骨格によって歯並びが変化する?

骨格によって歯並びが悪くなることがあります


顎が小さいと歯並びが悪くなることがあります。
顎が小さいと、歯が生えるスペースが少なくなるためです。
このように骨格によって歯並びは変わります。
顎を鍛えることも可能ですが、大人になってからは外科的手術によって改善する方法がとられることもあります。

顎が小さいと歯並びが悪くなります

歯並びが悪くなる原因はいろいろありますが、一つに骨格があります。
顎が小さいとスペースが不足しているため、歯が斜めになったり、位置がずれたりすることで、歯並びが悪くなってしまうのです。

近年では顎が小さくなってしまったり、顎の筋肉が衰えてしまったりしている人が増えていると言われています。
原因の一つが食生活です。
最近ではファーストフードなどをはじめ、やわらかいものを食べる機会が多くなっています。
顎はやわらないものばかり食べていると、顎の筋力が衰えてしまいます。
また、忙しい時間の中で食事も早く済ませなければならず、よく噛まずに食事をする人も多いです。
よく噛んで食べるという習慣が少なくなったことも、顎の筋力が低下する原因であり、歯並びに影響を与えてしまうのです。

骨格を変えるのは手術による改善策がありますが、顎の筋力をアップさせるためにも、食事はよく噛んで食べるようにしましょう。
よく噛むことで消化もよくなりますし、満腹中枢も刺激されるため食べ過ぎを防ぐこともできダイエットになります。

骨格が原因で歯並びが悪くなっていることを放置するのは危険です


受け口やしゃくれなど骨格が原因で歯並びが悪くなっている場合があります。
この場合、外科的手術で改善することが可能です。
受け口やしゃくれ、顎変形症などで歯並びが悪くなっている場合、早めに改善をした方がいいでしょう。

顎変形症などで顎の骨格に大きなズレがある場合、歯列矯正だけで改善しようとすると、歯や歯茎に負担がかかることがあります。
骨格をそのままで歯列矯正をしても、歯茎が下がったり、歯の神経が死んで歯の寿命が短くなったりします。
顎の手術をすることで、歯を無理に移動させず歯並びをよくすることができるのです。

骨格が歯並びに影響している場合、顎の位置を正しくしないと、噛み合わせが完全によくなりません。
噛み合わせがよくならないと、肩こりや頭痛、めまい、自律神経失調症などさまざまなトラブルを引き起こします。
精神的にイライラしたり、集中力が低下したりするなどのトラブルもあります。

受け口やしゃくれ、顎変形症などを改善することで、バランスの取れた顔を手に入れることもできます。

骨格は外科的処置で改善することができます

歯並びが悪い原因が骨格にある場合は、外科的手術を行うことで改善されます。
矯正など歯を動かすだけでは噛み合わせがよくならないので、手術によって顎のバランスと整えるのです。

顎変形症と診断されれば、保険も適用になります。
入院は1週間程度で、通常の食事ができるようになるまでには、1ヵ月かかると言われています。

顎変形症の手術をするとなると、入院も必要ですし、術後はトレーニングも必要です。
大変ではありますが、顎の位置を正しくすることで、噛み合わせも改善され、顔のバランスも整います。
手術後は歯の位置やズレなど、噛み合わせを調整しながら安定した噛み合わせに近づけていきます。
そのため、治療期間は3~5年程度かかると考えておきましょう。

受け口やしゃくれなどの場合は入院期間が短く、通常の生活ができるまでは1週間程度です。
下顎骨切り手術というものであれば1泊で食制限もなく、術後の回復も早いです。
さらに出っ歯や受け口で歯列矯正だけでは改善が難しい場合は、矯正治療用インプラントという方法があります。

骨格だから改善は無理、とあきらめずに医師に相談してみましょう。
外科的手術でバランスの取れた顔と噛み合わせを手に入れることができるのです。

(まとめ)骨格によって歯並びが変化する?

1.骨格によって歯並びが悪くなることがあります

顎が小さいと、歯が生えるスペースが少なくなるため、歯並びが悪くなります。
このように骨格が歯並びに影響を与えることがあります。外科的処置により骨格を改善することで歯並びもよくなります。

2.顎が小さいと歯並びが悪くなります

顎が小さいとスペースが不足しているため、歯が斜めになったり、位置がずれたりすることで、歯並びが悪くなってしまうのです。
それと同時に顎の筋肉が低下していることも、歯並びが悪くなる原因です。

3.骨格が原因で歯並びが悪くなっていることを放置するのは危険です

顎変形症などで顎の骨格に大きなズレがある場合、歯列矯正だけで改善しようとすると、歯や歯茎に負担がかかるとともに、噛み合わせが完全によくならず肩こりや頭痛、めまい、自律神経失調症などさまざまなトラブルを引き起こします。

4.骨格は外科的処置で改善することができます

歯並びが悪い原因が骨格にある場合は、外科的手術を行うことで改善されます。
顎変形症の場合1週間程度の入院で、通常の食事ができるようになるまでには、1ヵ月かかりますが、受け口などの場合は入院期間が短く、通常の生活ができるまでは1週間程度です。

3097
Return Top