歯の変色とすきっ歯は同時に治せるの?

歯の変色とすきっ歯を一緒に治せる施術法はあります


すきっ歯と歯の変色は、口を開けると人目につきやすく見た目にはキレイとは言えないので、治したいという方も多いものです。

同時に効率よく治す方法としては、ラミネートベニアやセラミッククラウンという方法があります。

どちらもセラミック素材で作られた人工歯を使用するため、自然歯に合わせた色や形が選べるので、よりキレイな仕上がりになるとされています。

すきっ歯と歯の変色は同時に治すには、ラミネートベニアという施術法があります

すきっ歯も歯の変色も、特に前歯だと口を開ければ目立ちやすいものです。

この両方を効率よく一緒に改善するのに、ラミネートベニアという施術法があります。

ラミネートベニアは、歯の表面を0.5㎜程度削って整え、型を採って作った薄い人工歯を表面に貼り付けるという手順で行います。

人工歯には、自分で色や形が選べるセラミックという素材が使われます。

形や色を自分の歯に合わせて作れるので、より自然な仕上がりになるとされています。

歯の変色が、銀歯など金属の詰め物の劣化により、金属が溶けだしたことが原因の場合は、詰め物の除去も行います。

また、濃い色の食べ物による着色や、神経を抜いたことも歯の変色の原因となります。

変色した歯に人工歯を貼り付けることで、歯の色を改善することも可能だとされています。

つまりラミネートベニアでは、すき間を人工歯で埋めて、セラミック素材で歯の変色を塞いで自然な色合いの歯を整えられるので、すきっ歯と歯の変色を一緒に治せるというわけです。

セラミッククラウンでも、すきっ歯と変色は同時に治るとされています


すきっ歯と歯の変色は、セラミッククラウンという施術法でも同時に改善できるとされています。

セラミッククラウンというのは、歯を削って支柱を作り、型どりをしてセラミック製の人工歯を作り、自然歯の支柱に被せて固定し、歯並びを整えるという方法です。

すきっ歯のすき間が広い場合にも対応しやすい施術法であり、セラミック素材を使うことで、周りの歯に合わせて人工歯の形や色を合わせることができます。

そのため、より自然な仕上がりが望めるため、審美性が高いとも言われています。

もちろん、歯の変色についても人工歯を被せることでキレイに改善することが可能だとされています。

また、セラミックは耐久性にも優れており、経年劣化しにくい素材なので長く使えます。

摩耗しにくく、施術を受けることで再び歯が変色する可能性も低いとされています。

部分的な歯並びの改善にも効果的であり、しかも数ヶ月と比較的短期間で施術を完了できるのも大きな特徴の一つだと言えます。

合成樹脂ですき間を埋める、コンポジットレジンという施術法もあります

すきっ歯のすき間が比較的狭い場合はコンポジットレジンという施術法も効果的です。

コンポジットレジンは、ラミネートベニアよりも短期間で施術が完了し、通院回数も1、2回で治せるとされています。

通常は金属製の詰め物などの劣化や、神経処置などを行い歯が変色した際の処置として用いられることが多い施術ですが、虫歯以外の食べ物による歯の変色も、すきっ歯のすき間埋めにも対応できる場合があります。

コンポジットレジンは、歯を削って虫歯の除去などを行い、歯を整えてから歯型を取ります。

そして、レジンという合成樹脂を用いて、歯型通りにすき間部分を埋める詰め物を作り、すき間に装着するという方法です。

レジンの色は種類も豊富で、比較的周りの歯に合わせられるので、コンポジットレジンの詰め物を入れることで、すきっ歯と変色が同時に改善されます。

以前、レジンは経年劣化しやすいとされており、レジンで詰め物をすると歯が変色してしまうケースもゼロではありませんでした。

しかし、耐摩耗剤や無機物を混ぜるなど、材質などの改良が進められた結果、レジンによる破損や変色などの問題もクリアされつつあると言われています。

(まとめ)歯の変色とすきっ歯は同時に治せるの?

1.歯の変色とすきっ歯を一緒に治せる施術法はあります

すきっ歯も黄ばみや黒ずみなどの歯の変色も、見た目に良い印象はもたれにくいでしょう。

この2つを同時に、しかもキレイに治すにはラミネートベニアやセラミッククラウンなどの施術法があります。

2.すきっ歯と歯の変色は同時に治すには、ラミネートベニアという施術法があります

ラミネートベニアは、歯の表面を削って、薄い人工歯を貼り付ける施術法です。

歯のすき間を埋めて、自然な色合いの人工歯で変色部位を覆えるのですきっ歯と変色を同時に改善することができるとされています。

3.セラミッククラウンでも、すきっ歯と変色は同時に治るとされています

セラミッククラウンは、自然歯を削って芯を作り、セラミック素材で作った人工歯を被せるという施術法です。

すき間が広いすきっ歯にも対応でき、歯の変色以外にも歯列を整えるのにも効果的であり、自然な色合い、形に仕上がるので審美性も高いとされています。

4.合成樹脂ですき間を埋める、コンポジットレジンという施術法もあります

軽いすきっ歯なら、通院回数が少ないコンポジットレジンという施術法で、歯の変色も同時に治せるとされています。

レジンという合成樹脂を詰め物として使いますが、材質の改良などにより以前は問題となっていた、破損や変色なども起こりにくくなっています。

1408
Return Top