すきっ歯とはどんな状態のことを言うの?

すきっ歯とは歯と歯の間にすき間ができている状態のことです


すきっ歯は、歯と歯の間にすき間ができている状態のことで、遺伝性や歯と顎のバランスの悪さや悪癖によって生じたり、進行したりするものだと考えられています。

また、すきっ歯を自力で改善しようとすると、悪化につながったり、歯が折れたりする場合もあるので注意しなければなりません。

すきっ歯に有効とされている医療的な施術としては、ラミネートベニアやセラミッククラウン、矯正器具を使用した矯正などが挙げられます。

すきっ歯の原因には遺伝性と悪癖による後天性があります

すきっ歯とは歯と歯の間にすき間ができている状態のことです。

すきっ歯ができる原因はさまざまあり、その一つに顎の大きさと歯の大きさバランスが悪いことが挙げられるでしょう。

顎の大きさと比較して歯が小さいため、歯と歯の間にすき間ができると言われています。

ただ、歯が通常の大きさだったとしても顎が過剰に大きいとバランスが悪くなり、すき間ができるのも原因の一つとして指摘されているのです。

また、遺伝が原因ではないかという話もあります。

遺伝的な要因で、生えてくるはずの歯が生えないのですき間が生じ、すきっ歯になると言われているのです。

他にも、顎の骨に余分な歯がある状態を過剰歯と呼び、これもすきっ歯になる原因の一つとして考えられています。

また、歯以外にもすきっ歯になる原因があります。

口の中に小帯と呼ばれる細いひだのようなものがあり、頬や唇の内側の粘膜と歯茎の間に走っているのですが、ついている場所によっては、歯と歯の間にすき間ができるとも考えられているのです。

さらに、何気なくやっている頬杖のような癖も、歯の噛み合わせに影響を与えてすきっ歯の原因になると考えられています。

他に注意したい悪癖としては、前歯で唇を噛むような癖、舌を歯の間に入れる、前歯の裏を押すなどの癖が挙げられるでしょう。

このような悪癖によって歯が動いてしまうことがすきっ歯につながると言われています。

すきっ歯とはさまざまな原因によって引き起こされる症状と考えましょう。

すきっ歯を自力で改善させるのは困難です


すきっ歯とは自力で改善ができるような類の症状ではないと考えられています。

すきっ歯になる原因の一つに、舌で前歯の裏を押す、舌先を歯と歯の間に入れるような日常的な悪癖が挙げられます。

このことを考えれば、歯を自分で動かすことができるなら、元に戻すのも自力でできるのではないかと考える人も居るでしょう。

しかし無理やり自分で歯を動かすと、下手をすればすきっ歯を悪化させることや、他の症状を誘発させることになるので注意しなければなりません。

すきっ歯の改善には、他の歯や顎骨、口内環境、さまざまな観点を見た上で行わなければならないと考えられているからです。

たとえば、すき間を埋めようとして、自分の指で歯を強引に押すなどの行為をしたとします。

もしかしたら、それですき間が埋められたような状態になるかもしれません。

しかし、そのすき間が埋まった代わりに、今度は異なる部分にすき間ができている場合もあるからです。

さらに歯を動かすために強い力をかけると、下手をすれば、歯が折れる、ぐらつく、ねじれると言ったひどい状態になる場合もあります。

そのため、すきっ歯は自力でどうにかなるものでもないと言われているのです。

すきっ歯を改善したいなら、医師の専門的な知識と施術に頼る方が良いと言えるでしょう。

もし自力で改善しようとした結果、異なるトラブルが生じると、不要だった施術も行わなければならない場合も生まれ、時間的、経済的にも負担が大きくなる可能性が出て来ることが考えられます。

すきっ歯を改善に有効とされる施術は複数あります

すきっ歯には原因も多数ありますが、同時に改善する施術も同じように複数存在しています。

たとえば、施術の一つとしてラミネートベニアを使用したものが挙げられるでしょう。

これは、歯の表面を削り、セラミックの人口歯を貼り付けてすき間を埋めるという施術です。

セラミックという素材は経年劣化などに強く、天然歯にも似た色に調整にも対応できますから、メリットの多い施術と言われています。

また、セラミックでできたクラウンを被せて行うセラミック矯正も、すきっ歯の改善には良く用いられる施術の一つです。

同じく歯列矯正もすきっ歯の改善が期待できる施術の一つと言えるでしょう。

ワイヤーやマウスピースを使用し、すき間を埋めていく施術で、メリットとしては、天然の歯を削ったり抜いたりしなくても良いことが挙げられるでしょう。

一部だけではなく、歯並び全体を矯正したい場合にも良いと考えられているのです。

ただ、ラミネートベニアや、セラミック矯正と比較をすると、長期間、矯正器具を装着するなど、時間がかかることがデメリットとして挙げられます。

このように、すきっ歯の改善が期待できる施術は複数存在しています。

その中からどの施術が一番自分に合っているのか、担当の医師ときちんと相談をしてください。

また、あらゆる施術に対応をしてくれる、実績が豊富で信頼のできる病院を選ぶ必要があるでしょう。

(まとめ)すきっ歯とはどんな状態のことを言うの?

1.すきっ歯とは歯と歯の間にすき間ができている状態のことです

すきっ歯は、歯の間にすき間ができている状態のことで、遺伝性や悪癖などの後天性の問題が原因と考えられています。

自力で改善しようとすると悪化することもありますから、医療的な施術によって改善することをおすすめします。

2.すきっ歯の原因には遺伝性と悪癖による後天性があります

すきっ歯は歯と歯の間にすき間ができている状態で、遺伝や、過剰歯、小帯というひだの位置が問題として考えられます。

他にも頬杖などと言った、悪い癖も原因として考えられているのです。

3.すきっ歯を自力で改善させるのは困難です

すきっ歯を自力で改善しようとして、強引に歯を動かそうとすると、症状を悪化させるだけではなく、歯が折れる可能性もあります。

そのため、すきっ歯の改善は、医師の専門的な知識や施術に頼りましょう。

4.すきっ歯を改善に有効とされる施術は複数あります

すきっ歯の施術としては、ラミネートベニアや、セラミック矯正、歯列矯正などが一般的に行われています。

ラミネートベニアやセラミッククラウンは審美的な面でメリットがあり、歯列矯正は、歯に負担をかけずに済むメリットがあると言われているのです。

1311
Return Top