すきっ歯になる割合ってどれぐらいあるの?

すきっ歯の原因のひとつ先天性欠損が起きる割合は10.09%と言われています


すきっ歯の原因のひとつに遺伝性があります。

特に先天的な欠損や過剰歯によるすきっ歯が考えられるのです。

先天性欠損の場合、10.09%、過剰歯では5.1%という割合で生じてしまうとされています。

このような遺伝性の原因は、自分で予防をすることが困難といわれているため、医療的な施術で改善する必要があります。

施術は複数あり、ダイレクトボンディングなどが挙げられるでしょう。

ただ、先天性のものだけではなく、後天性で起きるすきっ歯にも注意する必要があります。

生まれつきすきっ歯になる割合は高いと考えられています

すきっ歯の原因の一つに、遺伝性が考えられています。

遺伝性のすきっ歯とは、遺伝によって生まれつき歯に問題があるためすき間ができている状態と考えられるのです。

たとえば、先天的な欠損や過剰歯によるすきっ歯が挙げられるでしょう。

日本小児歯科学会によると、親不知を除いた永久歯の場合、先天欠損がある割合は、10.09%という話もあります。

さらに、上顎に先天性欠損がある割合は4.37%、下顎は、7.58%という結果でした。

一方、過剰歯では、矯正歯科学会の報告によると5.1%という結果だったのです。

ただ、過剰歯ですと男性は9.3%、女性は2.9%で男性の方が多いことが分かりました。

しかし男女差の割合が異なっている原因はまだ分かっていない部分が多いという状況です。

基本的に、過剰歯は、歯の大きさが小さい、あるいは極端に大きい、形が悪いなどもあるのですが、中には正常な物もあると言われています。

このような遺伝性の問題で生じるすきっ歯は予防が難しいと言えるでしょう。

遺伝性のすきっ歯は予防が難しいので改善には施術が必要です


遺伝性によるすきっ歯は防ぐのが困難と考えられます。

それは自分で予防をすることができないからと言えるでしょう。

対策としては、すでにすきっ歯となっている状態を施術などによって改善することが挙げられます。

すきっ歯の改善が期待できる施術は複数ありますが、手軽なものとしてダイレクトボンディングが挙げられるでしょう。

ダイレクトボンディングは、医療用のプラスチックであるコンポジットレジンを、すきっ歯のすき間に埋め込む施術となります。

また、ラミネートベニアは薄いセラミックを歯に装着することですき間を埋める施術です。

ラミネートベニアは歯を薄く削る必要があり、ダイレクトボンディングはその必要がないと言われています。

また、歯を削っても大丈夫な場合はクラウンという施術も選択肢として挙げられるでしょう。

簡単に言うと被せ物などのことで、すでに歯の神経が無くなっているなどで選ばれることが多い施術です。

さらにセラミッククラウンはセラミックで作られているので、天然歯のように自然な見た目が挙げられます。

セラミッククラウンをつけることですき間を埋めてすきっ歯の改善が期待できるのです。

後天性ですきっ歯になる割合も高いので注意が必要です

すきっ歯の対策を考える上で後天性が原因のものも知っておく必要があります。

すきっ歯は生活習慣における複数の悪癖や歯周病で生じたり、悪化したりする割合が高くなる可能性もあるのです。

歯磨きをきちんと行わなければ、歯周病や虫歯になるリスクが高まり、それがすきっ歯につながります。

歯周病になると、歯を支えている部分の歯槽骨に問題が生じ、歯が動きやすくなるからです。

そのため、歯並びの悪化につながり歯と歯の間にすき間が生じると考えられています。

また、舌で歯の裏側を押すような悪癖は歯に圧力がかかり、動くことにつながると言われているのです。

さらに頬杖なども、顎に大きな負担がかかることで歯並びの悪化につながり、すきっ歯になると考えられています。

また、寝相なども関係しており、うつ伏せで眠る、横向きで眠ると顎に圧力が一方的にかかるため、歯並びに悪影響が出ると言われているのです。

このような悪癖についても、意識し、注意することで、すきっ歯になる割合を低くすることができます。

しかしすでにひどいすきっ歯の場合、やはり医療的な施術によって改善を検討する必要があると言えるでしょう。

(まとめ)すきっ歯になる割合ってどれぐらいあるの?

1.すきっ歯の原因のひとつ先天性欠損が起きる割合は10.09%と言われています

すきっ歯の原因のひとつに遺伝性があり、たとえば歯の先天性欠損の場合、割合は10.09で、過剰歯では5.1%と言われているのです。

すきっ歯の施術は複数あり、ダイレクトボンディングなどがあります。

ただ、後天性の原因もあるので注意が必要です。

2.生まれつきすきっ歯になる割合は高いと考えられています

すきっ歯の原因のひとつに遺伝性が考えられます。

遺伝性で歯の先天性欠損の割合は、10.09%で、過剰歯は5.1%でなると言われているのです。

遺伝性で生じるすきっ歯は、自分での予防が難しいと言えるでしょう。

3.遺伝性のすきっ歯は予防が難しいので改善には施術が必要です

遺伝性のすきっ歯を対策するなら、医療的なアプローチで改善が期待できます。

たとえばダイレクトボンディングやラミネートベニアが施術として挙げられるでしょう。

他にもセラミッククラウンが有効と言われています。

4.後天性ですきっ歯になる割合も高いので注意が必要です

すきっ歯の対策を考える上では後天性のものも知る必要があります。

日常的な生活習慣などで、すきっ歯が生じたり、悪化したりする割合が高くなるからです。

たとえば、歯磨きをきちんと行わない、頬杖、寝相が原因として考えられます。

1284
Return Top