湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

すきっ歯の施術にあるブリッジって何なの?

すきっ歯の施術であるブリッジは人口の歯を入れる施術です


すきっ歯になる原因はさまざまなものがあり、遺伝や後天的な問題によるものが挙げられるでしょう。

このすきっ歯の改善が期待できる施術としてブリッジがあります。

ブリッジは歯のない部分に、人口の歯を取り付けるという施術で、あまり違和感がない・嚙み砕く力が大きいという部分が特徴的でしょう。

ブリッジに使われる素材も複数あり、それぞれメリットがあると言われています。

すきっ歯の改善が期待できるブリッジという施術があります

すきっ歯を改善する施術の一つに、ブリッジがあります。

すきっ歯は見た目の問題だけではなく、さまざまな口内トラブルを引き起こすと言われている状態であり、ブリッジが有効な施術の一つとして考えられているのです。

では、そのすきっ歯になる原因はどんなものがあるのでしょうか?

原因として考えられているのが、遺伝や後天的な要因です。

遺伝が原因となっている場合では、通常ある筈の歯が不足していたり、何かしらの要因によって顎骨の中に歯が埋まったままだったりするなどがあります。

他の歯が正常に生えてもすき間ができるため、すきっ歯になると考えられているのです。

一方、後天的な原因は頬杖や舌で前歯を押すような悪癖が考えられています。

頬杖をすることで、特定の部分に偏った圧力を与えるので骨格に歪みが生じると考えられているのです。

また、舌で前歯を押すような癖も歯に対し継続的に負担をかけるため、徐々に動いてしまいすき間ができると考えられています。

他にも、うつ伏せや横向けに眠るような人も顎に圧力がかかるため、歯並びに影響が出ると言われているのです。

ブリッジは違和感が少ないのが大きなメリットと言われています


ブリッジは橋をかけるような施術と言われることもあります。

歯のない部分の左右に生えた歯を支柱にし、何もないすき間部分に人口の歯を入れるという施術だからです。

ブリッジは義歯を固定することで違和感が少ないと言われています。

日常生活を送る上で違和感を覚えながら食事などをするのは、ストレスが溜まりますが、ブリッジなら、そのリスクを回避できる可能性があるのです。

ただ、ブリッジで注意しなければならないのは、両隣の歯を削る必要が出て来ることでしょう。

そのため支柱となっている健康的な歯への負担が大きいという指摘もあります。

しかし、入れ歯のような違和感が生じないため、自分の歯で噛んでいるような感じがあるのは大きなメリットです。

他にも、物を噛み砕けく力も強いのも大きなメリットと言えるでしょう。

また、審美的な面でも自然な歯のような感じがあり、ブリッジをしていることがばれにくいとも言われています。

さらに、通院する回数や時間も比較的少なくて済むことが多いですし、使われている素材など、条件次第では保険が適用されることがメリットの一つとして考えられるのです。

ブリッジに使われる素材やタイプは複数あります

ブリッジに使われる素材やタイプは一つだけではなく複数あります。

それぞれにメリットやデメリットもありますから、きちんと医師と相談し、自分に適したものを選ぶと良いでしょう。

どんな素材があるのかと言うと、たとえば、セラミックが挙げられます。

セラミックの中でも、オールセラミックは色が白く、金属を使っていないので審美的な面で見ると非常に優秀な素材として使われているのです。

他の素材の場合、変色リスクがある物も存在していますが、オールセラミックではその心配が少ないと言われています。

ただ、奥歯などの場合は負担が大きく、向かないとも言われているため、注意が必要でしょう。

他にも、セラミックにレジンを配合しているハイブリッドセラミックなどがあります。

また、メタルボンドという素材は、金属のフレームを使用した比較的、強度が優れていると言われることが多いです。

金合金やプラチナ合金を使用したものもあります。

強度もありますが天然歯と異なり色がついているため、金色などですと目立つと言われているのです。

このように素材にはさまざまなものがありますので、どれが良いのか、信頼する医師と相談の上検討してみると良いでしょう。

(まとめ)すきっ歯の施術にあるブリッジって何なの?

1.すきっ歯の施術であるブリッジは人口の歯を入れる施術です
すきっ歯になる原因は遺伝性や後天性などさまざまあり、それを改善する施術のひとつとしてブリッジが挙げられます。

ブリッジのメリットは違和感があまりなく、噛み砕く力も大きいことです。

使われる素材も複数あります。

2.すきっ歯の改善が期待できるブリッジという施術があります

すきっ歯を改善する施術のひとつにブリッジがあります。

すきっ歯の原因は遺伝や後天的な要因が考えられています。

たとえば歯が数の異常や悪癖が原因のひとつとして考えられているのです。

3.ブリッジは違和感が少ないのが大きなメリットと言われています

ブリッジのメリットは違和感が少ないことが挙げられます。

歯のない部分に人口歯をつけて、すき間を埋めていく施術です。

物を噛み砕く力も強く、審美的な面でもメリットがあります。

4.ブリッジに使われる素材やタイプは複数あります

ブリッジに使われる素材も複数あり、たとえばセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンドなどがあります。

どの素材でどういった施術が向いているのかなどは、専門の医師としっかり相談して決めていくようにすると良いでしょう。

1562
Return Top