すきっ歯と出っ歯は歯列矯正が有効って本当なの?

すきっ歯と出っ歯は噛み合わせの問題と考えられるので歯列矯正が有効と考えられるのです


すきっ歯や出っ歯は歯列矯正が有効と考えられています。

すきっ歯の原因は、永久歯の数や大きさが問題と考えられており、一方の出っ歯は、幼児期からの指しゃぶりなどの原因が考えられています。

すきっ歯や出っ歯ですと、虫歯や発音障害の問題が出ると言われているのです。

この2つに共通するのは歯並びの問題ですから、歯列矯正が有効と考えられています。

すきっ歯も出っ歯も噛み合わせの問題と言えます

すきっ歯と出っ歯で有効とされている施術の一つが、歯の矯正です。

まず、すきっ歯は歯並びの中にすき間ができてしまっている状態とされています。

このすきっ歯ですが、なってしまう原因は複数あり、代表的なのが生まれつきというものです。

たとえば、永久歯の数が通常よりも少なかったり、歯が小さかったりすることなどが挙げられるでしょう。

永久歯の数が少ない、歯の大きさが小さければ、どうしてもその部分にスペースができますので、すきっ歯の状態になると考えられています。

さらにその他の原因としては、過剰歯が挙げられるでしょう。

過剰歯とは、歯と歯の間に本来ないはずの歯が埋まっていることで、それが障害となり、大人の歯が正常な方向へ生えて来ないという状態です。

一方、出っ歯なども、すきっ歯と同じようによくある歯並びのトラブルと言えます。

この出っ歯は幼児期から長期的に続いた指しゃぶりや、舌癖のような悪い癖が、歯の生え方や骨の発達に悪影響を与えることが、一つの原因として考えられているのです。

指しゃぶりは幼児期だと珍しいものではありません。

しかし、2歳を通り越しても続けていると、歯の成長に影響を与えることとなり、出っ歯などの問題につながると言われているのです。

食べ物を食べるときや、水を飲むとき、舌を前に出して前歯を押すなどの悪癖は、出っ歯だけではなく、開咬と言った他の歯の噛み合わせトラブルにもつながると考えられています。

このような原因によって起きるすきっ歯や出っ歯に共通するのは歯の噛み合わせが問題と言えるでしょう。

そのため、歯並びを治すことが可能とされている歯列矯正が有効と考えられるのです。

放置すると虫歯などの原因になるので歯列矯正をおすすめします


すきっ歯や出っ歯を解決する方法の一つに歯列矯正などが挙げられます。

しかしどうして歯列矯正までして、改善をしなければならないのでしょうか?
それは、すきっ歯や出っ歯の場合、見た目だけの問題以外にさまざまな症状を引き起こすと考えられるからです。

たとえば、すきっ歯の代表的な症状の一つが発音障害でしょう。

歯と歯にすき間があると息漏れが生じることで発音障害が出ると考えられています。

特にさ行とた行の発音に障害が生じると言われており、大人になっても舌っ足らずの発音になる原因の一つとして考えられているのです。

また、発音以外にも食べ物が歯と歯の間に食べかすなどが詰まり、虫歯や歯周病が生じやすいとも言われています。

もう一方の出っ歯も、前歯が虫歯になりやすいという問題が指摘されています。

その理由は前歯が乾燥しやすい状態ですから、溶けた歯が元に戻る再石灰化というシステムが充分に働かないことが、虫歯になりやすくなる原因の一つと考えられているのです。

さらに、唾液などの水分が乾きやすいので歯茎が乾燥しやすく歯周病につながるとも言われているのです。

他にも、食べ物を食べるとき、前歯で噛むことができず奥歯ばかり負担をかけてしまうことで、顎関節症につながるとも言われています。

このような症状以外に共通するトラブルとして、見た目という審美的な問題が共通していると言えるでしょう。

そのために、歯列矯正などですきっ歯や出っ歯を改善した方が良いと考えられるのです。

セラミッククラウンを使用した施術などが効果的です

このようなすきっ歯や出っ歯の問題で改善が期待できる施術の一つが、歯列矯正です。

その歯列矯正にもさまざまありますが、その中でも審美的な面も考慮するとセラミック矯正が有効な施術の一つとして考えられています。

セラミック矯正で使われるセラミッククラウンとは人工的な被せ物で、審美性や頑丈さがメリットの一つとして挙げられるでしょう。

さらに、天然歯と同じような色に調整ができますから、歯列矯正を行ったようには見えないのも審美的な面で考えると良いと言えます。

また、セラミッククラウンの中でも、オールセラミックでは、すべてセラミック素材を使っているため金属アレルギーのリスクが無いのもメリットと言えるのです。

他にもすきっ歯や出っ歯の改善が期待できる施術に、ワイヤーやマウスピースを使用して歯を徐々に動かす歯列矯正も有効と言われています。

ただ、ワイヤーなどを使った歯列矯正の場合、矯正装置が審美的な面でデメリットとなってしまうというのは否めないでしょう。

ただ、どのような施術も施術者の実績や知識が反映されるものです。

そのため施術を行う場合には、信頼できる医師やクリニックで相談することが大事でしょう。

(まとめ)すきっ歯と出っ歯は歯列矯正が有効って本当なの?

1.すきっ歯と出っ歯は噛み合わせの問題と考えられるので歯列矯正が有効と考えられるのです

すきっ歯や出っ歯にはそれぞれさまざまな原因によって起きるとされています。

ただ、すきっ歯も出っ歯も共通するのは歯並びのトラブルということです。

そのため、歯並びを治すことができる歯列矯正が有効だと言われています。

2.すきっ歯も出っ歯も噛み合わせの問題と言えます
すきっ歯は歯並びの中にすき間がある状態です。

これは生まれつきのものと後天的な原因があります。

この2つに共通するのは、歯の噛み合わせなどの問題ですので、歯列矯正が有効と考えられるのです。

3.放置すると虫歯などの原因になるので歯列矯正をおすすめします

すきっ歯や出っ歯は見た目だけの問題以外にも、さまざまな症状を引き起こすと言われています。

たとえば、発音障害や虫歯や、歯周炎、顎関節症にもつながると言われているのです。

放置するよりも施術による改善が必要でしょう。

4.セラミッククラウンを使用した施術などが効果的です

歯列矯正の中でも、セラミッククラウンのオールセラミックなどが有効と言われています。

ただ、どのような施術であってもクリニックや施術者の腕に左右される点は否めません。

信頼できる医師やクリニックを選び、しっかりと相談することが大切でしょう。

2085
Return Top