すきっ歯が悪化する原因や施術って何があるの?

すきっ歯が悪化するのは歯茎の後退や悪癖があり、複数ある施術で改善が期待できます


すきっ歯が悪化する原因は複数あります。

たとえば歯周病や虫歯などで歯茎が後退することが原因のひとつとして考えられているのです。

予防法としては、日頃からきちんと歯磨きをすることや、悪化につながる生活習慣に注意することが大切となります。

すきっ歯になったならば、ダイレクトボンディング、ラミネートベニア、セラミック矯正などで改善が期待できるのです。

すきっ歯が悪化する原因は歯周病や歯の噛み合わせなどが考えられます

すきっ歯は悪化するとされています。

すきっ歯が悪化する原因は複数あるので注意してください。

たとえば、歯周病により歯茎が後退する場合や、虫歯などで奥歯を抜いた後、全体的な噛み合わせのバランスが崩壊することが、すきっ歯の進行原因として考えられています。

また、食事をする際の過剰な噛み締め方や、就寝中の歯ぎしりによって歯に大きな負担がかかり続ける時間が長い場合も、すきっ歯が悪化する原因の一つとして考えられているのです。

さらに、元々噛み合わせが悪いことも悪化する原因と言われています。

歯並びが悪いと、ある特定の歯には負担がかからないのに、別の歯は非常に多くの負担がかかるため、だんだんと噛み合わせのバランスが悪化することが理由の一つとして考えられているのです。

また、日常生活での悪癖もすきっ歯につながると考えられています。

たとえば舌で歯の内側を押してしまうような癖が挙げられるでしょう。

この、舌で歯の内側を押す癖は舌突出癖と呼ばれておりすきっ歯だけではなく出っ歯や受け口にもつながると考えられています。

頬杖やうつ伏せで眠る寝相なども、歯の噛み合わせのバランスを崩すと言われていますから思い当たる方は注意してください。

すきっ歯を悪化させない予防法は複数あります


すきっ歯を悪化させないための予防法は、日頃からきちんと歯磨きをすることが大切と言われています。

歯磨きをすれば歯周病や虫歯など、すきっ歯の悪化につながる原因を予防できるからです。

また、できるだけ歯に過剰な負担をかけないことも大切です。

食事をする際、あまり強く噛み締めすぎないことに注意してください。

ただ、歯ぎしりは睡眠中に起こるので予防はなかなか難しいと言えます。

しかし歯ぎしり対策のマウスピースなどもありますので、歯ぎしりが気になる人は使用を検討しても良いでしょう。

一方、頬杖や寝相に関しては、意識して防ぐことができるはずです。

舌で歯の内側を押してしまう癖があるのでしたら、意識して我慢しましょう。

ただ、どんなに予防をしても、正確に状況を判断するためには専門家の知識や経験が必要です。

そのため、定期的に医師による歯のメンテナンスなどを行うと良いでしょう。

そうすることですきっ歯の悪化を食い止められる可能性が高まります。

すきっ歯を改善するための施術は多いです

すきっ歯が悪化してしまった場合、医療的な施術で改善が期待できます。

医療的な施術は複数ありますので、経済的な観点や、自分に合っているかどうか担当医師と相談して改善を目指しましょう。

では、どんな施術があるのかご紹介します。

代表的なすきっ歯の施術の一つが、ダイレクトボンディングです。

この施術は、コンポジットレジンという歯科用のプラスチックを使ってすき間を埋めていきます。

一般的に1日で終わることも多く、短期間で改善したい人に良いと言えるでしょう。

また、ラミネートベニアによる施術も検討してみてください。

これは、歯の表面を薄く削ってセラミックを貼り付け、すき間を埋めていく施術です。

ただすき間を埋めるだけではなく、色の調整や変色リスクも少ないため全般的な歯の審美面を改善したいという人は選択肢に入れても良いでしょう。

他にも、セラミッククラウンなどの施術も効果的だと言われています。

たくさん詰め物がある、歯の神経を失っているなどの場合でしたら選択肢に入れても良いでしょう。

セラミッククラウンの中でも、オールセラミックによる施術の場合、天然歯のような自然な色にすることができますから、審美的な改善という意味でもメリットは多いと考えられています。

このようにさまざまな施術はありますが、まずは実績があり信頼できる医師に行ってもらうことが大切です。

(まとめ)すきっ歯が悪化する原因や施術って何があるの?

1.すきっ歯が悪化するのは歯茎の後退や悪癖があり、複数ある施術で改善が期待できます

すきっ歯が悪化する原因として歯周病や虫歯によって歯茎が後退することなどが挙げられます。

日頃から歯磨きをすること、悪化につながる生活習慣に注意することが大切でしょう。

施術もダイレクトボンディング、セラミッククラウンなど複数が挙げられます。

2.すきっ歯が悪化する原因は歯周病や歯の噛み合わせなどが考えられます

すきっ歯は歯周病によって歯茎が後退する、奥歯を抜いたときに噛み合わせが悪くなることが、原因のひとつして考えられています。

また、食事の際の歯の使い方や歯ぎしり、頬杖、下で歯の内側を押す悪癖なども悪化につながると言われているのです。

3.すきっ歯を悪化させない予防法は複数あります

すきっ歯を悪化させないための予防法として、きちんと歯磨きをすることが大切と言われています。

悪癖なども、意識して防ぐことができるので注意してください。

定期的に医師による歯のメンテナンスも良いでしょう。

4.すきっ歯を改善するための施術は多いです

すきっ歯を改善する施術は複数あり、ダイレクトボンディングやラミネートベニア、セラミッククラウンが有効と言われています。

施術時間がかかっても良いのであれば、ワイヤーやマウスピースのような矯正器具を使った施術も挙げられるでしょう。

1244
Return Top