結婚式まで間に合うすきっ歯の施術は何があるの?

結婚式に間に合う施術期間の短いすきっ歯の施術ならダイレクトボンディングがあります


結婚式を控えているなら、すきっ歯の改善は早めにした方が良いです。

精神的、審美的な面で問題があるなら改善した方が良いでしょう。

ただ、結婚式に間に合わせるためには、施術期間がポイントになります。

短期間で施術を終わらせられる可能性が高いものに、ダイレクトボンディングや、ラミネートベニアが挙げられるでしょう。

少し時間的に余裕があるのでしたら、セラミッククラウンという施術もあります。

一番長くなる施術は、歯科矯正が挙げられるでしょう。

結婚式を控えている場合すきっ歯の対処は早めにスタートした方が良いです

結婚式を控えていてすきっ歯の改善をしたいなら、早めに対処した方が良いです。

日本だとすきっ歯は「福が逃げる」「金運が逃げる」と言われています。

そのため、結婚式を控えている方は「改善したい」という人も多いでしょう。

しかし欧米ではまた価値観が異なり、「すき間から幸運が舞い込む」とも考えられているのです。

どちらを信じるのも個人の自由とも言えますが、すきっ歯自体が嫌なのでしたら、改善した方が良いでしょう。

女性の場合、すきっ歯だとウエディングドレスを着てもサマにならないと感じる人も多いのではないでしょうか?
すきっ歯に対し、長年コンプレックスを抱いていた方は精神的な面で結婚式に悪影響を与える可能性もあります。

しかし結婚式に間に合わせるためには、改善のためにどれぐらいの時間がかかるのかという問題は無視できません。

この改善までの時間に関しては、すきっ歯の施術で大きく左右されます。

施術の中には1回の通院で済むものから、数年かかるものまであるからです。

特に歯科矯正は歯を徐々に動かしていく施術なので、数日や数週間ですきっ歯が改善される可能性は低いでしょう。

結婚式という制限時間が決まっている場合、すきっ歯を改善するなら短期間で終えられる施術がポイントになるのです。

ダイレクトボンディングなどは施術期間が短くなります


すきっ歯の状態が軽いものなら1回で施術が終わることが多いダイレクトボンディングなども良いでしょう。

ダイレクトボンディングはコンポジットレジンという医療用のプラスチックですき間を埋める施術です。

施術期間が短いことがメリットとしてあり、あまり歯を削らなくても良いと言われている施術となります。

一般的に2~3ミリ程度のすき間ならこのダイレクトボンディングで改善が期待できるのです。

ただし、すき間の大きさがそれ以上になると対応できない場合もあります。

他には、ラミネートベニアという施術も候補に入れても良いでしょう。

ラミネートベニアとは歯の表面を薄く削った後、セラミックを貼り付けることですき間を埋める施術となります。

これも、3ミリ程度のすき間なら充分対応ができると言われている施術です。

3ミリ以上になると貼り付けるセラミックも大きなものとなり、結果、歯が大きく見えることになるので、審美的な面を考えると問題が生じる可能性があります。

しかし、2~3回程度の通院で施術を終えることができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

どちらにしても結婚式を控えていることを担当医に伝え、相談することが大切なのです。

施術期間を長く見積もるならセラミッククラウンなども有効です

すきっ歯のすき間が広いなら、セラミッククラウンという施術もあります。

このセラミッククラウンは、セラミックの被せ物により、歯を削って装着をすることですきっ歯の改善が期待できる施術です。

セラミッククラウンはダイレクトボンディングやラミネートベニアより通院期間が長くなるので注意してください。

1、2本の施術でしたら、平均で2~4回ほどは通院しなければならないと言われています。

そのため、1ヶ月~2ヶ月ぐらい施術期間は余裕を持って見ておく必要があるでしょう。

しかし結婚式は、一般的に前日に行うことを決め1週間以内に行うことができるというものでもありません。

結婚式のことも見越して、なるべく早い段階でセラミッククラウンによる施術を決定する必要があります。

他にも、さまざまな施術法がありますが、中でも一番期間が長くなるのは、歯科矯正と考えられます。

歯科矯正は矯正器具を使用してゆっくりと歯を動かす施術ですから、2年~数年かける必要が出て来ることが考えられるのです。

結婚式のためにすきっ歯を対処したいなら、短期間で終わるダイレクトボンディングやラミネートベニア、長くでもセラミッククラウンが良いと言えます。

どちらにしても早く施術を終わらせられるかどうか、施術前にきちんと担当医に確認をすることが大切でしょう。

(まとめ)結婚式まで間に合うすきっ歯の施術は何があるの?

1.結婚式に間に合う施術期間の短いすきっ歯の施術ならダイレクトボンディングがあります

結婚式まですきっ歯の改善をしたいなら、早めの対処が必要です。

時間的な縛りがあるなら、施術期間がポイントになります。

短期間で終わらせられる施術として、ダイレクトボンディングなどが効果的でしょう。

2.結婚式を控えている場合すきっ歯の対処は早めにスタートした方が良いです

結婚式を控えている場合、すきっ歯はウエディングドレスの見栄えや、コンプレックスが結婚式に影響を与える可能性があります。

改善を行うなら対処は早めにスタートした方が良いです。

制限時間があるなら、どの施術をするかがポイントになります。

3.ダイレクトボンディングなどは施術期間が短くなります

すきっ歯の状態が軽いなら、ダイレクトボンディングが有効と考えられます。

他にラミネートベニアも、比較的、早く施術を終わらせられる施術と言えるでしょう。

ただ、すき間が大きいと対応できない場合もあります。

4.施術期間を長く見積もるならセラミッククラウンなども有効です

すきっ歯のすき間が広いなら、セラミッククラウンという施術もあります。

平均で、2回から4回ほど通院しなければなりませんが、比較的短期間で審美的な問題を解決することが可能になるでしょう。

一番施術期間が長くなるのが、歯科矯正となります。

1478
Return Top