湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

前歯の変色はどうやってケアしたらいいの?

前歯の変色は軽度ならクリーニング、徹底的に白くするならホワイトニングやラミネートベニアをおすすめします


前歯の変色は軽度なら定期的なクリーニングで対処可能です。

さらに白さを求めるならホワイトニングやラミネートベニアも検討しましょう。

歯だけでなく被せ物が変色している場合は、オールセラミックに入れ替えることで対応できます。

変色した原因によっても対応が違うため、まずは歯科医院でカウンセリングを検討しましょう。

歯が変色する原因は食生活、加齢などさまざまです

前歯は目立つため、変色や黄ばみなどのトラブルも気になります。

なぜ変色が起こるのか、原因をいくつか紹介します。

加齢

歯の色にも年齢の影響があらわれます。

これは加齢によって歯のエナメル質が薄くなって、下の象牙質が透けやすくなることで歯が黄色く見えると考えられます。

このような変色もホワイトニングが効果的と言われています。

施術によるもの

変色は自分の歯だけとは限りません。

以前入れた銀歯などの金属素材などが経年によって劣化することがあります。

こうした被せ物や詰め物をセラミックのような白く透明感のある素材に入れ替えることも可能です。

汚れが付着

歯に食べかすや歯垢がつくことで変色することがあります。

このような汚れは定期的なクリーニングで対処できると言われています。

食事の着色

コーヒーや赤ワインと言った色が付きやすい食品を習慣的に摂取していると歯が変色することがあります。

タバコなども変色の原因と考えられています。

歯の変色は原因によっても対処が違います。

まずは近くの歯科医院で相談してみましょう。

歯の変色への対処法はコストや求める白さで決めましょう


前歯の変色に対処する方法は一つではありません。

かかるコストや通院回数などを比較して選ぶことができます。

ある程度の歯の汚れやくすみを落としたいという人は定期的なクリーニングをおすすめします。

定期的に歯を綺麗にすることは、歯の健康をキープして病気を予防するためにも効果的だと言われています。

ホワイトニングには歯科医院でおこなうホワイトニングをオフィスホワイトニング、自宅でおこなうホームホワイトニングがあります。

さらに効果を求める人にはこの二つを同時におこなうこともできます。

前歯の色や形を徹底的に整えたいという人にはラミネートベニアを検討しましょう。

ラミネートベニアとは、歯の表面を少し削って薄い人工の歯を貼り付ける方法です。

この方法であれば、歯の色だけでなく歯の形や空きっ歯なども整えることができると言われています。

また施術回数が比較的少ないのもメリットです。

忙しくて歯科医院に通うのが負担という人でも、白く美しい歯を目指すことができるんでしょう。

歯を美しくする方法は、どの程度の白さを求めるかもポイントです。

カウンセリングでは、どの程度の白さになるかを必ず聞いておきましょう。

前歯だけでもオールセラミックにすると顔の印象も大きく変わると言われています

歯をホワイトニングしても、歯の被せ物などの劣化は避けるのが難しいと言われています。

例えば、プラスチックなどの素材でできた被せ物は、数年で変色や着色が目立つようになると考えられています。

そんな中で人気を集めているのが陶器でできたオールセラミックです。

オールセラミックはプラスチックなどと比較して汚れが付きにくいため、着色や変色が少なくメンテナンスをしておけば長期間綺麗な状態を保つことが可能と言われています。

オールセラミックの魅力は、歯と見分けがつかないほどと言われる美しさです。

質感や透明感が歯に近いため、前歯だけでもオールセラミックにすると、顔の印象も大きく変わります。

また、金属アレルギーの人でも安心して使うことができるのも大きなメリットでしょう。

オールセラミックを用いた施術の場合、保険適用外になりますが、その分、歯の変色や劣化を気にせず長い期間過ごすことができるという魅力があります。

美しい口元を手に入れたいと言う方は、ぜひ検討してみてください。

(まとめ)前歯の変色はどうやってケアしたらいいの?

1.前歯の変色は軽度ならクリーニング、徹底的に白くするならホワイトニングやラミネートベニアをおすすめします

歯は加齢や汚れの付着によって変色することがあります。

定期的にクリーニングやホワイトニングの施術を受けて対処しましょう。

被せ物の変色の場合は、変色しやすい被せ物からオールセラミックに入れ替えることも検討してください。

2.歯が変色する原因は食生活、加齢などさまざまです

歯の変色はさまざまな理由で起こります。

加齢によってエナメル質が薄くなるほか、食べ物の着色汚れや磨き残しも変色の原因になるでしょう。

被せ物の素材が劣化して変色することもあります。

3.歯の変色への対処法はコストや求める白さで決めましょう

ホワイトニングを選ぶときは、どの程度白くしたいかがポイントです。

軽くくすみを取るだけなら、定期的にクリーニングするだけでも効果があると言われています。

本格的な白さを目指すならホワイトニングやラミネートベニアなども検討しましょう。

4.前歯だけでもオールセラミックにすると顔の印象も大きく変わると言われています

歯の詰め物は経年で劣化や変色が目立つことがあります。

そこで劣化しにくく、変色が起きにくいオールセラミックが注目されています。

オールセラミックは自然で美しい見た目が特徴で、金属アレルギーの人でも安心して使える素材だとされています。

1258
Return Top