すきっ歯はインプラントで改善できるの?

すきっ歯に対して、インプラントは有効な施術のひとつと考えられています


すきっ歯に対しインプラントは有効な施術と考えられています。

インプラントのメリットは、天然の歯に見えること、食事の際に自分で噛んでいるような感触がすることが挙げられます。

また、すきっ歯になる原因に先天性のものや後天性のものがあることも忘れてはいけないです。

後天性の場合、原因を改善しても無理なら、改善方法としてインプラントは有効と言えます。

ただ、インプラントもデメリットがあり、骨がもろい人や、妊婦、子どもなどは施術が難しいと言われています。

施術を行う際は、医師ときちんと相談することが必要でしょう。

すきっ歯を改善するのに有効とされる施術の一つがインプラントです

すきっ歯を改善する施術の一つに、インプラントがあります。

インプラントとは、人工の歯根を顎骨に埋め込み、そこに人口歯を装着するという施術です。

永久歯を失うと、次の歯は自然に生えて来ないため、このようなインプラントによって、カバーする必要があると言えます。

ただ、インプラントは、入れ歯やブリッジとは異なり外科的な施術が必要となるのです。

理由として人工的な歯根を顎骨に埋め込む必要があるからと言えます。

そのため麻酔などを使用した大がかりな施術をしなければならないのですが、インプラントにはさまざまなメリットがあるため、推奨することができる施術であると言えます。

たとえば、審美的に見ても天然の歯のように見せることができるのは大いに歓迎できる利点と言えるでしょう。

さらに、インプラントの根元は顎の骨に直接埋め込むものですから、食事の際にまるで自分の歯で噛んでいるような感覚があると言われており、ここは入れ歯と大きく異なる点として挙げられます。

他にも、すきっ歯は歯列矯正などにも有効な施術と言われていますが、中には、動かしにくい歯や特定の歯をピンポイントで動かしたい場合、インプラントの方が良いという考え方もあるのです。

矯正器具を使う場合、歯をゆっくりと動かさなければならず時間がかかり、そのことに都合の悪さを感じる人はインプラントも充分な選択肢になりえるのではないでしょうか。

すきっ歯には原因や意識したい予防法があります


すきっ歯になった場合、改善方法としてインプラントはあるのですが、その前に、進行させないため予防方法や原因も理解しておいた方が良いでしょう。

すきっ歯になる原因は一つだけではなく、複数あるという点もおさえておいてください。

中には注意してもどうしようもない原因があります。

その一つが遺伝的な要因です。

遺伝的な要因で、生まれつき通常より歯が小さかったり、形が悪かったりする場合、すきっ歯につながると言われています。

また、生えて来るはずだった歯が、遺伝や何かしらの原因で生えて来ないのも、すきっ歯につながると考えられているのです。

このような原因はどうしようもありませんから、改善のために施術の中からインプラントを選ぶのも良いでしょう。

一方、遺伝的な原因以外に後天的な問題もあります。

たとえば、良くある原因として、頬杖を着く、うつ伏せや横向きで眠ると言った悪癖がすきっ歯につながると考えられているのです。

頬杖をつくことや、うつ伏せや横向きのような寝相では、歯だけではなく骨格にも悪影響を与えるのが理由とされています。

また、食事をする際、舌で前歯の裏を押してしまうような癖がある場合も、すきっ歯につながると言われているのです。

遺伝は防ぎようがないかもしれませんが、後天的な原因によるものでしたら、日頃からすきっ歯を進行させるような悪癖を持っていないかどうかチェックしてみてください。

そして、原因を考えてなお改善が難しいなら、インプラントを検討しても遅くないでしょう。

インプラントはメリットも多いがデメリットもあります

すきっ歯の改善ではインプラントが有効と考えられています。

ただ、インプラントについては、利点だけではなく、デメリットなども理解しておいた方が良いでしょう。

インプラントの特徴として、顎の骨に人工の歯根を埋め込む施術が挙げられます。

しかし埋め込んでしまえばそこで終わりではなく、骨とインプラントが癒合するまでは油断できず、時間が必要となるのです。

しかも個々人でその時間は異なり、中には通常よりも長時間かかる人も居ると言われています。

そのような人はインプラント以外の施術も考えなければならないでしょう。

また、骨粗相症や糖尿病など、体質的に骨がもろい人の場合、骨に根元を埋め込むということから施術が難しい人もインプラントは向いてないと考えられるのです。

しかし、骨粗鬆症や糖尿病だとしても、絶対に無理というわけではなくインプラントに対し充分に耐えられる骨であると医師が判断すれば、施術ができる場合もあります。

他にも、子どもや妊婦はインプラントに適していないと言われることが多いです。

子どもの場合、成長期では、骨も大きく変化しますので顎の骨に人工の歯根を入れなければならないインプラントは適していないという理由が考えられます。

妊婦ですと、施術時に抗生物質や痛み止めなどが必要なのですが、お腹の赤ちゃんに悪影響を与える可能性がありますので止めた方が良いと言われているのです。

すきっ歯の施術は、インプラント以外にもセラミッククラウンのような被せ物を使用する施術なども有効と言われているのです。

そのため、どの施術が一番自分に適しているのか、きちんと施術を行う医師と相談することが大切でしょう。

(まとめ)すきっ歯はインプラントで改善できるの?

1.すきっ歯に対して、インプラントは有効な施術のひとつと考えられています

すきっ歯に対しインプラントは有効な施術です。

すきっ歯の原因はさまざまありますが、後天性のもので原因を改善しても難しいなら、インプラントを選んでも良いでしょう。

ただし、骨に問題がある人や、子ども、妊婦への施術は困難と考えられています。

2.すきっ歯を改善するのに有効とされる施術のひとつがインプラントです

インプラントは人工の歯根を顎骨に埋め込んで人工歯を装着する施術であり、審美的な面や機能的な面などで利点が多いと考えられています。

さらに、歯列矯正では動かしづらい歯や特定の歯を動かしたい場合に良いとも言われている施術です。

3.すきっ歯には原因や意識したい予防法があります

すきっ歯になる原因は遺伝や後天的な問題があります。

特に後天的な問題では寝相や悪癖が考えられるのですが、原因を改善してもすきっ歯の進行があるのでしたら、インプラントは充分な選択肢に入れられるでしょう。

4.インプラントはメリットも多いがデメリットもあります

インプラントにはデメリットもあり、個人によっては時間がかかることや、体質的に骨が脆い人、妊婦、子どもは施術を行うことができないなどの点が挙げられます。

どのような施術でもどれが適しているのか、きちんと担当医と相談することが大切なのです。

1584
Return Top