歯並びがすきっぱになってしまう原因とは?

すきっぱになる原因は生まれつきの場合と、習慣が原因の場合があります。


すきっぱとは正式には、前歯の間に2ミリ程度の隙間が空いてしまっている状態を「正中離開」、歯と歯の間に隙間が開いている状態を「空隙歯列」と言います。
すきっぱになってしまう原因は、歯や顎の大きさなどが原因の場合と、舌癖などの習慣が原因の場合があります。
すきっぱになってしまうと、見た目もあまりよくありませんし、虫歯になりやすかったり、発音が悪くなったりと多くのデメリットが出てきます。

歯並びがすきっぱになる原因には歯の小ささや生えてこない歯があることが挙げられます

それでは、なぜすきっぱが起こってしまうのか、その原因をご紹介しましょう。
歯並びがすきっぱになってしまう原因には、次のことが挙げられます。
いくつかの原因が考えられるため、自分のすきっぱはどれが原因になっているのかを考えてみましょう。

もともとの歯が小さい(矮小歯)

生まれつき小さい歯がある場合、その歯が小さいためすきっぱになってしまいやすいです。

先天性欠損歯・生えてこない歯がある

先天的に歯が欠損している場合や、歯はあっても生えてこない場合もありあります。
その歯が足りないため、すきっぱになってしまいます。

顎が大きい

歯に対して顎が大きいと、すき間が空いてしまいます。

舌辟により歯が広がっている

舌を押し出す癖がある場合は、前歯が開いてしまいすきっぱになってしまいます。
指しゃぶりをなかなかやめられなかった人に多い傾向があります。

すきっぱの治療法としては、ラミネートベニアや歯列矯正が考えられます


すきっぱの施術法には、次の方法があります。
それぞれに特徴があるため、どの方法を選択するのかをよく検討するようにしましょう。

ラミネートベニア

歯の表面を0.5~0.7ミリほど削り、薄い人工歯を貼り付ける施術になります。
削って型を取り、できたものを装着するという施術の流れになるため、2~3回ほどで完了します。
短期間で行え、セラミックの素材なので自分の歯と区別がつかないほど、自然な仕上がりでキレイになります。
セラミック素材のため、摩耗しにくく変色の心配もいりません。

歯列矯正

マウスピースやワイヤーを使って矯正して隙間を埋めます。
もともと隙間があるので、抜歯をせずに歯を削ることなく隙間を埋めることができます。
しかし、ワイヤー矯正の場合は器具や装置を付けるため、見た目も悪く期間と費用がかかります。
マウスピース矯正はワイヤー矯正よりも期間がかかります。

すきっぱを放置すると歯周病リスクや発音がしにくくなるリスクがあります

「見た目は少し気にはなるけど、そこまで気にしていないから」とすきっぱを放置していませんか?
出っ歯や受け口よりも見た目に影響が少なく、放置してしまいがちなすきっぱですが、放っておくと見た目以外にも問題が出てくる可能性があります。
以下のようなトラブルが想定されますので、決してすきっぱを放置しないようにしましょう。

虫歯や歯周病になりやすい

隙間が空いているので物が詰まりやすく、歯磨きもしづらいため虫歯や歯周病のリスクが高まります。

発音がしにくい

隙間が空いていると息が漏れてしまうため、サ行やタ行が発音しづらくなってしまうことがあります。

隣の歯が傾く

隙間が空いているため、隣の歯がそのスペースに移動してくるためどんどん歯が寄ってきます。
するとさらに汚れが溜まりやすくなり、清掃性も悪くなってしまいます。

かみ合う歯が伸びてくる

隙間が空いている部分の対合歯(かみ合わせの歯)がそのスペースに伸びてきてしまいます。
するとかみ合わせや顎のずれの原因になってしまうこともあります。

(まとめ)歯並びがすきっぱになってしまう原因とは?

1.すきっぱになる原因は生まれつきの場合と、習慣が原因の場合があります。

すきっぱは歯の大きさなど遺伝的な原因の場合と、舌癖などの習慣が原因の場合があります。
すきっぱは虫歯や歯周病のリスクも上がってしまうので、できるだけ早めに治しましょう。

2.歯並びがすきっぱになる原因には歯の小ささや生えてこない歯があることが挙げられます

すきっぱになってしまう原因には、先天的な原因や顎が歯に対して大きい、舌癖などが考えられます。
先天的な歯の欠損や、生えてきていない歯があるかどうかなどは、レントゲンを撮ることで知ることができます。

3.すきっぱの治療法としては、ラミネートベニアや歯列矯正が考えられます

すきっぱの治療法はいくつかあり、自分に合ったものを選択することが大切です。
自分が何を一番に優先したいかをよく考えて、治療法を選択しましょう。

4.すきっぱを放置すると歯周病リスクや発音がしにくくなるリスクがあります

すきっぱは放置しがちですが、放っておくと虫歯や歯周病になりやすくなったり、かみ合わせや顎のずれの原因になることもあるため、できるだけ早めに施術を行いましょう。

11530
Return Top