すきっ歯につながる先天性欠損って何?

すきっ歯の原因となる先天性欠損とは歯が通常より少ない状態のことです


すきっ歯の原因のひとつに、歯の先天性欠損があります。

通常の歯の数より少ないというものですから、その結果すきっ歯が生じるのです。

この原因はまだ明確に分かっておらず、可能性としては遺伝などが考えられます。

また、年齢が30以降になるとこの先天性欠損を矯正するのは難しいと言われているのです。

歯が固定されているため、施術に時間がかかり過ぎたり、痛みが生じたりすることが挙げられます。

先天性欠損で生じたすきっ歯については、医療的な施術で改善が期待できるでしょう。

代表的なものとしてダイレクトボンディングや、セラミッククラウンなどがあります。

すきっ歯の原因の一つに歯の先天性欠損があります

歯の先天性欠損というものがすきっ歯の原因になっている場合があります。

この先天性欠損とは、乳歯が抜けても永久歯が生えて来ないという状態です。

そのため通常とは異なる歯の数となりますから、すきっ歯が生じることになると考えられています。

この先天性欠損自体の原因はいまだ詳しく分かっておらず、ある説では、10人に1人という確率で発生するとも言われているのです。

先天性欠損が生じている場合、通常28本前後あるはずの歯が、20~25本と極端に少なくなると言われています。

この先天性欠損はすきっ歯だけではなく、他の歯並びの問題や虫歯になりやすい状態、発音障害など、さまざまな問題の原因になるとも言われています。

ただ、先天性欠損は基本的に年齢が高くなればなるほど、施術が難しくなると言われています。

そのため、早めの施術をした方が良い症状と言えるでしょう。

先天性欠損は大人になると改善が難しいと考えられています


先天性欠損が原因となってすきっ歯になっている場合、子どもの頃から対策をしておいた方が良いでしょう。

なぜならば、年齢が30歳以上になっていると、対応も難しくなってしまうとされているからです。

たとえば、すきっ歯に有効とされている施術として、矯正器具を使用した歯科矯正があります。

中学生から20代ぐらいまでなら矯正器具による歯科矯正での施術が考えられますが、30歳以降になると、歯科矯正では充分な効果が見込めないケースもあります。

なぜ、年齢が高くなればなるほど矯正が難しくなるのでしょうか?
それは、歯が固定されていることが考えられるのです。

子どもだと歯も成長している状態ですから、動きやすく柔軟に対応しやすいことが挙げられます。

しかし大人の場合、矯正器具で動かそうとすると時間がかかるだけではなく痛みが生じることもあるのです。

ただ、先天性欠損におけるすきっ歯なら、歯列矯正とはまた別の施術で対応が可能と考えられています。

まったく改善できる施術がないというわけではありません。

すきっ歯ならラミネートベニアなどが対策として挙げられます

先天性欠損によるすきっ歯で有効と言われている施術として、ラミネートベニアが挙げられます。

ラミネートベニアはすきっ歯が生じている歯を薄く削り、そこにセラミックを貼り付けて、すき間を埋めていく施術です。

歯が少し大きくなる可能性はありますが短時間ですき間を埋められるだけではなく、色についても、天然歯のような美しさを持っているのが大きなメリットと言われています。

また、クリーニングでも改善できないような歯の変色も関係なく、白くすることができると言われているのです。

他にも、コンポジットレジンを用いた施術であるダイレクトボンディングなども有効と言われています。

コンポジットレジンとは医療用のプラスチックのことで、すき間に詰め込むことで、すきっ歯を改善することができると言われている施術です。

メリットとしては、歯をほとんど削る必要がないことが挙げられるでしょう。

また、1日で施術を終わらせることも可能な施術のため、急いでいる人や、あまり歯を削りたくないという人に適した施術と言えます。

あまりに大きなすきっ歯でしたら、セラミッククラウンというセラミックの被せ物を使用する施術も挙げられるでしょう。

このように先天性欠損の問題ですきっ歯になっても複数の施術があります。

改善を求めているのなら、担当医ときちんと相談してどの施術が良いのか検討してみてください。

(まとめ)すきっ歯につながる先天性欠損って何?

1.すきっ歯の原因となる先天性欠損とは歯が通常より少ない状態のことです

すきっ歯の原因のひとつに歯が通常よりも少ない先天性欠損があります。

原因については明確ではないですが可能性として、遺伝が考えられているのです。

すきっ歯については、ダイレクトボンディングなどが有効な施術として期待できるのです。

2.すきっ歯の原因のひとつに歯の先天性欠損があります

すきっ歯の原因のひとつに先天性欠損があります。

原因はまだ明確ではないですが、ある説では10人に1人の確率で起きるとも言われています。

年齢が高くなればなるほど、施術が難しくなるとされているため、なるべく早めの処置が大切と言えるでしょう。

3.先天性欠損は大人になると改善が難しいと考えられています

先天性欠損の矯正は30歳以降になると、対応が難しくなると言われています。

30代以降になると、歯が固定するために、時間がかかりすぎたり、痛みが生じたりすると言われているのです。

4.すきっ歯ならラミネートベニアなどが対策として挙げられます

先天性欠損によるすきっ歯自体は、医療的な施術をすることで改善が期待できます。

たとえば、コンポジットレジンを使用したダイレクトボンディングなども有効と言われているのです。

他にもセラミッククラウンなど、複数の施術があります。

1583
Return Top