すきっ歯を1日で治すのは可能なの?

すきっ歯を1日で治す施術としてダイレクトボンディングが有効と言われています


ダイレクトボンディングという施術は、すきっ歯のすき間を医療用プラスチックで埋めていく方法です。

一般的に1日で施術が終わることも多く、その他にもたくさんのメリットがあります。

すきっ歯の原因は、生まれつきの問題や、後天的な要因、日頃の生活習慣が考えられています。

そのような原因でなったすきっ歯もダイレクトボンディングを活用して、1日で治すことができる場合があるのです。

ダイレクトボンディングの流れは、一般的に、歯の表面をきれいにし、接着剤をつけ、すき間に医療用のプラスチックを詰めて、光を当てて固めるというものです。

すきっ歯になってしまう原因にはさまざまなものがあります

そもそもすきっ歯はどうしてなってしまうのでしょうか?
まず、考えられる原因の一つとして生まれつきの問題があると言われています。

生まれつき歯の本数が少ないと、生えて来るべき部分にすき間が生じていると考えられているのです。

歯が少ないだけではなく、通常より小さい場合も、すきっ歯の原因の一つとして考えられます。

また、過剰歯も考えられる原因の一つです。

歯と歯の間に過剰な歯が埋まっている場合があり、それが邪魔となって大人の歯が正しく生えて来ないため、すきっ歯になると言われています。

他にも、前歯の真ん中から唇までに続いている小帯というひだの位置が通常とは異なる位置にあることも原因の一つとして考えられているのです。

一方、生まれつきの原因だけではなく後天的な要因も指摘されています。

たとえば、歯の裏側を舌で押すような癖を持っている場合、歯が動いてしまうので、すきっ歯になると言われています。

また、日頃から行っている頬杖や、うつ伏せ、横向きに寝るような寝相なども、原因として考えられているのです。

このように、すきっ歯は複数の原因によって生じると考えられています。

ダイレクトボンディングは歯のすき間にプラスチックを詰めるという施術です


すきっ歯を1日で改善する施術として、ダイレクトボンディングが有効な施術の一つと言われています。

ダイレクトボンディングとは、すきっ歯のすき間に歯科用のプラスチックを直接詰め込み、改善を目指す施術の一つです。

前歯のすきっ歯だけではなく、虫歯の施術にも使用されることがあります。

大きなメリットとしては、一般的に1日で施術が終わることが多いというものです。

そのため、すぐにすきっ歯を改善したい人、なかなか医療機関へ行けないという忙しい人にとっては良いと言えるでしょう。

また、前歯は奥歯と違い口を開けると良く見えてしまう歯の一つ言えます。

ダイレクトボンディングは、歯の色に似ている材料を使っているので施術を行っても、自然な歯に近いと言われているのです。

他にも、歯を削る部分を少なくできるとされているので、天然の歯にこだわりたいという人にも良いと言えます。

そのため、審美的な面を気にしている人にもおすすめでしょう。

詰めるものも金属ではないですから、金属アレルギーのリスクがないとされています。

金属の被せ物の場合、金属の影響で歯茎の変色が生じる場合もあるとされているのですが、その点ダイレクトボンディングは金属ではないので、歯茎の変色リスクを気にする人にも良いでしょう。

このように、ダイレクトボンディングは1日で施術ができるだけではなく、複数のメリットがあるのです。

ダイレクトボンディングの流れについて解説します

一般的なダイレクトボンディングはどのような施術の流れとなっているのでしょうか。

まず、歯の表面をきれいにする必要があります。

歯周病があって歯茎が腫れていると、施術中に血が出て使用している医療用プラスチックに血がつく可能性も出て来るからです。

また、汚れていると歯にきちんと接着されない場合もあるので、施術前に歯の汚れだけではなく、歯の腫れを改善する施術が行われる場合もあります。

歯の表面をきれいにした後、特殊な接着剤を塗り、医療用プラスチックを詰めて形を整えていくのです。

詰めた後には、元あった歯と医療用プラスチックの段差も調整して、馴染ませていきます。

医療用プラスチックは光をあてると固まる特性があるのも覚えておきましょう。

最終的に、医療用プラスチックの形や色を微調整してから磨いて美しく仕上げます。

一般的に、ダイレクトボンディングはこのような流れの施術になることが多いと言われています。

1日で終わらせることができるだけではなく、すきっ歯で生じる虫歯や歯周病などの問題も改善が期待できる施術の一つと言えるでしょう。

(まとめ)すきっ歯を1日で治すのは可能なの?

1.すきっ歯を1日で治す施術としてダイレクトボンディングが有効と言われています

すきっ歯の原因は生まれつきや後天的な原因が考えられます。

そのようなすきっ歯もダイレクトボンディングという施術で、1日で改善することが期待できるのです。

ダイレクトボンディングは、歯のすき間に医療用プラスチックを詰めるという施術です。

2.すきっ歯になってしまう原因にはさまざまなものがあります

すきっ歯の原因は生まれつきと後天性があると言われています。

生まれつきの場合は、歯の数が少ない、あるいは大きいなどが考えられる原因のひとつです。

後天的な原因は生活習慣や悪癖が挙げられます。

3.ダイレクトボンディングは歯のすき間にプラスチックを詰めるという施術です

ダイレクトボンディングは、すきっ歯のすき間に歯科用のプラスチックを埋めて改善を目指す施術です。

1日で施術を終わることが多いのは大きなメリットになっています。

歯を削らなくても良く、金属アレルギーのリスクもないとされているのです。

4.ダイレクトボンディングの流れについて解説します

ダイレクトボンディングの流れですが、まず歯の表面をきれいにし、接着剤をつけて、歯と歯の間に医療用のプラスチックを埋めることが一般的です。

それから形や段差を整えて、光をあてて、医療用プラスチックを固めます。

2162
Return Top