すきっ歯にはどんなデメリットがあるの?

すきっ歯には虫歯や発音障害など複数のデメリットがあると言われています


すきっ歯には複数のデメリットがあります。

たとえば、歯と歯の間に食べかすが入り込むことで虫歯や歯周病になりやすいと言われているのです。

他にも、見た目の問題によるコンプレックスが生じている人もいます。

さらに、発音異常や、内臓への負担もあると考えられているのです。

すきっ歯の施術としては、セラミック矯正やラミネートベニア、ダイレクトボンディングなどが一般的に行われていると言われています。

すきっ歯は虫歯や歯周病のリスクを高めます

すきっ歯には複数のデメリットがあります。

たとえば歯と歯の間にすき間ができることで、食べ物を食べるとそこに食べかすが挟まりやすくなるのがデメリットの一つと言えるでしょう。

そうなると食べ物が歯と歯のすき間に食べかすがずっと残るので、虫歯になりやすくなると言われています。

そうならないように、きちんと歯磨きをしていれば良いのですが、不十分であれば、食べかすを餌にした雑菌などが増殖して虫歯につながることが考えられるのです。

また、すきっ歯は前歯だけではなく奥歯にもできることは無視できないでしょう。

奥歯は前歯と違い日常的にチェックするのが難しい部分でもあるので、毎日歯磨きをしていても充分ではない場合もあることが考えられます。

さらに虫歯だけではなく、歯周病のリスクを高めることにもつながると考えられるのです。

これも虫歯と同じように、すきっ歯のすき間に食べかすが詰まり、雑菌などが増殖することで歯周病のリスクが高まると言われています。

同時に、虫歯が無くとも、歯周病が進行すれば、歯が抜ける、痛みなど、さまざまな症状を引き起こることが考えられるでしょう。

そのため、すきっ歯でしたら、通常の歯より施術時には特に意識して歯磨きをしなければならないのです。

精神的な問題や胃腸への負担も指摘されています


すきっ歯は、虫歯や歯周病だけではなく、他の種類の症状も引き起こすこともデメリットとして考えておかなければならないでしょう。

たとえば、見た目の問題は精神的な問題につながるとも言われています。

また、口を開いて笑うことができない、普通に話をしているだけでもすきっ歯と指摘されて恥ずかしい思いをすることが挙げられるでしょう。

そのため、すきっ歯がコンプレックスの原因となり、閉じこもりがちになってしまう人も居ることが指摘されています。

他にも、すきっ歯では発音異常が引き起こされるとも言われているのです。

特に、さ行やた行の発音が悪くなることが、すきっ歯のデメリットの一つとして挙げられることが多く、日常生活でも困っている人が居ます。

自分の伝えたいことが伝わらなければ、仕事の現場でも問題が出て来ることは容易に想像できるでしょう。

また、発音の異常は見た目と同じように、精神的なコンプレックスにつながるとも考えられています。

さらに、歯と歯の間にすき間があるということは、噛み合わせの悪さにもつながることが考えられるのです。

噛み合わせが悪ければ、食べ物をきちんと噛むことができず、食が小さくならないので、食道や胃や腸に負担がかかると考えられています。

すきっ歯の施術にもそれぞれデメリットはあります

すきっ歯に対してはさまざまな施術が対応策として考えられます。

まず、セラミッククラウンという人工的な被せ物を歯に装着し、すき間を埋めていく施術が挙げられるでしょう。

セラミッククラウンの中でも、オールセラミックの場合、金属が使われているので、金属アレルギーのリスクも低いとされているのです。

そのほかに、ラミネートベニアを使用した施術もあります。

これは、歯の表面を薄く削って表面にセラミックを貼ってすき間を埋めていく方法です。

歯の表面をカバーしますから、すき間だけではなく、色や形に対しても改善の期待ができる施術と言われています。

また、すき間があまり広くなければダイレクトボンディングと言った、歯科用のコンポジットレジンを使用して埋めるような手軽な施術も挙げられます。

しかし、それぞれの施術にもデメリットがあるのは無視できません。

すきっ歯の施術においては、メリットだけではなく、デメリットもきちんと医師に質問し、相談をして、自分にとって一番良いと思える施術を選ぶことが大切でしょう。

(まとめ)すきっ歯にはどんなデメリットがあるの?

1.すきっ歯には虫歯や発音障害など複数のデメリットがあると言われています

すきっ歯は虫歯や歯周病のリスクを高めます。

また、見た目の問題や、発音異常、内臓への負担もデメリットとして考えられているのです。

他にもすきっ歯の施術としては、セラミック矯正やラミネートベニアなどが一般的に行われています。

2.すきっ歯は虫歯や歯周病のリスクを高めます

すきっ歯には複数のデメリットがあり、たとえば虫歯や歯周病になりやすいことが指摘されています。

また、奥歯にもできた場合、チェックが難しいことも虫歯などになりやすい理由として考えられるのです。

3.精神的な問題や胃腸への負担も指摘されています

すきっ歯は、虫歯や歯周病だけではなく、見た目の問題や、発音異常などの原因にもなると考えられています。

見た目の問題や発音異常がコンプレックスになるという指摘もあるのです。

他にも胃や腸への負担も考えられます。

4.すきっ歯の施術にもそれぞれデメリットはあります

すきっ歯の施術として、セラミッククラウンやラミネートベニア、ダイレクトボンディングが一般的に行われています。

ただ、それぞれの施術にも注意点などがあるため、きちんと理解して施術方法を医師と相談すると良いでしょう。

1902
Return Top