すきっ歯をくっつけるためにはどうすればいい?

すきっ歯をくっつける施術としてラミネートベニアなどがあります


すきっ歯は生まれつきや悪癖などで生じ、悪化もします。

特に後天性のものは、頬杖や寝相によっても、悪化すると考えられているのです。

すきっ歯が開いてしまうなどした場合、ラミネートベニアやセラミッククラウンなどが施術として挙げられます。

すきっ歯のすき間をくっつけるために、自力で力を加えたりしてはいけません。

噛み合わせや、他の歯の健康状態にも影響が出て来るので注意してください。

ラミネートベニアやセラミッククラウンという施術があります

すきっ歯を改善する施術の一つとして、ラミネートベニアがあります。

このラミネートベニアは、歯の表面を薄く削り、ネイルチップのような薄いセラミックを表面に貼り付けることで、歯のすき間を埋めていく施術です。

歯を薄く削るというだけの作業なので、それほど大きな施術にはなりません。

手軽にできる施術というだけではなく、歯の色や形などの審美的な面からも期待できる施術と考えられています。

また、セラミッククラウンもすきっ歯の施術の一つとして挙げられるでしょう。

セラミッククラウンはセラミックの被せ物、あるいは差し歯を被せることで、すき間を埋めるという施術です。

過去、虫歯などの施術ですでに詰め物をしていたり、歯の神経が無かったりする場合などに有効と言われています。

セラミッククラウンは、寿命も長いと考えられていますし、さらに、セラミックと歯をくっつける接着剤も歯への馴染みが良いので、すきっ歯の施術として効果的と考えられているのです。

通常の歯のような色で仕上げることができる施術のため、審美的な面でもメリットが多い施術と言えるでしょう。

すきっ歯の原因は生まれつきや悪癖が挙げられます


すきっ歯を治す施術はラミネートべニアやセラミッククラウンなどがあります。

しかしそれよりもまずは、すきっ歯ができる原因を知り、予防ができるように勤めることも肝心です。

すきっ歯ができる原因は一つではなく複数あり、生まれつきのものから後天性のものまでさまざまです。

たとえば、生まれつきの場合ですと、歯の数が通常より少ない、あるいは多いことが挙げられます。

また、歯の大小も原因となって、すき間が生じると考えられているのです。

このように、生まれつきの問題に関しては自分で予防をしようがないと言えるでしょう。

一方、後天性の場合は、日常生活のちょっとした癖が原因の一つになっていると考えられています。

たとえば、頬杖をつく、寝相によって顎の骨格に歪みが生じることで歯にも影響が出てすきっ歯が生じるとされているのです。

また、舌で歯の裏を押すような癖なども圧力により歯が動いてしまうため、すきっ歯につながると考えられています。

このような後天性の問題に関しては、自分の悪癖を自覚し、意識して気をつけることで予防ができるでしょう。

他にも、歯磨きをきちんと行わないことで虫歯や歯周病になり、そこからすきっ歯につながるとも考えられています。

特に歯周病は、歯茎の後退につながるとも言われているので注意してください。

ただ、歯茎の後退に関しては加齢の影響もあると考えられています。

それでも、歯磨きを丁寧に行っていれば、ある程度予防ができると言われていますので、口内のケアはきちんと行うことが大切だと言えるでしょう。

すきっ歯のすき間を自力でくっつけようとしては駄目です

すきっ歯のすき間を、自力で動かしてくっつけようとする人も居ます。

指以外にも一般的な輪ゴムなどを使用してくっつけようとする人も居るのですが、マネをしてはいけません。

なぜならば、強引に歯と歯のすき間を埋められたとしても、また違うトラブルが生じる可能性が指摘されているのです。

たとえば、力ずくで歯を動かした結果、歯に負担がかかりすぎてしまい、折れる可能性があります。

また、一般的なゴムなどを使用してくっつけようとすると、歯茎に食い込み、歯周病などにつながった例もあるのです。

さらに、健康な他の歯がダメージを受ける場合もあります。

すきっ歯のような歯並びの問題は、他の歯とのバランスを考えなければならないからです。

また、顎骨の状態もきちんと理解して改善する必要もあります。

そのため、自力で無理やり歯と歯をくっつけようとするのは止めた方が良いのです。

下手をすれば、経済的、健康面からも最初から普通に施術をした方が良かったという、残念な結果になってしまいます。

すきっ歯のすき間をしっかりと埋めたいのであれば、専門知識を持った医師にきちんと相談し、適切な施術をすることが大切なのです。

(まとめ)すきっ歯をくっつけるためにはどうすればいい?

1.すきっ歯をくっつける施術としてラミネートベニアなどがあります

すきっ歯にはさまざまな原因があります。

期待できる改善のための施術に、セラミックをくっつけるだけのラミネートベニアやセラミッククラウンがあります。

自力ですき間をくっつけようとすると思わぬトラブルを引き起こすので注意してください。

2.ラミネートベニアやセラミッククラウンという施術があります

すきっ歯を改善する施術としては、ラミネートベニアなどが挙げられます。

セラミッククラウンもセラミックの被せ物をすることで改善が期待できます。

どちらも、審美的な面で改善が期待できる施術であり、すき間をくっつけるためには効果的だとされています。

3.すきっ歯の原因は生まれつきや悪癖が挙げられます

すきっ歯には先天性のものと後天性の原因が考えられます。

先天性は生まれつき、後天性のものは日常生活の悪癖が関係すると考えられているのです。

歯周病などもすきっ歯の原因となると言われています。

4.すきっ歯のすき間を自力でくっつけようとしては駄目です

歯に指や輪ゴムなどで負荷をかけ、自力で強引に歯をくっつけることは良くありません。

歯が折れたり、歯の噛み合わせ全体に影響が出てしまったりすることがあるからです。

しっかりとすき間をくっつけたいのであれば、適切で医療的な施術をする必要があります。

1583
Return Top