歯がねじれてすきっ歯だけど改善できるの?

歯のねじれとすきっ歯はセラミック矯正などの施術で改善が期待できます


歯のねじれとすきっ歯を改善するため施術として、セラミック矯正などがあります。

セラミック矯正はセラミッククラウンと呼ばれる被せ物を被せて行う施術で、大きさも調整でき、すきっ歯でできたすき間を埋めることができるのです。

セラミッククラウンは元あった歯を削って装着するので、ねじれた歯にも対応できます。

歯のねじれは遺伝性のものや後天性のものなど、原因にはさまざまなものが考えられています。

また、問題がある歯がひとつあることで、隣り合った歯にも影響が出て、全体の歯並びが悪くなることも原因のひとつとして考えられているのです。

歯のねじれやすきっ歯はセラミッククラウンで改善が期待できます

歯のねじれやすきっ歯を改善する施術の一つに、セラミッククラウンが挙げられます。

このセラミッククラウンは、歯並びの矯正では一般的に行われている施術です。

セラミッククラウンは大きさなども調整できますから、装着することで、すきっ歯のようなすき間を埋めることができると言われています。

歯を全体的に削った後、セラミッククラウンを装着しますから、歯のねじれに対しても有効と言われているのです。

このセラミッククラウンのメリットは複数ありますが、その一つに審美性が挙げられます。

光にあたったとき、天然の歯と同じような輝き・透明度がありますので、施術を行ったことがばれにくいことがメリットの一つとして挙げられるでしょう。

特にセラミッククラウンの中でも、土台を含めてすべてセラミックで作られるオールセラミックであれば、歯茎が変色したり、金属アレルギーを起こしてしまったりするリスクも少ないと考えられています。

硬度もきちんとありますが、硬すぎることもないと言われており、噛み合う天然の歯に負担をかけないこともメリットの一つとして挙げられるでしょう。

このようにセラミッククラウンは、歯のねじれや、すきっ歯を一度に解決できる可能性が期待できる施術と言えるのです。

歯列矯正も有効とされていますがデメリットもあります


セラミッククラウン以外にも、歯のねじれやすきっ歯の改善が期待できる施術が複数あります。

たとえば、歯列矯正が施術の一つとして挙げられるでしょう。

歯列矯正もセラミッククラウンと同じように、歯並びの悪さによる問題を改善するための一般的な施術と言われています。

天然の歯を削りたくないと考える方は、選択肢にしても良いでしょう。

ただ、歯列矯正は、歯は動くことに着目し、矯正器具で徐々に動かし歯並びを改善していくという施術です。

矯正器具を使用することで、施術中はどうしても審美的な面やわずらわしさを感じることになるでしょう。

さらに、セラミッククラウンを使った施術に比べて、その期間が長くなることがデメリットとして考えられますが、それでも天然の歯を残したいという場合には、有効な施術と考えられているのです。

もちろん、すきっ歯や歯のねじれなどにも改善が期待できます。

すきっ歯や歯のねじれに関しては、放置していると食べかすがすき間に入りやすく虫歯や歯周病になりやすくなることが、リスクとして指摘されています。

また、すきっ歯などは、空気がすき間から漏れることで、発音障害が生じるとも言われているのです。

すきっ歯も歯のねじれも早期に解決させておくことが大切と言えるでしょう。

歯のねじれとすきっ歯が同時に起きている場合もあります

すきっ歯と歯のねじれの原因が同じことも珍しくないと言われています。

歯のねじれは捻転歯とも呼ばれており、遺伝性や後天性のものが考えられているのです。

たとえば、歯が大きいのに顎が小さい場合だと、スペースの問題が生じ、強引に生えることで、歯のねじれが生じると言われているのです。

さらに過剰歯と言い、前歯の中央に余分な歯が出て来る場合もあります。

また、生えて来るべき歯が生えて来ない場合、すき間から強引に生えてねじれることもあると考えられているのです。

さらに、上唇の裏側に歯茎と結ばれた上唇小帯と呼ばれる筋があり、永久歯が生える頃になっても低い位置になると、歯がねじれる場合もあると言われているのです。

問題がある歯が一つあるだけでも、隣り合った歯にも影響が出て、それが連鎖し歯並び全体が悪くなることも考えられています。

実は歯がねじれる原因は、同時に、すきっ歯が生じる原因と被る所が多々あると考えられます。

また、すきっ歯は、舌で歯の裏を押す、寝相、頬杖と言った複数の後天的な原因によって生じるとも考えられているのです。

後天性の場合もあるので、予防も大切ですが、すでにすきっ歯や歯のねじれがあるのでしたら、医療的な施術で早めに改善をすると良いでしょう。

(まとめ)歯がねじれてすきっ歯だけど改善できるの?

1.歯のねじれとすきっ歯はセラミック矯正などの施術で改善が期待できます

歯のねじれやすきっ歯の改善が期待できる施術として、セラミッククラウンなどが挙げられるでしょう。

この2つの問題は原因が同じであることも多く、遺伝性と後天性が考えられます

2.歯のねじれやすきっ歯はセラミッククラウンで改善が期待できます

歯のねじれやすきっ歯はセラミッククラウンで改善が期待できます。

セラミッククラウンは、歯を削り、セラミックでできた被せ物を装着するという施術です。

メリットは、天然の歯のような輝きなどが挙げられるでしょう。

3.歯列矯正も有効とされていますがデメリットもあります

セラミッククラウン以外にも、歯列矯正が施術のひとつとして挙げられます。

天然の歯を削らずに、矯正器具を使用して徐々に動かしていく施術です。

ただ、施術期間が長くなるという点や、審美的な問題があるため、注意が必要でしょう。

4.歯のねじれとすきっ歯が同時に起きている場合もあります

すきっ歯と歯のねじれは原因が同じことも珍しくないと言われています。

お互いに、先天性と後天性が原因のひとつとして考えられているのです。

日頃から予防をするのは大切ですが、すでに悩んでいるなら医療的な施術で早めに改善した方が良いでしょう。

1146
Return Top