すきっ歯改善の施術ではリテーナーは必要なの?

すきっ歯をワイヤー矯正で治す場合、リテーナーが使われることがあります


すきっ歯の改善には、矯正器具を長期間に渡り歯に装着して、ゆっくり時間をかけて歯を移動させながら、すき間を塞ぐワイヤー矯正もその施術のひとつです。

ワイヤー矯正では、矯正終了後も歯の根を固定するために、リテーナーという保定装置を数年間装着する必要があるとされています。

もっと短期間でできて、審美性が高いすきっ歯の改善法として、ラミネートベニアという施術が主流になりつつあります。

すきっ歯を治すためのワイヤー矯正では、歯を固定するためにリテーナーが用いられます

すきっ歯を治すためには、いろいろな施術がありますが、歯科矯正もその一つです。

中でも、ブランケットと呼ばれる矯正器具を歯に装着し、ワイヤーで引っ張って時間をかけて歯を動かし、すき間をなくしていくワイヤー矯正が有名です。

このワイヤー矯正は、完了するまでに数年程度かかる場合もあります。

でも歯のすき間が埋まり、矯正器具を外しても歯の根はまだ固定されず、少しの衝撃でも動きやすい状態にあります。

そのため、歯を安定させて正しい位置を保持させるためにリテーナーという保定装置の装着が必要となります。

また、リテーナーはすきっ歯の矯正期間をより短縮する役割を担っているとされています。

矯正器具だけでは、すきっ歯の改善が完了したとは言えず、歯を保定させるためにリテーナーが必要となります。

そのため、リテーナーがなければ、もっと長い期間矯正器具の装着が必要となってしまうからです。

さらに、リテーナーにはすきっ歯の矯正後の噛み合わせを微調整する目的もあるとされています。

リテーナーを装着して実際に食べ物を噛みながら、噛み合わせを整えていくことで、違和感のない、しっかり噛める歯並びに仕上げていけるとされています。

すきっ歯の矯正で使われるリテーナーは、長期間の装着が必要で痛みが生じる場合もあります


リテーナーには、歯の裏に針金で固定するワイヤータイプや、歯全体を覆うマウスピースタイプなどいろいろな種類、形状があります。

取り外し可能なタイプであっても、始めの頃は歯を安定させるために矯正器具と同様に、1日中ずっと装着し続けなければならないとされています。

ただ食事のときは外せるタイプもあるので、矯正中よりは不都合は少ないかもしれません。

歯の状態を見ながら装着時間や間隔を短くしていき、最終的に歯科医の判断で外します。

また、個人差はあるものの、リテーナーは慣れるまで器具が歯や歯茎にあたって痛みが生じることがあるとされています。

さらに、数日間外していると歯が移動してしまい、装着できなくなってしまうと最悪作り直さなければならない場合もあると言われています。

そしてリテーナーは、すきっ歯改善のためのワイヤー矯正で矯正器具を外した後に、歯の根を固定させるために個人差はありますが、1年~3年程の装着が必要だとされています。

つまり、すきっ歯をワイヤー矯正で改善すると、リテーナーの装着の必要もあるので面倒な上に、完了まで長い年月を要してしまう場合がほとんどなのです。

すきっ歯の改善には、短期間でできて痛みも少ないラミネートベニアなどの施術がおすすめです

すきっ歯を治すのに、リテーナーを使うワイヤー矯正よりも短期間で、しかも見た目の仕上がりもきれいなラミネートベニアという施術があります。

ラミネートベニアは、歯の表面を約0.5㎜削り、型どりをして、歯型から作ったネイルチップのような薄い人工歯を強力な接着剤で貼り付けるという方法で行われます。

人工歯はセラミック素材なので、周りの歯に合わせて色が選べるので自然な仕上がりになり、審美性にも優れていると言われています。

さらに、耐久性にも富んでいるので経年劣化しにくく、人工歯にありがちな変色などの心配もほぼないとされています。

しっかり噛み締めても破損しにくく、噛み合わせに違和感が生じにくいのも特徴の一つです。

2、3回の施術で済むので効率的であり、歯を少し削るだけで痛みも少なく、器具の装着などの煩わしさもない点が魅力でもあります。

ただすきっ歯の程度によっては、ラミネートベニアでは対応できないケースもあるので、一度審美歯科で診察を受けることをおすすめします。

(まとめ)すきっ歯改善の施術ではリテーナーは必要なの?

1.すきっ歯をワイヤー矯正で治す場合、リテーナーが使われることがあります

すきっ歯はワイヤー矯正により、歯をゆっくり移動させて改善することができるとされています。

矯正終了後は、歯の根を安定させるために、リテーナーを数年程度装着する必要があるとされています。

2.すきっ歯を治すためのワイヤー矯正では、歯を固定するためにリテーナーが用いられます

すきっ歯をワイヤー矯正で治す場合、矯正器具を外した後、歯の根はまだ動きやすいのでリテーナーを装着して、安定させる必要があります。

また、リテーナーの装着は、矯正器具の装着期間を短縮させる役割もあると言われています。

3.すきっ歯の矯正で使われるリテーナーは、長期間の装着が必要で痛みが生じる場合もあります

リテーナーは一般的に1年~3年程度装着の必要があります。

取り外し可能であっても、初めのうちは長時間装着しなければなりません。

途中で歯や歯茎に痛みが生じる場合もあるとされています。

4.すきっ歯の改善には、短期間でできて痛みも少ないラミネートベニアなどの施術がおすすめです

すきっ歯をリテーナーを必要とするワイヤー矯正よりも短期間で治せる、ラミネートベニアという施術法があります。

審美性も高く、セラミック素材を使うので耐久性にも優れているなどメリットが多いことでも知られています。

1157
Return Top