湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

すきっ歯の施術のラミネートべニアって何?

ラミネートべニアはすきっ歯の部分にセラミックを貼り付けて整える方法です


ラミネートべニアは自分の歯の表面を薄く削って、そこへセラミックの人工チップをつけるという施術方法です。

すきっ歯だけでなく歯の色もきれいにしたいとお考えの場合には最適で、施術完了までの期間も短くできることから、忙しい大人の方のすきっ歯を整えたいときにも取り組みやすくなっています。

また、ラミネートべニアは部分的なすきっ歯の改善には適していますが、歯全体の歯並びや色も改善したい場合にはセラミック矯正という方法もあります。

ラミネートべニアは歯を削る量を抑えられる施術方法です

ラミネートベニアの施術を簡単に説明すると、まず、すきっ歯が気になる部分の歯の表面を薄く削り、そこへ人工の歯を貼り付けるという方法で行われます。

削る量は0.5mm程度と非常に少ないこともメリットで、人工歯はネイルチップのような薄さの素材になっているため違和感があったり、チップが気になったりしてしまうということは少ないでしょう。

ただし、それまですき間があった状態の所へ、すき間を埋めるようにその左右にチップを貼り付けるため歯が大きくなったと感じることもあるでしょう。

しかし、すき間に歯がまるまる1本入るような広さがある場合はラミネートベニアを行うことはせず、別の施術方法ですきっ歯を改善するため大きすぎる歯が目立ってしまう心配はありません。

ラミネートベニアでは出っ歯、受け口など飛び出た歯並びを改善することは難しいですが、すきっ歯のすき間を埋める施術としてはおすすめと言えます。

セラミックの人工チップを貼り付けるので白さが長く持ちます


歯の表面に人工チップを貼り付ける施術方法のラミネートベニアは、ホワイトニングで歯の色を改善することが難しい変色している状態でもご希望の色へ変えることが期待できます。

人工チップの色はご自分の希望に合わせて選べるので、どのような仕上がりにしたいのかによってチップの白さを決定しましょう。

このようにすきっ歯改善と一緒に歯の色までご希望を叶えやすい施術という点が、ラミネートベニアの特徴です。

また、ホワイトニングの場合白さをキープするために定期的な色の調整が必要になりますが、ラミネートベニアでは長期的に色を保ちやすくなっています。

とはいっても、ラミネートベニアも定期的に検診やクリーニングを受けることは必要です。

このようにラミネートベニアは、すきっ歯と歯の色をあわせて改善が目指せる施術方法で、短期間で施術を完了しやすいメリットがあります。

別々でホワイトニングとすきっ歯の矯正を行って長い時間がかかるということもないため、忙しい大人の方にとって取り組みやすい施術方法と言えます。

歯全体の矯正や色も選びたいときはセラミック矯正もあります

いくらメリットの多いラミネートベニアでも、歯が出ていたりすき間が大きすぎたりすると施術を受けることが難しくなります。

もし、その他の方法を選択してすきっ歯を整えようとお考えのときには、セラミック矯正がおすすめでしょう。

セラミック矯正なら、すき間の大きなすきっ歯やホワイトニングで改善が難しい歯の変色、歯が出ている状態などラミネートベアでは改善しづらい状態であってもきれいに整えることを目指せます。

セラミック矯正の施術の仕方

セラミック矯正では歯を削ってそこへセラミッククラウンや差し歯を入れることになります。

また、セラミック矯正ではセラミッククラウンや差し歯を制作している間仮歯を装着することになりますが、このとき仕上がりを確認することができます。

ワイヤー矯正の場合、施術完了するまで仕上がった状態を見ることは難しいので、最終的な形を先に確認できることは大きなメリットになると言えるでしょう。

セラミック矯正によるすきっ歯などの改善は数ヶ月程度で施術が完了しますが、ワイヤー矯正の場合2年ほどかかるため、必要な施術期間の点でもセラミック矯正は大人が手軽に取り組みやすい施術と言えます。

(まとめ)すきっ歯の施術のラミネートべニアって何?

1.ラミネートべニアはすきっ歯の部分にセラミックを貼り付けて整える方法です

歯の表面を少し削り、そこへセラミック製の人工歯を貼り付ける方法がラミネートべニアです。

すきっ歯と歯の色を一緒に改善しやすい施術で、施術完了までの期間も短いため忙しい大人の方でも取り組みやすい方法と言えます。

2.ラミネートべニアは歯を削る量を抑えられる施術方法です

ラミネートベニアの施術方法は、すきっ歯が気になる部分の歯の表面をほんの少し削ってそこへ人工歯のチップを貼り付けるというものです。

初めは歯が大きくなったと感じるかもしれませんが、次第に慣れていきます。

3.セラミックの人工チップを貼り付けるので白さが長く持ちます

歯の表面にご希望の色の人工チップを貼り付けるため、ラミネートベニアは歯の白さの改善も同時に叶えます。

それに人工歯のため長期的に白さを持たせやすく、ホワイトニングよりも手間がかかりません。

4.歯全体の矯正や色も選びたいときはセラミック矯正もあります

ラミネートベニアで対応しきれない状態であっても、セラミック矯正なら整えやすいことがあります。

セラミック矯正では、すきっ歯だけでなく歯の色をご希望通りに変えたり出ている歯を改善したりすることにも短い施術期間で取り組めます。

847
Return Top