目立つすきっ歯をキレイにするには?

目立つすきっ歯を治すには、ラミネートベニアや歯列矯正などの色々な方法があります


すきっ歯は、会話や食事の際など口を開くと目立つので、早めに改善しておくことをおすすめします。

すきっ歯の治し方としては、短期間でできて審美性にも優れたラミネートベニアを始め、大き目のすき間でも対応できるセラミッククラウンなど様々な施術法があるとされています。

すきっ歯の程度や歯並びなどによって適した施術法は異なるので、一度歯科医院を受診して、相談してみましょう。

すきっ歯の改善は、ラミネートベニアなら短期間でできるとされています

口を開くと目立つすきっ歯を治す施術は色々ありますが、できれば短期間で施術を行いたいという人も多いのではないでしょうか?

通院回数が少なく手軽にできて、しかも審美性が高いという点において、おすすめなのはラミネートベニアという施術です。

ラミネートベニアは、歯の表面を少し削って、歯型を取ってネイルチップのような人工歯を作成し、歯の表面全体に貼り付けてすき間をなくすという方法です。

歯科医院によって多少異なりますが、通院回数も3回程度と少なく済むので効率的な上に、麻酔も不要であり、痛みもかなり少ないとされているので安心です。

さらに、人工歯にはセラミック素材が使われるため、色や形なども周りの歯に合わせて選べるので、より自然な感じの仕上がりになるとされています。

そして、すきっ歯を治しながら、歯の変色や形までキレイに整えられるのでとても効率的です。

また、セラミックは耐久性にも優れており、経年劣化や摩耗しにくいので、変色や破損などの心配もほぼないというメリットがあると言われています。

審美性の高いセラミッククラウンという施術法もあります


すきっ歯のすき間が広く、歯並びも乱れているようなケースなどでは、セラミッククラウンが用いられることもあります。

セラミッククラウンは、支柱となる歯の根っこを残して歯の周囲を削り、歯型を取ってセラミック製の人工歯をはめ込むという施術法です。

人工歯は色や形などをカスタマイズできるので、自然歯に合わせられ、目立つすきっ歯もキレイに改善できて審美性の高い仕上がりになるとされています。

ラミネートベニア同様強度もあり、もちろん変色もしにくいという特徴もあります。

歯茎とも馴染みやすいので、歯茎が変色したり下がったりするなどの弊害が生じる可能性も低いとされています。

さらに歯並びの状態やすきっ歯の程度にもよりますが、施術期間も短くて1ヶ月程度と短期間できるので効率的だとも言われています。

またオールセラミックのほかにも、ジルコニアを使ったり、ジルコニアにセラミックを焼き付けたりする方法もあります。

ジルコニアは人工ダイヤモンドと称される、強度にも優れ、何より透き通るような美しさが特徴の素材です。

ワイヤー矯正やマウスピースは、目立つすきっ歯が改善されるまでに長期間を要するとされています

目立つすきっ歯のすき間を埋めて、歯列を整える施術というとワイヤー矯正を思い浮かべる方もいるでしょう。

ブランケットという器具を歯にとりつけて、ワイヤーでつないで引っ張りながら、ゆっくり時間をかけて歯を移動させるという方法です。

この場合、矯正器具は24時間つけたままなので、会話や食事の際に支障が出るほか、ブラッシングしにくいという特徴があります。

さらに個人差はありますが、完了までに数ヶ月から1、2年程度の長期間を要するのが一般的です。

また、矯正器具取り外し後に、歯を安定させるためにリテーナーという器具の装着が数ヶ月必要となります。

そのため、短期間で治したい方や矯正器具に抵抗がある方などには、不向きだと言えるかもしれません。

また、マウスピースを歯に装着してすきっ歯を治す方法もあります。

ただやはり長期を要する、装着時間を守らないと正しく矯正されないといったマイナス面も否めません。

ほかにも、先述したセラミッククラウンに部分矯正を併用させる方法なども行われています。

(まとめ)目立つすきっ歯をキレイにするには?

1.目立つすきっ歯を治すには、ラミネートベニアや歯列矯正などの色々な方法があります

すきっ歯が口を開けると目立ちやすく、見た目にもキレイとは言えないので、早めに治したほうがよいとされています。

すき間をなくす改善策としては、ラミネートベニアやセラミッククラウンなどの色々な施術方法があります。

2.すきっ歯の改善は、ラミネートベニアなら短期間でできるとされています

短期間ですきっ歯の改善が目指せて、審美性も高いとされているのが、ラミネートベニアという施術です。

セラミック素材を使っており、劣化しにくく強度もある一方、変色しづらい上に色を選ぶこともできるため、自然な仕上がりが期待できます。

3.審美性の高いセラミッククラウンという施術法もあります

すきっ歯のすき間が広い場合は、歯を削って支柱を作り、人工歯を被せるセラミッククラウンという施術法があります。

審美性にも優れており、形や色もカスタマイズできるので周りに歯に合わせて調整でき、見た目にもキレイな仕上がりになるとされています。

4.ワイヤー矯正やマウスピースは、目立つすきっ歯が改善されるまでに長期間を要するとされています

目立つすきっ歯には、ワイヤー矯正やマウスピースなど、歯を引っ張ってゆっくり動かすことで歯列を整える、歯列矯正で治すこともできるとされています。

ただ、矯正器具を装着するので歯のケアをしづらく、完了までに長期間かかるのが難点だとされています。

1406
Return Top