前歯の欠けや変色にコンポジットレジンは有効?

コンポジットレジンを使って前歯の欠けや変色を改善できる可能性があります


コンポジットレジンは。歯の施術などにおいて詰め物としてよく使われています。

虫歯施術の後に詰め物として流し込むほか、前歯などが欠けた場合や、小さなすき間などのあるすきっ歯の症状もコンポジットレジンを使って埋めることが可能です。

また、色の種類もさまざまなものがあり、お客様の歯に合った色に調整することも容易です。

コンポジットレジンを使うことで、他の歯を削ることなく比較的短期間で施術することが可能になるでしょう。

コンポジットレジンは歯を施術する現場で幅広く使われている素材です

虫歯の施術は一般的に、虫歯を削って詰め物をして完了になることが多いでしょう。

この詰め物の素材について考えたことがありますか。

この詰め物の正体はコンポジットレジンと呼ばれ合成樹脂と無機物を混ぜたものです。

多くは摩耗への抵抗や強度を上げるためにフィラーという物質が混ぜ込まれています。

このフィラーの配合を変えることで、施術に適した強度と滑らかさを持った詰め物が作られます。

決められた波長の光で固まるように作られているため、虫歯施術でも穴に詰めて成形してから特定の波長の光と当てています。

施術内容によって違いはあるものの、コンポジットレジンは保険適用になる白い素材なので、多くの歯科医院で施術に使われています。

さらにコンポジットレジンが使われているのは虫歯施術だけではありません。

欠けた歯の修復などさまざまな用途で幅広く利用されています。

また前歯のすき間が気になるというケースでもコンポジットレジンは使われています。

すき間が大きい場合はインプラントや義歯を入れる方法もありますが、小さなすき間だと困難です。

そこでコンポジットレジンを歯につけることですき間を埋めることが可能だと言われています。

短期間で施術でき、他の歯を削らないというメリットがあります


レジンとだけ聞くと、手芸が好きな人であればクラフトアクセサリーをイメージするかもしれません。

レジンは強い接着剤で、特定の光などでしっかりと固まります。

歯科医院で使われているコンポジットレジンは、手芸用のものとは全く違いますが、似たような特徴もあります。

似た特徴として挙げられるのが、好きな色のものを用意することができる点です。

歯科医院のコンポジットレジンの場合は、歯によく似た色のものを作ることが可能になっています。

これまでのコンポジットレジンの場合、普通の歯のような透明感がなかったため、施術したあとからコンポジットレジンの部分が目立ってしまうこともありました。

また、施術で使われたコンポジットレジンが数年後、変色してしまうこともあったそうです。

しかし、技術の進歩によって、普通の歯と同じような色をもち変色しづらいコンポジットレジンでの施術が可能になりました。

そのため、変色などの心配も要らないでしょう。

ほかにも、コンポジットレジンを使うメリットとしては、施術が短期間で済むうえ、他の歯を削らなくてすむという点があります。

外科的な施術もいらず、即日もしくは数回の施術で終わるというのもポイントです。

コンポジットレジンは使い方で仕上がりが違います

柔らかく使いやすいため、コンポジットレジンは歯科医院のいろいろなシーンで使われています。

ただし、コンポジットレジンを使った施術には大きく2種類あります。

コンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填とはその名前の通り、コンポジットレジンを流し込んで充填することで穴やすき間をふさぐ方法を言います。

詰め物として使ったり、歯の欠けを施術するときに使われたりしています。

ペースト状のコンポジットレジンを患部に充填してから、硬化させて施術が完了します。

ダイレクトボンディング法

対してダイレクトボンディング法は歯の表面にコンポジットレジンを塗り重ねて、歯の色や形を修復する方法です。

ダイレクトボンディング法は仕上がりを美しくしたいというケースに使われることが多く、審美性を追求する施術法と考えられているため保険の適用にはなりません。

ダイレクトボンディングなら、歯の表面コンポジットレジンをコーティングして色を変えることも可能です。

ダイレクトボンディング法は審美性に重点を置いた施術法なので、医師によって仕上がりが大きく違います。

見た目に美しい施術を希望している場合は、症例や評判を確認しておくといいでしょう。

(まとめ)前歯の欠けや変色にコンポジットレジンは有効?

1.コンポジットレジンを使って前歯の欠けや変色を改善できる可能性があります

コンポジットレジンは虫歯施術など詰め物としてよく使われている素材です。

お客様の歯に合わせた色に調整することもできるため、自然な改善が期待できるでしょう。

また、施術が比較的短くすむとされており、大きなメリットの一つでもあります。

2.コンポジットレジンは歯を施術する現場で幅広く使われている素材です

コンポジットレジンとは歯の施術に使われている樹脂のことです。

白くて、滑らかなので施術に使いやすく、歯の詰め物にもよく使われています。

コンポジットレジンを使えば、歯を覆うことですきっ歯の施術もできると言われています。

3.短期間で施術でき、他の歯を削らないというメリットがあります

コンポジットレジンは色を調整しやすく、柔らかく形を作りやすいため多くの歯科医院で採用されています。

コンポジットレジンを使った施術は短期間で終わるうえ、他の歯を削らないというメリットがあります。

4.コンポジットレジンは使い方で仕上がりが違います

コンポジットレジンは使い方によって仕上がりが違います。

コンポジットレジン充填はコンポジットレジンを流し込んで施術する方法です。

一方ダイレクトボンディング法は見た目を重視して塗り重ねていくという方法で、審美的な効果を期待することができます。

3429
Return Top