すきっ歯の施術にあるコンポジットレジンって何?

すきっ歯の施術にあるコンポジットレジンは歯科用のプラスチックです


すきっ歯の施術に使われるコンポジットレジンとは、歯科用に開発されたプラスチックのことです。

特殊な光を当てることで、ペースト状から固まっていきます。

そのため、すきっ歯のすき間に埋めて、固めるような施術があるのです。

コンポジットレジンはすきっ歯以外にも、虫歯治療にも使われると言われています。

また、金属アレルギーのリスクが低く、審美的な面でもメリットが多いと言われているのです。

コンポジットレジンは歯科用のプラスチックです

すきっ歯の施術の一つにコンポジットレジンを使用したものがあります。

コンポジットレンジとは、歯の色に似た樹脂素材のプラスチックで、歯科用に開発されました。

医療用に使われる樹脂ですから、強度だけではなく安全性も意識されており、色についても、天然歯に近いものになっています。

特徴は、特殊な光をあてるとペースト状態から短い時間で固まる所でしょう。

このコンポジットレジンをすきっ歯のすき間部分に埋めて固める施術があり、これをダイレクトボンディング法と一般的に呼んでいます。

この施術では、コンポジットレジンをすき間に埋めるだけなので、歯を削らなくても良いという所に大きなメリットがあるのです。

コンポジットレジンは柔らかいだけではなく加工もしやすいので、歯に対する施術では良く使われる素材と言われています。

しかしコンポレットレンジによるダイレクトボンディング法は行う医師の技術により仕上がりが大きく変わるという指摘もあるのです。

そのため、すきっ歯をコンポジットレジンで施術を行う場合、実績と知識が豊富な医師に任せる必要があるでしょう。

コンポジットレジンは虫歯などの治療にも使われています


コンポジットレジンは、すきっ歯以外にもさまざまな施術で用いられています。

たとえば虫歯の施術では、小さな虫歯ならコンポジットレジンで埋めるような施術が行われる場合もあると言われているのです。

この施術では歯を深く削らなくても良くなる場合もあり、天然歯を残したいという人に良いと言えるでしょう。

また、虫歯だけではなく、欠けてしまった歯についても、コンポジットレジンを使用することで埋められるのが大きなメリットの一つとなっています。

特に施術時間も長期間に亘ることがなく、施術をしなければならない歯の本数によってはコンポジットレジンを使用すれば1日で終わることができる場合もあるのです。

また、部分的な補修をすることができますので、前歯だけがすきっ歯という場合にも有効と言えるでしょう。

さらに、日常生活の中で欠けたり変色が起きたりしても、基本的には、コンポジットレジンによる施術を再び行えるのも大きなメリットと言えます。

ただ、すきっ歯に限らず広範囲に対しアプローチをしなければならない場合だと、コンポジットレジンでは対応できないこともあると言われているのです。

この辺りは、施術を行う医師ときちんと相談する必要があるでしょう。

金属アレルギーのリスクが低く審美的な面でも良くメリットは多いです

コンポジットレジンですきっ歯の施術を行う場合、複数のメリットがあります。

たとえば、被せ物などですきっ歯の施術を行う場合、使っている素材が金属でしたら、金属アレルギーのリスクも考えなければならないでしょう。

口の中でも金属アレルギーは生じると言われているので、人によっては注意をする必要があると言えます。

しかし、コンポジットレジンは金属ではなく、唾液や酸でも溶けにくいという特徴があると考えられています。

そのため、金属アレルギーを持っている人はコンポジットレジンを使用した施術の方が良いと言えるでしょう。

また、審美的な観点から見ても、コンポジットレジンによるすきっ歯の施術は良いと言われることが多いです。

なぜならば、コンポジットレジンはカラーバリエーションが豊富で、複数の色を組み合わせ、天然歯に近い色を作ることができるのがその理由と言われています。

しかし、コンポジットレジンは経年変化によって、変色してしまう場合があるのは無視できません。

ただ、たとえ変色したとしても、研磨を行ったり再びコンポジットレジンを使用した施術を行ったりすることで対応できるのは大きな魅力と言えます。

このように、コンポジットレジンは、すきっ歯だけではなくさまざまな施術に使われておりメリットもたくさんあると考えられるのです。

(まとめ)すきっ歯の施術にあるコンポジットレジンって何?

1.すきっ歯の施術にあるコンポジットレジンは歯科用のプラスチックです

コンポジットレジンは、すきっ歯の施術で使われる歯科用のプラスチックです。

歯と歯のすき間に埋めることで、すきっ歯の改善を目指します。

虫歯治療にも使われ、金属アレルギーのリスクがないと考えられており、メリットが多いです。

2.コンポジットレジンは歯科用のプラスチックです

コンポジットレンジは歯科用に開発されたプラスチックで、強度や安全性もあり、色についても、天然歯に近いと言われています。

歯を削らなくてもすきっ歯の改善が可能と言われているので、多く用いられているのです。

3.コンポジットレジンは虫歯などの治療にも使われています

虫歯の施術では、小さな虫歯ならコンポジットレジンで埋めるような施術が行われる場合もあります。

短時間で終わることも多いのですが、広範囲にアプローチしなければならない施術の場合には向かないと言われているのです。

4.金属アレルギーのリスクが低く審美的な面でも良くメリットは多いです

コンポジットレジンは天然歯を残したいという人に良いと言われており、金属アレルギーのリスクも低いのが大きなメリットとして考えられています。

また、審美的にも優れているという魅力があり、経年変化も再び施術を行うことで対応することが可能です。

2420
Return Top