すきっ歯のワイヤー矯正はどの位の期間がかかるの?

すきっ歯のワイヤー矯正は、長期間かかるのが一般的だとされています


矯正器具を用いて、時間をかけて少しずつ歯を動かしてすき間を埋めていくワイヤー矯正もすきっ歯改善の方法のひとつです。

ただ、ワイヤー矯正が完了しすきっ歯が治るまでには、長期間かかるとされています。

最短でも数ヶ月、長い場合は数年にも及ぶのが一般的です。

ただ、すきっ歯の改善法としてはラミネートベニアやインレーなど、短期間で行える施術法もあります。

ワイヤー矯正によるすきっ歯の施術は長期に亘り、費用も高額になるケースが多いとされています

歯の矯正というと、ブランケットという矯正器具を歯に装着して、ワイヤーでつないで引っ張り、歯を動かすことで歯列を整えるワイヤー矯正がよく知られています。

歯を移動させることで、すき間を埋めていくため、すきっ歯を改善するための方法の一つとされています。

ただ、ワイヤー矯正は基本的に完了するまでに長い年月がかかるのが大きなデメリットだと言われています。

すき間の広さなどすきっ歯の程度によって違いますが、前歯のみでも数ヶ月から1年、奥歯や全体的なすきっ歯の場合は数年に及ぶこともあります。

ただ、歯を削ったり抜いたりということもなく、比較的すき間が広くても対応できるというメリットもあります。

しかし、ワイヤー矯正では矯正器具を外せないので、ずっと装着したまま過ごさなければなりません。

食後のブラッシングなどのケアも大変で、器具のすき間に食べかすが挟まることもあり、見た目としても良いとは言えません。

さらに保険適用外で、矯正の中でも比較的高額な医療費がかかるとも言われています。

ラミネートべニアという施術法なら、短期間ですきっ歯の改善ができるとされています


ワイヤー矯正には時間がかかってしまうというデメリットがありますが、それ以外の施術ですきっ歯に効果的なものはあるのでしょうか。

すきっ歯の改善には短期間で完了する、ラミネートベニアという施術があります。

ラミネートベニアは、歯の表面削って、薄い人工の歯を貼り付けるという方法で歯のすき間を埋めていきます。

ちょうど、ネイルチップを爪に貼り付けるようなイメージです。

歯を削る量が少なく、人工歯は周りの歯に合わせて色なども選べるのでより自然な仕上がりになり、審美性も高いとされています。

具体的には、まず初回で歯の表面のエネメル質を0.5㎜程度削り、型どりをします。

2回目で型からセラミックを使って作った人工歯を強力な接着剤でくっつけて、光をあててしっかり固定し、表面を研磨して噛み合わせのチェックをしていくという手順で施術が進みます。

2、3回という少ない通院で済むので効率がよく、施術時は麻酔なども不要なので痛みも少なく、さらに人工歯はセラミック製なので変色しにくいという特徴もあります。

できるだけ手軽に、スピーディーにすきっ歯を改善したい方や、歯を大きく削ったりしたくないという方にも適した施術法だと言えます。

すきっ歯のすき間が狭い場合は、インレーやコンポジットレジンなども施術も行われることもあります

すきっ歯でも比較的歯と歯のすき間が狭い場合は、インレーやコンポジットレジンという施術を使うと、短期間で改善できるとされています。

インレーの中でも劣化しにくく、強度もあるセラミック素材を使うセラミックインレーは、見た目にもきれいで審美性にも優れていると言われています。

歯のすき間の型どりをし、型を元にセラミックインレーを作り、装着するだけととても簡単な施術です。

自然歯にしっかり接着し、透明感のある自然な色合いを保つことができるとされています。

また、コンポジットレジンは合成樹脂と無機物を混合させて白い詰め物を、歯のすき間に埋めてすきっ歯を改善するという方法で、手順はインレーと同様です。

詰め物の色の種類も多いので、自分の歯に合った色を選べたり、歯を削る量を最小限に抑えられたりする上に、医療費もさほどかからないのが特徴です。

ただ、セラミックに比べると耐久性も不安があり、劣化しやすいなどの問題が以前はありました。

しかしそれも材質の改良も進み、問題がクリアされつつあります。

(まとめ)すきっ歯のワイヤー矯正はどの位の期間がかかるの?

1.すきっ歯のワイヤー矯正は、長期間かかるのが一般的だとされています

矯正器具を歯に装着して、ゆっくり歯を移動させることで歯のすき間をなくしていくのがワイヤー矯正です。

ワイヤー矯正ですきっ歯を治すには、長期間かかるケースがほとんどだとされています。

2.ワイヤー矯正によるすきっ歯の施術は長期に亘り、費用も高額になるケースが多いとされています

ワイヤー矯正でのすきっ歯改善は、前歯でも数ヶ月から1年程度、全体的な場合は数年という長期間に亘るのが一般的だとされています。

比較的広いすき間にも対応できるのが、ワイヤー矯正の特徴ですが、費用も高額になるケースが多いとも言われています。

3.ラミネートべニアという施術法なら、短期間ですきっ歯の改善ができるとされています

すきっ歯をワイヤー矯正よりも短期間で行えて、自然な仕上がりになるとされているのがラミネートベニアという施術です。

歯の表面を削り、薄い人工歯を貼り付ける方法で色も選べて、素材もセラミックなので丈夫なのが特徴です。

4.すきっ歯のすき間が狭い場合は、インレーやコンポジットレジンなども施術も行われることもあります

歯と歯のすき間が比較的狭いケースなら、セラミック素材などをすき間に詰めるインレーや、合成樹脂のレジンを使ったコンポジットレジンなどの施術法もあります。

短期間でできて耐久性や見た目の審美性なども、素材の質の向上により改良されつつあります。

2175
Return Top