すきっ歯でストレスは生じるの?

すきっ歯の見た目や間接的な症状でストレスが生まれます


すきっ歯はストレスを生じさせます。

たとえば、歯磨きをしていなければ、食べかすが残り、虫歯につながると言われているのです。

また、発音障害なども生じると言われています。

すきっ歯の原因には遺伝的、後天的など複数のものがあると言われており、上唇小帯という口内の筋の位置なども原因になると言われているのです。

このようなすきっ歯は、ダイレクトボンディングやラミネートベニアなどが改善できると言われています。

すきっ歯を放置するとストレスや多くの症状が生まれます

すきっ歯を放置することで見た目だけではなく、他の症状が引き起こされストレスにつながる可能性も指摘されています。

きちんと歯磨きをしていなければ、そのすき間に食べかすが残って虫歯や歯周病につながるとも言われているのです。

特に普通の歯磨きではきちんと取れず、デンタルフロスが必要な場合も出て来ると言われています。

また、発音障害には注意しなければなりません。

歯と歯の間にすき間があると、すき間から空気が漏れることによって、特に、さ行やた行をきちんと発音できなくなる場合があると考えられています。

さらに、すきっ歯になると上下の噛み合わせにも悪影響が出るため、歯並びが悪くなることも指摘されているのです。

他にも、食べ物をきちんと噛み砕けないため、食べ物が大きな状態で胃の中に入りますから、胃腸に負担がかかることもリスクの一つとして挙げられます。

このようにすきっ歯から生じる症状が、ストレスにつながるとも言われているのです。

そのためすきっ歯は、なるべく早期に改善した方が良いと言えるでしょう。

医療的な施術は複数ありますから、どれが適切なのか医師と相談し改善を目指してください。

ストレスを生むすきっ歯の原因はたくさんあります


そもそも、すきっ歯はどのような原因で生じるのかご存知でしょうか?
すきっ歯が生じるのは、遺伝による先天的なものや、後天的なものが原因だと考えられているのです。

つまり、すきっ歯には複数の原因があると考えられるでしょう。

まず、先天的な原因としては、生まれつきの歯の数などが挙げられます。

通常とは異なる歯の数によってすき間が生まれることで、すきっ歯が生じると言われているのです。

ただ、歯の数は多くても少なくても、すきっ歯が生じると言われています。

きちんと歯が生えたとしても、小さい、あるいは形が悪いことによって歯と歯の間にすき間が生まれることも原因の一つとして考えられるでしょう。

さらに、上唇小帯という歯茎と上唇をつなぐ筋の形が、通常とは異なり、太い、長い場合も、すきっ歯につながると考えられています。

ただ、生活の中で生じるすきっ歯もあるのです。

これがいわゆる後天性の原因によるもので、頬杖や、歯の裏を舌で押す、すき間に舌先を入れるなど、さまざまなものがあります。

これらの癖により、後天的にすきっ歯になってしまうと考えられているのです。

施術にはダイレクトボンディングやラミネートベニアなどがあります

すきっ歯でストレスが生じるのでしたら、医療的な施術を活用して改善を行う必要があるでしょう。

改善が期待できる施術としては、ダイレクトボンディング、ラミネートべニア、セラミッククラウンなど複数のものがあります。

ダイレクトボンディングとは、歯と歯のすき間に、コンポレットレジンという医療用のプラスチックを使用して埋めていく施術です。

歯を削る必要もなく、審美的な面でもメリットはあります。

ただ、医師の技術によって差が出るとも言われているため、施術経験の多いクリニックなどであれば安心でしょう。

また、ラミネートベニア法は、セラミック素材を歯に貼り付けてすき間を埋める施術です。

特にすき間が小さいすきっ歯に良いとされています。

削る量も非常に少なく、施術期間も、2~3回程度で終わることが多いです。

セラミッククラウンという施術は、セラミックでできた被せ物や差し歯を使用して、すき間を埋めていくという施術です。

被せ物をするため、どうしても元あった歯を削る量は多くなってしまいますが、大きさや色など柔軟に対応することもできます。

そのため、審美的な面でメリットが多いと言われている施術でもあるのです。

このように、すきっ歯でストレスが生じている場合に効果的な施術はいくつもあります。

それぞれ症状にあった施術で対応することによって、改善が期待できるでしょう。

(まとめ)すきっ歯でストレスは生じるの?

1.すきっ歯の見た目や間接的な症状でストレスが生まれます

すきっ歯は虫歯になりやすいことや、発音障害などがストレスにつながります。

すきっ歯の原因は先天的なもの、後天的なものなどがあるとされており、ダイレクトボンディングなどの施術で改善が期待できるでしょう。

2.すきっ歯を放置するとストレスや多くの症状が生まれます

すきっ歯を放置すると他の症状が引き起こされる可能性があります。

虫歯や発音症状などが引き起こされることが考えられるのです。

このような症状が間接的にストレスへとつながります。

3.ストレスを生むすきっ歯の原因はたくさんあります

すきっ歯の原因は遺伝的、後天的なものが挙げられます。

歯の数の大小や、上唇小帯という口内の筋の形や位置が原因となって引き起こされると言われているのです。

他にも日常的な悪癖がすきっ歯につながると言われています。

4.施術にはダイレクトボンディングやラミネートベニアなどがあります

すきっ歯でストレスが生じるなら、改善をしなければなりません。

施術方法は複数あり、たとえばダイレクトボンディングやラミネートべニアなどが挙げられます。

他にもセラミッククラウンと呼ばれる施術も有効と言われているのです。

922
Return Top