すきっ歯をマウスピースで矯正するのは時間がかかる?

マウスピースによるすきっ歯の矯正は高額で時間もかかりがちです


すきっ歯の矯正方法のひとつにマウスピース矯正がありますが、この施術方法は施術完了までに長い期間が必要でその分費用も高額になりがちです。

しかも対応可能なすきっ歯の状態が限られていることから、他の方法ですきっ歯を整えることをおすすめします。

その場合、セラミック矯正やラミネートベニア、コンポジットレジンといった施術方法があります。

すきっ歯以外に気になる状態があるときにも対応可能な施術方法もあるため、歯のお悩みはすきっ歯以外も医師に伝え、最適な方法を一緒に選びましょう。

マウスピース矯正は時間がかかり大人では取り組みにくい方法です

マウスピース矯正は、無色透明のマウスピースを使って、長い期間をかけてすきっ歯を正しい歯並びに整えていくという方法です。

歯を削らずに取り組めるという施術方法ではありますが、1日20時間以上装着しなければならない、変化した歯並びに合わせてマウスピースをつくり変える必要があるなど、守らなければいけない条件が複数あります。

そのため、施術期間や費用の負担などの面で大きなデメリットとなってしまうことがあるのです。

普段、仕事などで生活が忙しい大人の方では、定期的な通院が難しかったり、長時間マウスピースを装着し続けることができなかったりすることもあるでしょう。

時間がうまく取れず、マウスピースでのすきっ歯の矯正が難しくなってしまうというケースも少なくありません。

普段は仕事などで忙しくあまり時間をとることもできないが、できるだけ短期間ですきっ歯を整えたいとお考えの方には、その他の施術方法を選ぶことをおすすめします。

セラミック矯正は短期間ですきっ歯や歯全体の改善が目指せます


すきっ歯を治したいが施術期間が気になるという方には、セラミック矯正という施術方法をおすすめしましょう。

セラミック矯正の場合、施術完了までは数ヶ月で、早いと2ヶ月で終了することもあります。

歯を削る必要はありますが、短期間で施術を終えられるだけでなく、すきっ歯以外に歯全体の歯並びや歯の変色が気になっている場合には一緒に改善が叶うのでお悩みが多いとメリットの大きい施術方法と言えます。

すきっ歯の改善をセラミック矯正で行う場合、簡単に説明するとすきっ歯の部分の歯を削って土台をつくりセラミッククラウンを被せるという方法です。

すきっ歯の状態によっては歯を削って神経を抜いたり歯を抜いたりすることもあります。

セラミッククラウンや差し歯を制作している間は仮歯を入れておくことになりますが、その状態で施術完了したときの状態をイメージできる点もメリットです。

また、セラミック矯正で使用するセラミックという素材は、金属ではないためさびる心配がなく、素材自体も丈夫で、一生でも使えるほどの高い品質があります。

費用面でマウスピース矯正と比較すると、セラミック矯正の方が高額な費用になってしまうという部分はありますが、一生使うこともできる素材を使用している点からコストパフォーマンスはセラミック矯正の方が良いと言えます。

ラミネートベニアはすきっ歯だけでなく歯の色も改善が目指せます

ラミネートベニアも歯を削って行うすきっ歯の改善方法ですが、歯のすき間が気になる部分の歯の表面を薄く削って行うため、自分の歯を大きく削らないで済むというメリットがあります。

それに、歯に人工チップを被せて貼り付けるという施術なので、歯の色をご希望の物にすることも可能です。

ホワイトニングでは対応しきれない歯の変色も、ラミネートベニアを行うときれいな色に改善すると期待が持てます。

ラミネートベニアはホワイトニングのように定期的に色の調整をする必要がなく、人工のチップを歯の表面に貼り付けるだけの施術で検診やクリーニングを受ければ安心して使い続けられるでしょう。

歯の形もある程度までであれば改善が目指せ、軽度の歯並び改善であればラミネートベニアで対応できる場合があります。

具体的なラミネートベニアの施術の内容は、まず改善したい歯の表面を0.5mm程度削り、その部分の型を取ってセラミック製の人工歯を作りますが、できあがるまでは仮歯をつけておきます。

そして2回目の施術で、できたセラミック製の人工歯を削った部分に接着剤で貼り付けて固定し、周りの歯と違和感がないように形を整えれば施術完了です。

(まとめ)すきっ歯をマウスピースで矯正するのは時間がかかる?

1.マウスピースによるすきっ歯の矯正は高額で時間もかかりがちです

マウスピース矯正ですきっ歯の改善を目指すと、長い期間がかかるため施術費用もかさみがちです。

対応可能なすきっ歯の状態も限られてくるため、セラミック矯正などの方が忙しい大人の方のすきっ歯矯正にはおすすめです。

2.マウスピース矯正は時間がかかり大人では取り組みにくい方法です

マウスピース矯正ですきっ歯を改善しようとする場合、定期的な通院と1日20時間の装着、歯並びの変化に合わせて作り直す等の手間がかかります。

忙しい大人の方ではこれらの条件を守ることが難しくなりやすいので、すきっ歯改善の最適な方法とは言えません。

3.セラミック矯正は短期間ですきっ歯や歯全体の改善が目指せます

セラミック矯正ですきっ歯を治す場合、施術が完了するまでは数ヶ月程度、早くて2ヶ月ほどだとされています。

短期間ですきっ歯の改善が見込めるだけでなく、変色や歯並びなども同時に整えることが期待できるというメリットもあるでしょう。

4.ラミネートベニアはすきっ歯だけでなく歯の色も改善が目指せます

ラミネートベニアは短期間で施術完了が目指せる施術のひとつですが、すきっ歯だけでなく改善が難しい歯の色をきれいにしたいときにも役立ちます。

ホワイトニングのように定期的に色を調整する手間もかからない、管理がしやすい施術方法と言えます。

1647
Return Top