すきっ歯は放置しておくと進行するの?

すきっ歯は放置しておくと進行する場合もあります


すきっ歯を治さないでそのままにすると、すき間が大きくなったり、新たにすき間ができたりなどして進行してしまうケースもあり得るとされています。

加齢が原因で歯茎が下がったことや、歯周病、長年の頬杖のような癖などが要因として考えられます。

さらに、すきっ歯が出っ歯と共に進行している場合は「フレアーアウト」の可能性もあると言われています。

すきっ歯は、口腔内の環境の変化などが原因で進行すると考えられます

昔は歯と歯のすき間が狭かったのに、気づくとすき間が広がってすきっ歯が進行していたという方も意外と多いものです。

すきっ歯は治さないで放置すると、様々な要因により進行すると考えられます。

ブラッシング不足などによる歯茎の下降や、歯周病などが一要因と考えられます。

歯や歯茎のすき間に食べかすが溜まり、歯垢や歯石となると雑菌が繁殖して歯茎が炎症を起こし、歯周病になって徐々に下がってしまいます。

そうなると歯と歯の間にすき間が生じ、歯茎の下降と共にすき間がどんどん広がってすきっ歯が進行していきます。

また、歯周病により奥歯が抜け落ちてしまうと、歯同士の支えがなくなります。

すると、噛み合わせのバランスが乱れ、歯によってかかる圧力の強さや方向などが変わります。

結果的に歯の根元が動きやすくなり、全体的にすきっ歯となる場合もあるとされています。

そして、子供の頃からの習慣や癖も、すきっ歯を進行させる要因とされています。

頬杖や、無意識で下を前に押し出す癖、睡眠中の歯ぎしりなどが長年続けられることで歯と歯のすき間が広がってしまうと考えられているからです。

すきっ歯と共に出っ歯が進行する「フレアーアウト」の可能性もあります


大人になってから、前歯が外側に向かって放射状に傾いて突出し、さらに歯と歯の間にすき間が生じる、出っ歯とすきっ歯が進行した状態のことを、「フレアーアウト」と言います。

フレアーアウトは、長い時間、歯に外側向きの強い力がかかり続けた結果ゆっくり進行するため、変化に気づきにくいというケースもあります。

フレアーアウトは、歯並びの乱れにより噛み合わせがズレ、特定の歯にのみ強い圧力がかかり続けたことが一要因とされています。

さらに、歯周病により歯茎が後退し、歯を支える歯槽骨という組織が溶けて細くなり、歯が支えを失ってぐらつくという現象が起こります。

その結果、少し噛んだだけでも歯が簡単に移動し、すきっ歯が進行してしまうと考えられます。

また、歯周病や虫歯などで奥歯を失うと、咀嚼の際に前歯にどうしても負荷がかるため、前歯が突出し、その影響ですきっ歯も進行するとされているのです。

奥歯は食べ物の咀嚼に欠かせない歯なので、1本失うだけでも歯列バランスを大きく乱し、口腔内の環境を悪化させてしまうと言われています。

すきっ歯をそのままにすると、体や口腔内の健康を脅かすリスクが高まります

すきっ歯の進行をそのままにしておくと、体や口腔内の健康に悪影響を及ぼす可能性があるとされています。

まず、歯と歯のすき間に食べかすが詰まり、やがて歯垢となることで雑菌が繁殖して、虫歯や歯周病になり歯や歯茎がダメージを受ける場合があります。

さらに、すきっ歯により噛み合わせがズレるため、顎の骨にも負荷がかかって顎関節症を発症したり、悪化すると顎や顔が変形したりするリスクも高まるとされています。

噛み合わせのズレは、顎の骨以外にも肩や首にも負担をかけるので、首や肩のコリ、頭痛などの悩まされる場合もあるとされています。

そして、特に奥歯がすきっ歯になると、咀嚼力が低下し、消化不良を起こして胃腸の調子が悪くなったり、食べ物が飲み込みづらくなったりといった弊害が起こる可能性もあると言われています。

健康面以外にも、歯と歯の間から息が漏れてしまうので、発音が不明瞭になって滑舌も悪くなり、会話しづらい状態に陥るリスクも否定できません。

目立ちにくいから大丈夫とすきっ歯を放置しないで、早めの改善が望ましいと言えます。

(まとめ)すきっ歯は放置しておくと進行するの?

1.すきっ歯は放置しておくと進行する場合もあります

すきっ歯を長年放置すると、すき間の広がりや新たなすきっ歯の発生など進行する場合も考えられます。

すきっ歯の進行は、加齢による歯茎の下降など口腔内の環境の変化や、頬杖をつくなどの癖が関係していると言われています。

2.すきっ歯は、口腔内の環境の変化などが原因で進行すると考えられます

すきっ歯の進行は、すき間に歯垢などがつまり歯茎が下がることや、歯周病による奥歯の欠落で歯が移動することなどが要因とされています。

また、睡眠中の歯ぎしりといった長年の習慣や舌を前に押し出す癖なども原因と考えられています。

3.すきっ歯と共に出っ歯が進行する「フレアーアウト」の可能性もあります

前歯の突出とすきっ歯が同時進行しているなら、「フレアーアウト」の可能性も考えられます。

歯並びの乱れからくる噛み合わせのズレにより、一部の歯に強い圧力をかける事や、歯周病による歯を支える歯槽骨に消失などが要因とされています。

4.すきっ歯をそのままにすると、体や口腔内の健康を脅かすリスクが高まります

すきっ歯を放置すると、すき間に食べかすが詰まって虫歯や歯周病を招いたり、顎に負担がかかって顎関節症になったりするリスクが高まるとされています。

また、肩こりや頭痛、消化不良や嚥下障害といった弊害が生じる場合もあると言われています。

2185
Return Top