プラスチックを使ったすきっ歯の施術って何なの?

歯科用プラスチックですきっ歯のすき間の埋める施術です


すきっ歯の施術には複数ありますが、歯科用プラスチックを用いた方法は利点が多いと言われています。

歯科用プラスチックのコンポジットレジンを使用して、すき間を埋めていくという施術です。

短時間で終わることがメリットですが、経年変化がデメリットとして考えられているのです。

歯科用プラスチック以外の施術としては、セラミック矯正や歯科矯正が一般的に行われています。

すきっ歯の原因は歯と顎のバランスの悪さなどがあります

すきっ歯の複数ある施術の中には、歯科用プラスチックを用いたものがあります。

この歯科用プラスチックを使用したすきっ歯の施術には、さまざまな利点があるのです。

ただ、歯科用プラスチックの施術を行う前に、まず、すきっ歯の原因とは何かを理解した方が良いでしょう。

すきっ歯の原因については、実は複数あります。

顎が過剰に成長して逆に歯の大きさが小さくなってしまったという事例などが代表的ですが、通常より歯の数が少ない場合や、低位舌と言った舌の位置に問題があっても、すきっ歯になると考えられているのです。

さらに、通常よりも舌が大きく、前歯の裏を舌で押してしまうような場合や、口の筋肉に問題が生じている場合にも、すきっ歯が生じると考えられています。

では、すきっ歯が生じ放置していると、どのような問題が引き起こされるのでしょうか。

すきっ歯では見た目の問題を気にされる人が多いと言われています。

しかし、放置をすると、そのすき間が広がって行くことが考えられるのです。

特に食事をする際、舌を押し出して食べ物を飲み込むような癖を持っている人は、舌の力によって歯が動かされるために、より歯と歯のすき間が広がっていくと考えられています。

すき間があれば、そこに食べかすなどが入り込み、虫歯や歯周病になりやすいとも言われているのです。

また、歯周病が進行すると歯が前に出るので、すきっ歯が余計に広がり、悪化する可能性が高くなると考えられています。

すきっ歯の改善に歯科用プラスチックは有効だと考えられています


では歯科用プラスチックによるすきっ歯の施術法とはどんなものがあるのでしょうか?

歯科用プラスチックには、コンポジットレジンと言われる物が使われます。

このコンポジットレジンを、すきっ歯のすき間に埋めて改善をするというのがこの施術法です。

歯科用プラスチックを使用した施術は、短期間で終わらすことができるのが大きな利点と考えられています。

そのため、すぐにでもすきっ歯を埋めたい、改善したいと考えている人には有効な施術の一つと言えるでしょう。

ただし、プラスチックという素材は年月の経過によって経年劣化が生じると考えられています。

そのため、変色が生じることなどは、デメリットの一つとして知っておいた方が良いでしょう。

また、すきっ歯のすき間が広すぎる場合、歯科用プラスチックだけではバランスを整えるのが難しく、同時に強度の面で安定性に問題があるので、どんなすきっ歯にも対応できるとは言えないでしょう。

この歯科用プラスチックを使用した施術以外には、セラミッククラウンを使ったセラミック矯正と呼ばれる施術もあります。

これはセラミックという素材を使用した施術の一つで、歯を削りセラミッククラウンという被せ物をすることですき間を無くしていくというものです。

被せ物による施術は、セラミック以外にも、保険適応のプラスチックによる被せ物も選べるのですが、安定性や強度、変色のことを考えると、セラミッククラウンは充分に選択肢の一つとなりえるでしょう。

プラスチック以外にはラミネートベニア法や歯列矯正などの施術があります

プラスチックやセラミック矯正以外の施術としては、他にラミネートベニア法などがあります。

ラミネートベニア法も、セラミック矯正のような施術と同じく、歯の表面を削る必要が出て来るのです。

しかし強度としては、セラミック矯正より少し劣ると言われており、噛み合わせの悪さによっては、ラミネートベニア方は適さない場合もあるのは気をつけなければなりません。

また、歯の表面を削りたくない、プラスチック素材を使用した施術は変色などのデメリットもあるので嫌だという人は、歯列矯正という施術もあります。

代表的な歯列矯正としては、ワイヤーなどの矯正器具を使用したものが挙げられるでしょう。

このような矯正器具を使用することで、徐々に歯を動かし、すき間を埋めていく施術となります。

人口歯とは違い自らの天然歯を残せますので、歯を削るなど、負担がかかるような施術は嫌だという人に向いていると言われています。

また、複数の歯を動かし歯並びを全体的に良くできるのはメリットの一つと言えるでしょう。

ただ、施術期間が非常に長く、たとえば数ヶ月~3年ほどかかるとも言われています。

その他に、矯正器具が見えてしまうため、審美的な面が気になるという人もいるでしょう。

さまざまな施術はありますが、すき間が小さい、歯を削りたくない、短時間で改善をしたいということであれば、歯科用プラスチックを使用した施術は充分な選択肢となります。

しかし、注意したいのは、どの施術も高い技術が必要なことです。

クリニック選びは慎重に行い、実績のある医師に施術を任せるのが良いでしょう。

(まとめ)プラスチックを使ったすきっ歯の施術って何なの?

1.歯科用プラスチックですきっ歯のすき間の埋める施術です

歯科用プラスチックのコンポジットレジンを使用し、すき間を埋めていく施術です。

短時間で終わるのはメリットですが、経年変化というデメリットも指摘されています。

歯科用プラスチック以外には、セラミック矯正などの施術も一般的な施術です。

2.すきっ歯の原因は歯と顎のバランスの悪さなどがあります

すきっ歯の原因は、顎と歯のアンバランスなどがあり、放置すると、すき間が広がって虫歯の原因にもなると言われています。

また虫歯だけではなく歯周病になるとすきっ歯がさらに進行すると言われているのです。

3.すきっ歯の改善に歯科用プラスチックは有効だと考えられています

歯科用プラスチックであるコンポジットレジンを使って、すきっ歯のすき間を埋めることによって改善が期待できます。

短時間で終わらせられるというメリットがありますが、経年変化のことについては考える必要があるでしょう。

4.プラスチック以外にはラミネートベニア法や歯列矯正などの施術があります

プラスチック以外の施術として、セラミック矯正やラミネートベニアなども考えられます。

歯列矯正も選択肢に入りますが、時間がかかるという点がネックでしょう。

すき間が小さく歯を削りたくない人には、歯科用プラスチックがおすすめです。

1496
Return Top