すきっ歯の施術にあるセラミッククラウンって何?

セラミッククラウンはセラミック製の被せ物で、すきっ歯のすき間を埋めることができます


セラミッククラウンは、セラミックという素材を使用した被せ物です。

歯を削り、そこにセラミッククラウンを装着することによって、歯のすき間を埋めていくのです。

すきっ歯の原因は生まれつきや、後天性の悪癖などがあるとされており、たとえば頬杖なども後天的な原因のひとつだと考えられているのです。

先天性のすきっ歯には医療的なアプローチが必要ですが、後天性の問題に対しては、日頃から悪癖を注意することで予防をすることができます。

すきっ歯を改善する施術の一つにセラミッククラウンなどがあります

すきっ歯を解決するための施術には複数のものがあり、その中でも、セラミッククラウンは改善が期待できると言われているのです。

このセラミッククラウンは、セラミックという素材を使用した被せ物をイメージすれば良いでしょう。

歯を削り、そこにセラミッククラウンを装着することで、歯のすき間を埋めていく施術となります。

セラミッククラウンの中でも、根元の土台部分まですべてセラミックで作られているオールセラミックは、歯茎の変色や金属アレルギーのリスクがないとされているのです。

大きさや色などを他の歯に合わせられる柔軟性があり、汚れもつきづらいと考えられています。

施術期間も2週間程度で終わらせられるのが一般的であり、急いですきっ歯を改善したい人や普段の生活が忙しいという人にも適していると言えるでしょう。

前歯は口を開くと最も見えやすい部分です。

そのため、色や大きさを柔軟に対応できるセラミッククラウンは審美的な面でもメリットが多いと言えるでしょう。

すきっ歯だけではなく歯の傾きなどの改善にも使われているので、検討する価値は充分にあると言えます。

すきっ歯の原因は歯の数や悪癖が関係しています


すきっ歯が生じる原因の一つとして、生まれつきの問題が考えられます。

たとえば、生まれつき歯が小さい場合、あるいは生えてくる予定の歯が生えてこなければそこにすき間ができてすきっ歯が生じると考えられています。

他にも、上唇から歯茎をつなぐ上唇小帯という筋があり、長い、太い、位置などの問題ですきっ歯が生じるとも言われているのです。

ただ、すきっ歯になるのは生まれつきの原因だけではなく、後天性の要因も考えられています。

すきっ歯につながる後天的な原因の代表例が頬杖でしょう。

頬杖をつくことによって圧力がかかり、骨格にも影響を与えると考えられています。

そのため、歯並びの問題にもつながり、噛み合わせが悪くなるため、すきっ歯になってしまうと言われているのです。

ただ、噛み合わせばかりではなく、全身の骨格にも影響を与えるため、肩こりや頭痛などにもつながると言われています。

これは頬杖だけではなく、寝相でも起きうることと言われているのです。

また、代表的な後天性のすきっ歯の原因が、悪い舌癖です。

食事をする際、あるいは日常的に前歯を舌で押し付けていると、それが圧力となって歯が動くと考えられています。

前歯を押しているとそこにすき間が生じ、すきっ歯になると考えられているのです。

頬杖や舌の癖などに注意することが予防につながります

すきっ歯の原因を考えていくと、日頃から予防をすることは不可能ではないと言われています。

生まれつきの原因でしたら、自分ではどうしようもありませんが、頬杖などは自覚をして注意をすることで、すきっ歯の悪化を予防することができると言われているのです。

たとえば、考え事をしているときやぼんやりしているとき、頬杖をついているようなら癖になっている可能性があるので注意してください。

頬杖以外にも、うつ伏せや横向きといった寝相には注意が必要です。

睡眠に適した寝相としては、仰向けが良いと考えられています。

うつ伏せや横向きですと、顎や首に対し過剰な負担がかかりますので、歯並びだけではなく、全身の骨格に影響を与えて歪むと言われているのです。

前歯を押す舌の癖にも注意してください。

食事中、自分の舌が何処にあるのか意識してみましょう。

前歯などに自分の舌をつけ食べ物を飲み込もうとしているなら、舌癖が原因となっている可能性も無視できないからです。

これも無意識でやってしまうことですから、自覚し、意識して止めるように注意してください。

ただ、予防をしてもすきっ歯自体が自然に改善することは期待できないとも言われています。

その場合、セラミッククラウンなどの医療的な施術により改善を行ってみても良いでしょう。

(まとめ)すきっ歯の施術にあるセラミッククラウンって何?

1.セラミッククラウンはセラミック製の被せ物で、すきっ歯のすき間を埋めることができます

すきっ歯はセラミック素材を使用した被せ物であるセラミッククラウンで改善が期待できます。

すきっ歯の原因は生まれつき、後天性の悪癖などが挙げられます。

後天性のすきっ歯であれば、注意することで予防ができます。

2.すきっ歯を改善する施術のひとつにセラミッククラウンなどがあります

すきっ歯を改善する施術のひとつにセラミッククラウンがあります。

セラミックという素材を使用した被せものをすることで施術を行います。

大きさや色なども柔軟に対応でき、施術期間が短いという点もメリットのひとつです。

3.すきっ歯の原因は歯の数や悪癖が関係しています

すきっ歯の原因は生まれつきのものや後天性のものが考えられます。

生まれつきの場合は、歯の大小や、上唇小帯という筋があると言われているのです。

他にも、日常の悪癖が後天的に骨格へ影響することが原因として考えられています。

4.頬杖や舌の癖などに注意することが予防につながります

すきっ歯の原因を知れば、少なくとも後天性の問題は予防することができます。

頬杖や寝相、前歯を舌で押すような悪癖には気をつけましょう。

それらの対策が効果的でない場合は、セラミッククラウンなどのような医療的施術を検討することもおすすめします。

1052
Return Top