラミック矯正とは歯を削ってから自然な歯に見えるセラミック製のクラウンを被せる施術です。

天然の歯に近い見た目をもつことから、前歯の大きさや形、色などを変えたり、歯並びの矯正を行ったりするのに適した施術とされています。

3589
Return Top