すきっ歯で噛み合わせが悪いとどんな問題があるの?

すきっ歯で噛み合わせが悪いと発音障害や虫歯などの原因につながります


すきっ歯は噛み合わせの問題でもあり、その噛み合わせを悪化させる原因にもなります。

他にも歯と歯のすき間から空気が漏れるので、発音障害を引き起こすことも考えられるのです。

すきっ歯のような噛み合わせの問題は日頃の習慣にも注意しなければなりません。

頬杖や、寝相などに注意することで予防ができると考えられています。

ただ、予防してもすきっ歯自体は改善しないです。

ラミネートベニアや、ダイレクトボンディング、セラミッククラウンのなどの医療的施術を行うことで改善が期待できます。

すきっ歯は噛み合わせ以外にもさまざまな問題を生じさせます

すきっ歯は見た目だけではなく、歯の噛み合わせの問題もあるでしょう。

同時に、噛み合わせをより悪化させる原因の一つになると言われています。

歯の噛み合わせが悪いとさまざまな症状を引き起こすと考えられており、たとえばすきっ歯の場合、歯と歯のすき間から空気が漏れることで発音障害の原因の一つになると考えられています。

また、噛み合わせが悪いと食べ物をきちんと噛めないため大きな状態のまま飲み込むことになり、胃腸に大きな負担がかかるというリスクも指摘されているのです。

さらに一番注意しなければならないのは、虫歯や歯周病の原因の一つでもあることでしょう。

歯と歯のすき間に食べかすが入り込むと、歯磨きをしてもなかなか取り除けなくなります。

すると、その食べかすで雑菌が増殖し、虫歯や歯周病につながると言われているのです。

また、噛み合わせが悪くなることは正常とは異なる力が顎にかかる可能性があります。

その結果、顎が変形する原因につながると言われているのです。

このように、すきっ歯で歯の噛み合わせが悪化するのはさまざま症状に対するリスクを高めることになります。

すきっ歯は単純に見た目だけの問題とは言い切れないので、油断は禁物と言えるでしょう。

すきっ歯は日頃の習慣にも注意する必要があります


すきっ歯などの噛み合わせの問題は、日頃の習慣も大いに影響すると考えられています。

そのため、悪化を食い止めたいならこのような悪癖に注意することで、少なくとも後天的なすきっ歯などの噛み合わせの問題に対し予防が期待できるのです。

すきっ歯につながる習慣としては、複数あり、たとえば頬杖が挙げられるでしょう。

頬杖をつくことによって、歯や顎に負担がかかるため、噛み合わせが悪くなると考えられています。

また、噛み合わせだけではなく、姿勢の悪さにもつながり、結果として、全身の骨格にも歪みと言った形で影響が出てさらにそれが噛み合わせの悪化を招くとも言われているのです。

さらに、寝相にも注意をした方が良いでしょう。

仰向けで眠るのが睡眠時には良いという説もあります。

しかしうつ伏せや横向きで眠ると、枕や布団に接している側に負担がかかると考えられているのです。

その寝相を続けることで、顎や歯だけではなく、全身の骨格が歪むと言われているので注意してください。

また、舌で歯の裏側を押す、すき間から舌先を出すような悪癖も、歯が動き、すきっ歯につながる原因の一つと考えられていますので、気をつけましょう。

すきっ歯を改善するには複数の施術が有効です

すでにひどいすきっ歯や噛み合わせの問題があるのなら予防しましょう。

ただ、悪化を食い止めることはできたとしても根本的な改善にはつながりません。

すきっ歯を含めた噛み合わせの問題を改善したいなら、医療的な施術に頼るのも一つの選択肢になりえます。

すきっ歯のすき間を埋めるだけでしたら、ラミネートベニアは手軽で有効な施術の一つと言えるでしょう。

薄く歯を削り、セラミックを貼り付けてすき間を埋めていく施術となります。

また、ダイレクトボンディングなども有効と言われています。

これは歯のすき間を医療用プラスチックによって埋めるという施術です。

ただ、この2つの施術は大きなすき間が開いている場合だと対応できないと言われています。

そうだとしたら、セラミッククラウンなど被せ物による施術の方が良いこともあるでしょう。

また、噛み合わせ全体を改善したいなら歯科矯正なども選択肢に入れてください。

ただ、歯の噛み合わせが歯ではなく、顎骨に原因があるのでしたらセットバックのような外科的な施術が必要となる場合もあります。

お客さまの症状や事情によって、どの施術が良いのか変わりますので、しっかり担当医と相談してください。

(まとめ)すきっ歯で噛み合わせが悪いとどんな問題があるの?

1.すきっ歯で噛み合わせが悪いと発音障害や虫歯などの原因につながります

すきっ歯は噛み合わせの問題で、噛み合わせが悪化する原因にもなります。

他に発音障害なども引き起こすと考えられているのです。

日頃からすきっ歯が悪化する習慣にも注意しましょう。

すきっ歯自体を改善するなら、医療的な施術が期待できます。

2.すきっ歯は噛み合わせ以外にもさまざまな問題を生じさせます

すきっ歯は歯の噛み合わせの問題でもあります。

そのすきっ歯が、歯の噛み合わせ悪化の原因になるとも言われているのです。

他にも発音障害や虫歯にもつながる原因にもなると言われています。

3.すきっ歯は日頃の習慣にも注意する必要があります

すきっ歯のような歯の噛み合わせの問題は日頃の習慣にも注意が必要です。

たとえば、頬杖や、寝相、歯の裏側を舌で押すような悪癖が挙げられます。

このような悪癖に注意することで、予防ができると言われているのです。

4.すきっ歯を改善するには複数の施術が有効です

すきっ歯の改善には医療的な施術が有効と言われています。

たとえばラミネートベニアやダイレクトボンディングやセラミッククラウンが挙げられるでしょう。

ただ、顎骨に原因があるなら、外科的な施術が必要の場合もあります。

821
Return Top